9月に初雪!!!

初冠雪

言いたいことは、タイトルに書いたことだけなんですが…(笑)

かなりご年配の方にも聞きましたが、9月に雪が降るなんて生まれて初めて見る景色だということです。

そんなに寒いとは思いませんでしたが、今日は半袖でのラウンドは厳しかったです。

日が差せばまだまだ半袖でいいと思うのですが、今日は曇り空で、私も綿のセーターを着たり脱いだり。

ひどい人はすでに薄手のダウンジャケットを着込んでいました!

今週に入ってずっと雨模様が続いていますし、まだまだ明日も明後日もかなりひどい風雨に見舞われそうですが、また秋晴れが戻ったら半袖でのラウンドもあるかも?

とにかく今朝、遠くの山頂に積雪を見た時には目が飛び出るほど驚きました。(笑)

山頂に雪

アイキャッチ画像は真ん中の上部を拡大したものです。

はい、まだまだ遠くの山での出来事でした。

ドラコン優勝!

授賞式

あはは、ちょっと大袈裟なタイトルだけど、

昨日Fiuggiゴルフで行われたチャンピオンシップ、

来春にはまた Fiuggiゴルフで決勝戦が開催されて、

欧州中から、各国内で勝ち抜いてきた人たちが集まるそうですが、

その、一回戦でドラコン賞をいただきました。

 

ラウンドの結果は10位と振るいませんでしたが、

この年で、ドラコン賞をいただけるのは嬉しいことです。

昨日の女性参加者の中で、私より2つか3つ年上の方がお一人だけ、

後は皆私より若く、身長も私より高い人がいたし、

そんな彼女らの記録を更新できたのは嬉しいことです。

ご褒美は、美味しいスプマンテ!スプマンテ

なぜ、美味しいと言えるかと言うと、

昨日のスポンサーが、スプマンテの製造販売者で、

すでにラウンド終了後に、試飲させてくださっていたからなのです。

とても気に入って、3本(3種類)も買ってしまいました。(汗)

 

久々のデート

マルゲリータ

随分久しぶりに、以前ご紹介した、ローマのジャズ喫茶の老舗に行ってきました。

そこは夏場2〜3ヶ月休むので、今夜からまたシーズン開幕ということで

Paoloに招待が来たので行ってきました。

店内

 

一応マスクも用意していきましたが、店内で特に強要されることもなく、

スタッフは皆マスク着用でしたが、オーナーも我々も無し!(笑)

久しぶりだし、シーズンの幕開けと言うので、

私は水牛のモッツァレッラチーズ、

2つで有に1.5kgは超えるくらいのを手土産にもっていきました。

Paoloはそれを知ると当初戸惑っていましたが、私が気持ちを伝えると

「そうだね、きっと喜んでくれるね。」ということで。

そしたら案の定、オーナーがとっても喜んでくれて、

自分だけのものだ!としっかり冷蔵庫に仕舞っていました。

きっとうちに帰ったら大きすぎて、独り占めにしたことを後悔するでしょう。(笑)

店内2

今夜のトリオは私が一番好きな構成、

つまり、ピアノとウッドベースとドラムでした。

カルテットになれば、ここにサックスもしくはギターでも加わると良いですね。

マルゲリータ

飲み物はマルゲリータを注文しました。

ここでは食事もできるのですが、我々は割と早くに夕食を済ませるので、

ここではドリンクのみ。

で、ドリンクの写真を撮ったつもりが、気がついてみたら

壁に日本人のジャズシンガーの名前が!

栗林すみれさん。

日本では有名でしょうか?

昨年に来伊なさったようですが、そのときは知りませんでした。

 

Paoloの仕事は、武漢コロナのせいでさっぱりです。

きっと心中穏やかではないでしょう。

沢山の社員たちをまだ、誰の首を切ることもなく踏ん張っていますが、

一体この状況でどこまで続けられることか。

 

そういう話を、お互いの胸中に収めたままで、

今夜は気楽なデートと洒落込みました。

秋の味覚?

イチジク

イチジクはイタリアでは通年、7月と9月に採れるので、

秋の味覚って言ってしまっていいのかどうかわかりませんが、

今年はなぜか7月には全然収穫できなかったので、

特に秋の味覚感覚が強いです。(汗)

アイキャッチ画像のが3日前の収穫分、下は今朝の収穫分です。

イチジク

丸い容器のがPaoloに届ける分、四角い容器のは

いつもアマゾンからのパッケージを受け取ってくれる会社への差し入れ分。

白いザルに入っているのは、まだ若干熟し加減が少ないので、

しばらく置くか、マーマレードにしようかと思っている分です。

もちろん、もっと採らないといけませんが。

 

次のブラックベリーは、まさしく初秋の味覚です。

ブラックベリー

げっ、ひどいピンぼけ。ラウンド中で、ゆっくり撮れなかったもので。(汗)

ブラックベリー

あまり大きくはありませんが、甘くてちょっぴりほろ苦い大人の味です。

わかりやすいようにと白いグローブの上に置きましたが、

万が一にもジュースが着いたら、もう取れません。

 

話し変わって、先日車のオルタネーターが故障したので、

まる一日、修理工場に置かねばならず、代車を出してもらいました。

イタリアでも、そういうサービスをするようになってきたことに、

感無量の私です。(笑)

貸し出してくれたのは、FIATの一番の小型車Panda!

パンダ

こちらには、軽自動車というくくりはないようですが、

日本なら軽自動車ですね、だって昔は750ccでしたから。

今はどうやら900ccのようですが、それでも軽ですよね?

パンダ

マツダの新車を買った時にパンダにも試乗してみましたが、

あの頃はもっと車内が狭かったように覚えています。

今のは、そこそこ快適でした。

そりゃぁ、ドアの開閉音はまるで荷物輸送車のようだし、

ご覧のように、ゴルフバッグもいささか窮屈そうでしたが、

パンダ

必用最低限のものは揃っているし、

と言うか私の想像を遥かに超えた作りになっていました。

私の車が思ったより早く治ったので、

PandaとはFiuggiのゴルフ場への一往復のみの付き合いでしたが、

いい印象をもちました。

でも、比較してやっぱり自分の車(FIAT 500X)はいいなぁと思った次第です。(笑)