手作りゴルフ小物

 

夏用の帯が少し黄ばんできたので、捨てようと思っていた所、電動手押しゴルフカートの、

バッテリーのカバーが、ボロボロになっていたので、そのカバーを作ることにしました。

化繊だから、洗濯ができるという点に着目。

幅を活かして、すでに縁などを縫ってくれているところを最大限に活かして、目分量でまず一つ完成。

黒い手提げ部分がついているのがそれ。

その手提げ部分は、古いアルカンターラ(イタリアが特許を取っている人工裏革)製のバッテリーカバーから引き継ぎ。

それも汚くなってきたので、洗い替えを作成。

もともと、型紙も何もなしで作ったので、今回は少し口の部分が最初のとは違います。

最初のは折り紙風にしていて、ボタンも何もなくそこそこ封ができるようになっているのです。

今度は、少し布を節約しようとしたので、ボタンか、ベルクロ(面ファスナー)で閉めなくちゃ、と思ったけれど、面倒なので銀色の電線のカバーがあったのでそれで縛っただけにしました。(汗)

手提げ部分は、ウエストポシェットのベルト部分を再利用。

 

おそろいの布で、ボール入れも作りました。

ゴルフバッグにもいくつもポケットがあって、ボールも入っていますが、ポケットには他にもいろんなものが入っているし、ボールは手元に近いところにある方が便利です。

そこで、この袋に入れて、カートの手元にぶら下げています。

そしてこちら、ドライバーのキャップなのですが、おそろいのリボンをつけました。

本当は、帯をつけたかったのですが、なかなかうまく行かなかったので、リボンにしました。

最後は、ティーフォルダーと、アイアンキャップ

ティーと、グリーンフォーク(伊語ではアルツァピッチ)

普通は、パンツのポケットに入れるのですが、たまに太ももに突き刺さったりするし、ポケット内部の汚れがひどいので作りました。

パンツのベルト通しにぶら下げるようにしてあります。

赤系とブルー系を作っておけば、ほぼすべての服装にマッチします。^^

ブルー系のグリーンフォークは金属製で、滑りやすく無くすといけないので磁石をつけて防いでいます。

こういうのはまだ市販では見当たりません。

アイアンキャップは、市販のものもありますが、

何年か前に買ったのですが、数カ月の間に全て無くしました。(涙)

そこで、今回はなくしても泣かないように自作しました。

でも、ここでも小さな磁石を内側に縫い付けたりしているので、いまのところ無くさずにいます。

これも型紙なし、立体裁断。(笑)

 

このblogには、手作りの達人たちがこられるので恥ずかしかったのですが、記録しておきたくて。

 

ついでに、2020年のシニアコンペで、全イタリアで、自分の所属するカテゴリーで81位に入りました。

成績表は500番までなので、全体の数字は掴んでいませんが、イタリア全土のゴルファーが9万人ちょっと。だからシニアだけでも確実に数万人はいます。

そんなランキング表に名前がでただけでも嬉しいことです。

ちなみに、ライツイオ、ウンブリア、アブルッツォ、カンパーニャ州での合同試合では、カテゴリーで2位、全カテゴリー共通でのレディスでも2位に入りました!

ただし、受賞できるのは1位のみ。(笑)

でも、ここ2年ほどすごいスランプに悩んでいたので、今年の回復ぶりには自分でも嬉しい限りです。

参考までに、昨年は全イタリアで410位、2018年は、147位だったようです。

それでも、友人たちの名前がでてこないところを見るとそこそこ幸運だったのかな?とは思いますが。

もっと精進して、せめて第2カテゴリーに入りたいものです。

第1カテゴリーは、ほぼ子供の頃から訓練を受けた人たちばかりなのではなっから諦めていますが。

 

 

カステル・ガンドルフォ ゴルフクラブ

ゴルフ場

枯れ葉 枯れ葉

枯れ葉は、またこんな状態です。

すでに、一箇所に集めましたが、雨で濡れたので、数日乾かしてまた焚き火です。

 

昨日(木曜日)は、久々のシニアコンペでした。

人数が揃わなかったり、天候が悪かったり、

友人の死があったりで、何週間もあいていたのですが、

やっと、秋晴れに恵まれて、カステル・ガンドルフォのゴルフ場へ行ってきました。

ゴルフ場

ここにはうちのゴルフ場にはないような木々が紅葉していました。

イチョウもあるのですが、まだグリーンでした。

カモ カモ

結構大きな湖のあるゴルフ場で、沢山の我々のボールを飲み込んでいきましたが、

黒鳥、カモをはじめ、様々な鳥たちが戯れていました。

成績は、いまいちでした。

3パットの連続で、過去最高の合計40パットほど。

すれ違う友人たちみなが、3パットで泣いていました。(笑)

でも、気分の良いショットもいくつかでて、楽しい日を過ごしました。

 

追伸:

上の方で、友人の死に触れましたが、

早いもので、Enzoの死からすでに1ヶ月。

水曜日に、彼が倒れたところにご家族も見えて、

我々友人たちが集まって、追悼式をしました。

こちらでは、どんなふうにするのか全く予想のつかない私でしたが、

ろうそくと、チョコレートを持参しました。

始まってみれば、彼の生涯の友人で、丁度死のその時に居合わせた

元医師が、追悼の言葉を述べ、その後も他の友人が、

Enzoの人柄の良さをさらに追加して、なんだか無言になったので、

私は、スマホに残っていた、Enzoのトランペットの演奏を流しました。

その後、みなの許可を得て、ろうそくをともしてお祈りし、

居合わせた人たちにチョコレートを配ったのでした。

 

奥様には、「葬儀の時に私があなたを慰めなければならなかったのに、

反対に私の肩をだいて慰めてもらってすみませんでした。」

と、言葉をかけました。

この所、また武漢ウイルスの罹患率があがっているので、

マスク着用や、セキュリティー・ディスタンスをうるさく言っていますが、

その日もまた、奥様と私はしっかり抱き合って、気持ちを伝えあったのでした。

解散の時になって、三々五々と人がひく頃、私はひとりで、

Enzoが演奏していた「聖者の行進」を大声で歌ったのでした。

みなが知ってる歌なので、唱和してくれるかと思いましたが、

最期まで一人っきりでした。(笑)

approfittare 

焚き火

approfittare (アップロッフィッターレ)

直訳すると、利用する。

でも、実際には、単に利用するというより、

より、効果的に利用する。

最大限に、其の価値を崇める、というような感じだと思います。

 

今日は、ゴルフ場の週休の日(10月から翌年の5月いっぱいまで)なので、

家で、気になっていたことを片付けました。

否、片付けにかかりました。(汗)

まず、車がかなり汚れていたので、今朝洗って、その後に

タイヤ屋さんへ行って、冬用のタイヤに履き替える予定でした。

(11月15日から翌年の4月15日までは、冬用タイヤ着用が義務化サれている)

ところが、昨日の午後「明日、何時に伺えばいいでしょうか?」と聞いたら、

「今すぐでもいいですよ」という応え、

すでに予約は入れていたものの、火曜日にと思っていたのに、

すぐにと言われれば、時間も節約できるから

ゴルフの帰り道に立ち寄って作業は終了。

汚い車の扱いは申し訳ない気もしますが、

考えてみれば、タイヤ周辺は、車をきれいにしてもしていなくても

あまり大差のないところかもしれません。

とりあえず、少しチップを渡して気持ちを表したのでした。

 

で、今日の一番の仕事は車の洗浄。

車

外側より、中の方に時間が取られた気がします。

庭や、ゴルフ場の土を持ち込むので。

車 タイヤ

 

中をすっかりきれいにした所に、気がついたらRudyが鎮座していました。(笑)

私は、作業を続けているのに、我感せず。

どこかへドライブしている気分に浸っているのでしょうか?(笑)

 

なんとか、納得できる状態にもっていくのに、かかった時間は2時間半!

 

洗車場にもっていけば、おそらく30分ほどで、

10エウロも払えばやってくれるのですが。。。

 

まぁ、節約というより、自分のこだわりかな?

 

その後は、枯れ葉との戦い。

春の草刈りも大変ですが、この時期の枯れ葉との戦争も

結構厄介なものなのです。

枯れ葉をそのままにして、肥料にという手立てもあるのですが、

それは、かなり大規模な林などでは有効ですが、

我が家のように中途半端に広い庭では、その判断に躊躇します。

で、何年かは、枯れ葉をそのままにという手を使いましたが、

今年は、対峙することにして、先日から何度か枯れ葉を集めて落ち葉炊き。

焚き火

日本では完全に禁止のようですが、まだこちらでは黙認されています。

そこで、思い出したのがポテト!

じゃがいもをアルミフォイルでくるんでそのまま焚き火の中へ!

暖炉でもよくやっていたことなのですが、

ガスや、オーブンとは比べ物にならないくらい高い温度での調理なので

じゃがいもの甘さが引き出され、とっても美味しくなるのです。

 

ざっと、皮をむいたらバターをたっぷりと、ほんの少しのお塩。

完璧です!

いくつでも食べられます。

だから今回は小ぶりのじゃがいも2つに限定。(笑)

 

気がつけば、クリスマスローズのニゲラがすでに開花。

ニゲラ

 

ニゲラ

鉢植えの方もこんな感じで、まだ、クリスマスにはちょっと時間が。。。

 

秋色

黄葉

♫枯れ葉よ〜  絶え間なく〜  散りゆく〜  枯れ葉よ〜

見えるかなぁ、散りゆく葉っぱ。

今は、どこもかしこもこんな風景ですが、

散り積もった葉っぱが邪魔で、飛んでいったボールを探し出すのが大変です。(汗)

 

見る分にはいいですよね、かなり絵になります。

 

紅葉

こちらは我が家の秋色。

赤いのは柿の木、グリーンはイチジク、黄色は花ザクロ。

花ザクロは遠くから見るとシナレンギョウが咲いているかのようです。

黄葉

お隣のぶどうの葉っぱが色づいています。

 

話変わって、さつまいもを見つけたので買ってみました。

買ったときから、「いもがゆ」にしようと。

切ってみたらかなり赤目な色で驚きました。

いもがゆ

芋粥というより、かぼちゃがゆみたいですね。(笑)

温め直してから撮ったので余り美味しそうではありませんが。

芋は甘いのです。

でも…。ホックリしていない。

やっぱりこちらのものは、かぼちゃといい芋といい、

ホクホク感がありません。(がっかり)