ジャルダン・ドゥ・フランスなど

カプレーゼ

ジャルダン・ドゥ・フランス

本株は消えてしまったのですが、挿し木をしていた分が今もほそぼそと毎年少しずつ花をつけてくれています。

本株が元気だった頃は本当にたくさんの花をつけて庭の一角が華やかだったものですが…

グラミス・キャッスル

グラミス・キャッスルもまだ今年は紹介していませんでしたね?

撮影したのが少し満開を過ぎていたのですが、優しさをとどめています。

クレア・オースチン

クレア・オースティン、この状態ではまだ黄色っぽいのですが、咲ききると上のグラミス・キャッスルと見分けがつきかねます。

フジ

3番花かな?少しスリムなフジになりました。

白百合

白百合も咲きました。

キキョウ

ユリと同じ鉢にキキョウも咲き始めました。

イメージ画像は先日のコンペのご褒美煮、我が家にある3種類のバジリコを総動員。

残念ながら、トマトはまだ赤くなっていないので買ったものです。

 

0.8ポイント

授賞式

ゴルフ話題はしばらくよしにします、なんて言った矢先に、続々とゴルフ話題でどうもすみません。

でも、今日は昨年の3月21日ぶりに少しハンデキャップが下がったので、書かずにはおられませんでした。

普通のコンペは18ホールで行いますが、正確にはそれは9ホールプラス9ホールの競技なのです。

もしも途中で悪天候、特に雷の危険に晒されたときは、最低でもみんなが9ホールをプレーし終えていたらそのコンペは有効となり、その9ホールの結果で順位やハンデの上下などが決まります。

つまり、最低9ホールを完結したらそれは公式コンペとして有効なのです。

ということで、今日のコンペはそもそも9ホールのコンペでした。

そこで、20点を獲得したので、ハンデが0.8下がりました。

嬉しいです。

高いハンデを温存して、コンペに入賞したいのだろうなんて陰口を叩かれ始めていましたから。

我々日本人には決して思いつかないことだと思うのですが、

こちらでは、高いハンデキャップを維持して、毎回そこそこの成績で入賞していろんな賞品を獲得したほうが得だと考える人がいるのです。

賞品と言っても、時にはこの前のような旅行もありますが、大抵は銀メッキのお皿や壺なのですよ。

そのために、好調にプレーしているのに、後半でわざとミスプレーをしてハンデを維持する人が実際にいるのです。

信じられないでしょう?

スポーツマンシップなんてこと、そういう方は聞いたことも想像したこともないのでしょうね。

私は日本人ですから、そんな考え方は毛頭できません。

良くも悪しきも、その都度精一杯プレーして結果は結果です。

情けないことにいつまでも第3カテゴリーでウロウロしているものだから冗談にせよ、ハンデを温存したいのだろうと言われてしまうのです。

早く第2カテゴリーにたどり着きたいものです。

汗を落として、と思ったらシャワーからは冷水しかでてきませんでした。(笑)

そそくさと冷水シャワーをしたら、上の方からピアノの音が聞こえてきました。

レオナルド

以前、一緒にコンペに参加したことのある優しいレオナルド君が演奏していたのでした。

名前はわからないけれどクラッシックのようでした。

ゴルフのときよりかなり真剣な面持ち。^^

 

とにかく、

今日のスポンサーは水牛のお乳で作るモッツァレッラチーズの製造販売元だったので、ご褒美にモッツァレッラをいただきました。^^

モッツァレッラ

大きな発泡スチロールの箱を頂いたのでどれだけ入っているのかと思ったら小さいのが4つ、我が家にはちょうどよかったということです。

(写真は3つですが、撮影中に一つは私のお腹に収まりました(汗)

スッキリ

レースを終えて

今日(25日)は、カステルガンドルフォという

大きな湖のある街のゴルフ場で、またシニアのコンペがありました。

結果は、カテゴリーの第2位に入賞しました 。

結構難しいコースなので、35点確定獲得できたことは とても嬉しいです 。

そして 、皆様にご心配をおかけしていた例の マスターですが 、

今日それも合わせて受賞しました。

やはり、私の年齢が達しないと思われていたようです。

若く見られて嬉しいような気がしないでもない???

楕円の銀皿が前回のご褒美。時計が今回の賞です。

この所、またゴルフが楽しいです。

やっぱりうまく行くとそうなのかな?

結果は二の次ですが、何より嬉しいのはトラウマがほぼ消えたこと。

とても、明るくプレーできるようになりました。

明るさが唯一の取り柄だった私なのに、

ここ約2年は、どうしても恐怖心が拭えなくて、

よく一緒にプレーする友人からも時々、「どうしたの?」

「大丈夫?」などと問いかけられることがよくありました。

 

これは内緒話なんだけど、

方向を決める時に、スパットを見つけてアドレスするんじゃなくて、

空中の、ボールが飛んでいく弾道と言うか、その方向を見てアドレスします。

つまり、打つまでずっと上を向いているので、気分がより明るくなるんじゃないかと思っているところです。(笑)

こうしてアドレスするようになってから、余り方向が狂わなくなりました。

これも三觜喜一 Magicです。

咲いたさいた again

マーメード

おそらく10年ぶりくらいに咲いてくれたマーメイドです。

今まで知らなかったのですが、沖縄に自生するカカヤンバラ(ロサ ブラクテアタ)の交配種だそうです。

とにかくでっかい花なのです。(笑)

だから、花びらが持ちこたえられなくてひっくり返ったりします。

マーメード マーメード

遅咲きなことが特徴で、いつも最後に咲いていました。

植えたところがちょっと暗すぎて、何年も花をつけなかったのですが、

後ろの方の木をちょっと整理したせいか、今年は沢山花をつけてくれました。

樹勢はかなり暴れています。

もちろんこのまま放置です、せっかく咲いてくれたのですから。

その近くにテートドール、(tête d’or)直訳すると金の頭

つまり黄金色なのです。

テートドール

少し離れてまみるさんの選んだバラ、リン・レノー

リン・レノー

ちょっと日差しが強すぎて写りがよくありません。

数年前の花はこんな感じです。

リン・レノー リン・レノー

次にガーデニア。はい、ガーデニアのように白いからその名がついたのでしょうね。

ガーデニア

やはり何年も咲かなかったカラーが昨年から咲き出しました。

倒れていたのを切り取って家の中に持ち込みましたが、

場所によって随分雰囲気が変わります。

カラー カラー

あ、もう一つバラを忘れていました。

ワルツタイムです。とってもいい香り。

この写真ではほぼピンクに見えますが、実はきれいなパープルです。

ワルツタイム

最後にゴルフ場の風景を。

ゴルフ場 マルベリー マルベリー

各ホールに実のなる木が植わっているうちのゴルフ場。

桑の実があるのは池超えの5番ホールです。^^;

ちなみに、私はこの桑の実にもアレルギーだと今年気が付きました。(涙)

やったぁ!

機内バッグ

子供じみてるけれど、ここでは許してもらえるわね?

今日の公式コンペではカテゴリーの1位になり、素敵なご褒美を頂きました。

まずはアイキャッチ画像のバッグ、テイラーメード社の機内用バッグです。

横にするとこんな感じで、ものの出し入れが便利そうです。

機内用バッグ

そして、このバッグをもってエジプトへ!

Covid19のせいで、できなかったコンペが沢山あるので、

今日のコンペはスポンサーが2重についていました。

一つはこのバッグをくださった所、

そして、もう一つ、海外への招待旅行を提供してくださった所。

で、運良くそんなコンペに優勝してしまったのでした。

今回の行き先はエジプトの紅海沿岸のHurghada。

 

前半を折り返したところで得点が22点、

このまま行けば今日は少しハンデが下がるかな?と思っていたら

後半崩れてしまって12点、合計34点で、悪くはないけれど

後半の崩れが残念だなぁと思っていたら

なんと私のカテゴリーで、Topだったというわけです。

レディース賞でも取れればいいやと思っていたので、とっても嬉しいです。

ご褒美はもちろんですが、カテゴリーでの優勝は昨年の9月12日以来のこと。

コンペそのものがなかったせいもありますが、久々の受賞に素直に嬉しかったです。

 

これで、しばらくはゴルフ話題はよしにしましょうね。^^;

???

野ばら

木曜日のシニア公式コンペ、私の点数は31点だと思っていたら

実は33点だったのです。

だったら31点で受賞した人がいたのはどういうこと?

その方が、このコンペを主催する機関の、ラツィオ州の世話役さんであっても

そんなことは関係ありませんよね?(笑)

なぜかわからないけれど、31点の彼女が入賞して、33点の私は蚊帳の外。

ま、今回は黙っていることにしましょう。

次回もこんなことがあったら、私は何も言わなくても友人たちが黙ってはいないでしょう。(笑)

とにかく、先日も書いたように自己満足の行くプレーだったので、賞のことはド返し。

更に自信がついて嬉しいことです。

と言いながら、今日もミスプレーが…

しかも優しいと言われているホールに限って。

そもそも誰が決めるのコースの難易度。(スキーもそうだけど)

距離だけじゃ測れない難しさがいっぱいあるのに。

狭いとか、グリーンが見えないとか、池があるとか、

グリーンが砲台だとか…

3ヶ月ぶりの

ニューヨーカー

3月5日に今年最初のシニアのコンペがあって以来、3ヶ月半ぶりに開催された公式コンペに参加してきました。

場所はイタリアンオープンも行われるオルジャータと言う名門コース。

天気もよく、一緒にラウンドする仲間も申し分ないメンバーで、楽しい一日を過ごしました。

 

成績はステーベルフォード31点。

残念ながら入賞は逃しましたが、自分としては悪く無いプレーが出来て満足です。

後半の2つのパー5でつまらない失敗をしてしまって、あれがなければかなりの好成績だったのですが、タラレバではどうにもなりませんね。

でも、ほんのちょっぴりですが、自信を取り戻せた今日のプレーでした。

相変わらずドライバーは使用せず。

 

感染予防

買い物袋

本当に、イタリア人たちがマスクをするなんて考えたこともありませんでした。

今や、してないと変な目で見られるような有様です。

人間、変われば変わるものなのですね。

 

ところで、私が大切にしている感染予防は

買い物に行ったあとの処理です。

消毒液  エタノールを伸ばしたものを薬局で手に入れました。

小さな容器に入ったものが13ユーロもしましたが、

万が一食品にかかっても無害だというので購入。

外出先から帰ったら顔に吹き付けることもあるくらいです。

その消毒液で、買い物バッグをすべて消毒します。

スーパーの床に置いたりしますからね。

内側だって、いろんなものを入れるので吹き付けてこうして乾かしておきます。

 

少し前は、買ったものすべてを一つ一つ消毒していましたが、今はちょっと緩んでいます。

友情コンペ

プール

公式コンペは6月18日に武漢肺炎禍後、初めて行われる予定ですが、

一足先に、ポーランドとのライダーカップのメンバーの有志たちが集まり

ミニミニ友情コンペが昨日、Mare di Romaという、

ローマに近い海辺のコースで開催されたので行ってきました。

開催なんて大袈裟ね、友達と仲間内のコンペに行ってきました。です。(笑)

女性陣

ちょっと場所が辺鄙なのと、9ホールのみの単調なコースで、

余り好きな場所ではないのですが、

アパート住まいの友人などは外に出ることに飢えていたし、

大勢でテーブルを囲むことももう何ヶ月もやっていないので

これまではいつもお断りしていたのですが、今回初めて参加してきました。

Keiko

プレーは、まるで初めてゴルフクラブを持った人みたいでしたが、(汗)

その後の昼食ではうんと楽しみました。(笑)

海辺のゴルフ場ですから、メニューはもちろん魚系。

タコとポテトのサラダ、イカのサラダ、カタクチイワシのマリネ、

スモークサーモン、ムール貝のソテー、以上が前菜。

プリモは、ボンゴレスパゲッティー

(私は砂が気になりましたが、みなおとなしく食べていました。)

メインが美味しかった。

スズキをズッキーニの細切りですっかりくるんでグリルしたもので、

魚は柔らかく、ズッキーニがところどころ焦げていたり、

塩味も主にズッキーニに付いていて、とてもデリケートなお味でした。

ワインと、お水を飲み放題、とは言っても今時の昼食なのでそんなには飲めませんが。

コーヒーにジャムタルト、そして食後酒まで飲んで、

9ホールのグリーンフィー込みで40ユーロ。

申し訳ないくらいのお値段でした。

何より、こうして人と一緒に過ごすということにみなが飢えていた気がします。

 

ここで内緒話。

今は更衣室の使用が禁止されているので、みんなプレーしたときのままの格好です。

でも、私だけ、車の陰で上だけ着替えました。

汗の付いたものをずっと来ていると風邪をひいてしまうのです。

シャワーはできなくても乾いたものに着替えるだけでも大違い。

一緒に行った友人が、靴を履き替えたり、バッグの中身を整えたりしている間に

すっかり着替えてしまったので、彼女はびっくり仰天。

着替えと言ってもランニングと綿のセーターを着ただけ。

ただし、ご覧のようにサスペンダーをしていたので、

それは昼食を終えて、トイレにたった時に初めてちゃんと整えました。

大昔、モデルをしていたので着替えは早いのです。(笑)

食の話題を

きゅうり

息子が帰ってきているので、おさんどんに追われています。

昔ほど量は食べなくなったものの、やはり一人暮らしでは食べられないであろうものをと頭を使います。

帰宅した日には破竹を採っていたので、煮物とともに、たけのこの天ぷらもできました。

私はかなり前からイカの天ぷらが食べたかったので、これも気が済むまで食べました。(笑)

煮物

いつ出したのか忘れましたが、日本からやってきた(Y子さん感謝)

京麸(こういうものが息子は大好き)を加えてそれらしく煮物を。

キヌサヤがないので、インゲンで我慢。

チキンナゲット

まみるさんのblogでタルタルソースを見たら無性に食べたくなったのでチキンナゲットに添えて。

黒く見えているのはほうれん草。

こっちのは鉄分豊富でまっくろけ。(笑)

ジャイアントグリーンオリーブ、でも種も大きかったので実はそれほどでも。(汗)

テリアータ

先日のポテトサラダが気に入ったので、また収穫できた若いきゅうりを入れて、

今回はケッパーではなくスイートコーンを合わせました。

残ったスイートコーンをバターでさっと炒めて、インゲンの茹でたものと。

主役のタリアータは最高でした!

柔らかで、コクがあって、自画自賛ですが、焼き方もはなまる!^^

 

海鮮丼

ゴルフ場が閉まっていたので予期せず息子との昼食、

スーパーの鮮魚コーナーにマグロが!

2cmくらいの厚みの切り身にしてもらって、サケの尻尾部分とアルゼンチン産の大きなエビと。

海老は生のと、さっと茹でたのとふた種類。

青みが欲しかったのですが、バジリコでは風味が合わず、きゅうりは今日はまだ間に合わず。

きゅうりと一緒に植え込んだトマト。

まだ青くてどうかなと思ったけれど、薄切りにして少し塩をしておいたら結構食べられました。息子にも異議なし。

写真を撮る前に息子が沢山わさびを乗っけてしまって。(笑)

こういうのは海鮮丼というのかな?

それともちらし鮨?

はい、ご飯は寿司の味をつけています。

残った材料で手巻き寿司にして食べました。

息子は大満足。(ホッ)

 

アイキャッチ画像は2種類のきゅうり、大きい方はごく普通のきゅうり。

小さい方は、ピクルスにするきゅうり、だからこんなに小さいのです。

そして、全身に細かなトゲがいっぱいです。