クレマチス ”オルガ”

オルガ

クレマチス

Coming soon!

なんちゃって。(笑)

 

ある日、googlemapを頼りに、

山の中のクレマチス専門育成農家にたどり着きました。

googlemapのインフォでは、午後5時まで開いている

ということだったので、午後3時頃行ってみたのですが、

着いたら門が閉まっていました。

でも、車の音を聞きつけた女性(オーナーらしい)が

スマホに返事をしながら出てきました。

 

スマホでの応対に「予約をしてきてください」と応えておられたので

「予約すべきだったのですか?」と伺ったら

「もう来ちゃったんだから」と、門を開けてくれました。

門に着く前に見えた景色は、大きなナーセリーが並んでいて

期待に胸を膨らませていたのですが、ナーセリーには入れていただけないとのこと。

ま、今はまだ花をつけていないしね。

「何が欲しいの?」と少しぶっきらぼうに聞かれて

「モンタナがあれば。。。」と答えたので、

あ、少しはクレマのことを知ってるかと思っていただけたようで、

それでも、「モンタナって成長すると3mにもなるんだけどいいの?」

「はい、以前育てていたので。」

といったら、カタログを見せてくれて、

分厚いカタログなので、初心者だったらきっと

その場では決められないだろうと思うのですが、

そこそこ気持ちが決まっていたので、

モンタナルーベンスは、最初っから、

もう一つ、小ぶりのベル型のを注文しようとして

値段をきいてびっくり!

小さな苗が27.5ユーロ!

しかもカタログには9ユーロって書いてあるのに。

断っても良かったのですが、わざわざ来たのだし、

閉まっていた門を開けてもらったのだし、

モンタナを諦めて、上のラベルにある小さなベル型の

”オルガ”をお迎えすることにしました。

なぜか、元気の良かったクレマチスたちも、

知らない間に姿を消してしまったので、

この、コロナ禍に大枚叩くのは気が引けて。

そもそもこんな山の中まで来たのは、町の植木屋さんより、

安く手に入るだろうと期待していただけにショックでした。(笑)

ま、助手の若い衆がもってきてくださった苗は、とってもきれいで期待できそう。

インテグリフォーリアというこのタイプは、

背丈が高くならないので、当面鉢植えにすることにしました。

 

鹿沼土を探して、あちこちの園芸屋さんに立ち寄り、

その都度、なにがしか買ってしまったので、

色目的に、オルガの青い花には、白っぽいものが合うかなぁと

ソラニウム(ツルハナナス)と、シルバーリーフの

ヘリクリサム・シルバースノーを合わせて植え込みました。

単独でも良かったのですが、なんとなく寄せ植えにしてみたくって。

ところが、耐寒性に優れているはずのシルバースノーが

寒の戻りにやられてしまって、半分ほどのボリュームに。

分厚く、松の樹皮チップで覆っておいたのにね。

我が家の、名脇役シロタエギクの仲間ということで

耐寒性に優れていると思っていたのですが、

まだ株が若かったせいでしょうか?

この冬が見ものです。

 

オルガ寄せ植え

逆に、だめかと思っていたソラニウムは、そこそこ元気です。(笑)

早く、可愛いベル型の花をお見せしたいです。

 

 

 

 

 

Rudy G オット 私 

Rudy&G

Rudy&G

ソファに、Rudyと私が陣取っていたので、

Gが隙間を探して、ついにこんな状態に。

Rudyは、寝入っていたのでおそらく事の次第に気づかなかったと思われます。

Rudyは、何より猫様達の気まぐれや、爪の怖さを知っていますから

もしも、Gがこうしていると知ったら、平常心ではいれらないと思います。(笑)

 

オットと、N(エンネ)は、ほぼ毎晩同じベッドで寝ているので、

少し慣れてきましたが、Gとmomoはまだまだです。

Rudy&オット

ご覧のように、オットとはここまで近づけます。

でも、オットが去っていったら、

Rudy&me

このまましばらく、いびきをかいていました。(笑)

穴馬?!

アストロノミーア

いやぁ、驚きました!

今年のバラ開花第1号は、アストロノミーアでした!

かなり前に、下馬評の高いスパニッシュビューティーと、

オールド・ブラッシュ・チャイナに、つぼみを確認していて

今年も、そのどちらかが最初に開花するものと思っていました。

ところが、第4コーナーを回って一気にアストロノミーアが、

他を引き離してしまいました!

 

今年は、すべてのバラの開花がいつもより早いと思っていたのですが、

あにはからんや、

寒の戻りがひどくて、凍ってしまったつぼみを沢山切り取らなければなりませんでした。

特に、アラスカとキネンシス・ムタビリスの新芽、つぼみは全滅状態。

キネンシス・ムタビリス

そんな中で、アストロノミーアのつぼみが開花まで持ちこたえたとは!

 

 

 

キクザクラ

キクザクラ

キク桜

キクザクラ、(=八重桜)咲いてすっかり終わっていて、

記録するのも忘れていました。(汗)

これは、唯一お隣のピーナさんから頂いた小枝を挿し木にしたものです。

こちらからは色々と差し上げるのですが、

多くのイタリア人には、培養土を買うという感覚が無いようで

どうも、どれもこれもうまく育たなかったようです。

 

この小枝は、彼女も友人からの貰い物だと言っていました。

ダメ元で植えたのですが、元気に育ってくれました。

当初は名前もわからずにいたものです。(笑)

シナレンギョウ

シナレンギョウ

シナレンギョウ

シナレンギョウは、この家に我々よりも先に住んでいた植物。

それはそれはあちこちに沢山植わっていました。

かなり整理したつもりですが、それでもまだ5箇所で咲いています。

春先の、まだ他の花が咲かないうちに

元気な黄色花を見るのは悪くありませんが、余り多いと…。

トキワガマズミ

トキワガマズミも生育旺盛。

ローズマリー

樹木関連で、ローズマリーも。

冬中このように花が咲いていましたが、思い切ってばっさり切り戻しました。

大きくなりすぎて、通るのに邪魔だったし、樹形も崩れてきていたので。

 

オールド・ブラッシュ・チャイナ

オールドブラッシュチャイナ

いきなり何の写真かわからないでしょう?

なんと!

これ、オールド・ブラッシュ・チャイナなんです。

セメントの中から伸びていました。

ブロック鉢

玄関前の花壇の仕切りに、こういうブロックを鉢代わりに利用しています。

(写真は古いもの)

分厚いので、冬の寒さからも結構根を守ってくれて重宝しています。

最初の写真は、そのブロックを取り除いてみた所です。

そもそも、このオールド・ブラッシュ・チャイナをここに植えた覚えはないのです。

セメントの中になんか植えませんよね?(笑)

私は、すぐ後ろの土の中に種が落ちて育ったのだろうと思っていました。

バラを種子から育てることは至難の業だとともうのですが、

誓って、そこに植えたり、挿し木をしたりした覚えはないのです。

自然にでてきたので、こぼれ種からだろうと。

とにかく、ご覧のようにセメントの中から生えているので移植もできません。

大きな根は、セメントの下でしょうが、上にも少し伸びていました。

そこで、少し培養土をかけて覆ってみました。

オールドブラッシュチャイナ(まだ土をかける前)

かしいでいた添え木も真っ直ぐにして、さて今年はどんな花を見せてくれるのでしょうか?

オールド・ブラッシュ・チャイナ

もちろん他にもちゃんと鉢に植わっていますよ。(笑)

アイキャッチ写真は過去のものです。

 

ツバキ

ツバキ

ツバキ

きれいでしょう?

バラぐらいの大きさで、バラのように華やかです。

ツバキ

こちらは1株に2種類の花が咲きます。

ツバキ ツバキ

ツバキ白

白は寒さと雨でこのとおり。

樹勢も弱いので、そろそろ庭に植え付けなければ。

まいったぁ

カルチョーフィ

昨日、カルチョーフィを6株植え付けました。

雨の後だったので、ツルハシを持ち出す必用はありませんでしたが、

カルチョーフィは、大きくなるので、大きな穴を掘らなければなりません。

クワで、30x30x30ぐらいの穴を6つ掘って、植え付けは完了したのですが、

かなり肉体的に疲れてしまい、まだ明るい6時頃には家に入り、

シャワーのあと軽い夕食を済ませ、すぐにベッドへ。

で、今日14日は、5日ぶりにゴルフに行きました。

丁度友人からも電話がかかってきたので、行ったのはいいのですが、

どうにもボールは上がらないし、何より体が重くてちっとも回転できないし、

9hあたりから雨も降ってきたので、12hで切り上げました。

どうやら昨日の作業は、思ったより以上に老体を酷使したようで、

ゴルフ場で歩いているときも、まるで農作業に疲れた老婆のような歩き方で、

腰が伸びずにトボトボとと言うか、どたどたと?

もう無理はできませんねぇ。

 

ということで、植え付けたカルチョーフィの写真も撮らぬままの投稿で、画像は借り物です。

とにかく、うまく根付いてくれたら、これも何年かは収穫できるようです。

むかーし、枯らしてしまったのですが、今度は気をつけます。

うまく行けばこうなる?

カルチョーフィ

 

Passato2(スイセン)

フラワー・レコード

スイセンもほぼ終わってしまいましたが、

せっかくきれいに咲いていたので、見て下さい。

ラッパスイセン

ラッパスイセン(ダッチ・マスター)

アイスフォーリス

アイスフォーリス(大杯スイセン)

テート・ア・テート

テート・ア・テート

検索してみると日本では、テータ・テートとか、ティタティタと呼ばれているようです。

写真は、ゴルフ場の3hのグリーン近くに咲いていたものです。

我が家のは、写真を撮る時間がありませんでした。(汗)

ミノウ

だーいすきなミノウ♡

小さな花が2つ3つ、くっついて咲くんですよ。

沢山あったのに、今はここだけになってしまいました。

フラワーレコード

フラワー・レコード

口紅スイセンと呼ばれる仲間、杯の周囲が色濃くなっています。

最後に咲くスイセンです。

タヒチ

タヒチ。

写真は年々も前のものです、今年は採り遅れました。

懐かしいなぁこの花壇。台所の裏に一から作りました。

朝Paoloが食を取るときに、キッチンの窓から花が見えるように、と。

でも、彼には全く関心がなかったと後で知りました。(笑)

で、今は駐車場になっています。(涙)

 

気がついたら、大好きだった、サー・ウインストン・チャーチル

ポーラー・アイス、スイートネス、キング・アルフレードもいなくなっちゃった。

でも、20年も経てば、当たり前かもね?

また植えてみましょう、この秋には。

 

ムスカリの丘

なんか名前がかっこよすぎるかな?

かつて、100株のプリムラを植えたこの丘も、すっかり様子が変わりました。

ムスカリ

ムスカリの丘

ここにはムスカリの球根を植えたのですが、

ムスカリは、下にも沢山咲いています。

ムスカリ 

草を刈る時に見つけたら、

掘り出して安全なところへ移植したりしていますが追いつきません。

ご覧のように葉っぱが刈り取られてしまっています。(笑)

 

チューリップはあちこちに植わっていますが、

今年は、ムスカリの丘のチューリップが一番きれいな感じがします。

チューリップ

ムスカリの丘の一角に、20年ほど前に植えたヒースが

まだひっそりと残っています。

つい、乾燥させすぎてしまうので年々花が少なくなっていましたが、

今年は、咲いているのがわかるくらい?咲いてくれました。(笑)

ヒース

(あ、撮影前に掃除すればよかった。(汗)