RudyとTorinoへ

アイキャッチ画像は、タップダンスを披露する方。

——————————————

12日土曜日の早朝 3:00,息子の住むトリノへ向かいました。

眠気と霧とナビの不具合に悩まされた往路、晴天で快適な昼間の帰路。

対象的な行き帰り、兎にも角にも印象的な体験でした。

詳しくは「出たきり邦人」の方にアップしましたが、ここでは写真で見ていただきましょう。

9時間ほどかけてやっとたどり着きました。で、ようやく陽介と再会。

ニモツをおいたらすぐにRudyのために散歩に出かけました。

そしたら2週間に一回という骨董市に出会いました。

市の間にあるレストランやBarの客席にはひとがいっぱい。

そう言えばトリノはイタリアで4番目に人口の多い都市のようです。

 

ローマ時代の遺跡を利用したオブジェ。

ユネスコの世界遺産に認定されているサボイア家の王宮

いくつかの観光名所を外から観覧。内側はまたの機会に。

陽介が子供に戻って駆け寄っていったピカチュー、撮影後に2ユーロ取られた。(笑)

自然も豊かな街でした。

約2時間、Rudyに引っ張られながら歩き続けました。

途中Barの野外席で休憩したらちゃんとRudyのために水も持ってきてくれました。

1泊だけの短い滞在でしたが、小さな町なのでほぼ回った感があります。

次回はRudyをどこかに預けてゆっくり美術館なども見てきたいと思います。

 

 

Tivoli

Tivoliへ行ったのは何年ぶりでしょうか?

思い出せないくらい以前のことです。

 

Segni(セーニ)近郊は前回ご紹介したし、

ローマはPaoloがしっかりご案内したし、

ふと思い出して、Tivoliを提案しました。

 

噴水庭園がすばらしいことで世界的に有名なエステ家の別荘があるところ。

そして、1740年から開業しているSibillaというステキなレストランのあるところ。

歴代の法王様方や世界中の重鎮、そして我が国の天皇陛下もお越しになったところ。

忙しいツアーなどでは近寄ることもできませんが、

青花さんたちはいつもゆったりとその地の雰囲気を楽しむ方々。だから。。。

 

長年行かないと道路事情駐車場の事情が変わっているのでそのあたりは前日に調べておきました。

庭園に一番近い駐車場についたらそこはレストランにも近いところだったのです。

レストランの名前が見えるかな?

横に見えている遺跡は「ベスタの神殿」それぞれの街で一番重要な神殿でした。

その文化財がレストランの庭に存在する、イタリアならですね。

元若者たちが撮影に一生懸命。

はい、振り向いて!

ローマにたくさんある水飲み場がここにも。

ではいくつか噴水の写真を。

あら、この2つだけ?上はヴィーナスの噴水、下は百の噴水と呼ばれています。

この日は晴天でいささか暑かったので早々に引き上げました。

先程遠くに見えていたヴェスタの神殿。

ここは断崖の上になっているので下の方に小さな滝などが見えます。

若くてハンサムなウエイターさんがメニューを持ってきてくれました。

しかもとっても丁寧な言葉遣いにちょっと戸惑う私達。(笑)

海の幸の前菜と山の幸の前菜を取りました。

写真はどちらも山の方、海のほうが出てきた頃にはテーブルが一杯で

取り分けたり片付けたりに忙しくて写真も撮りませんでした。

 

紫のじゃがいもで作ったというニョッキは見た目がこんにゃくのようで一瞬ドッキリ。

ここは山の上の街ですが、格のあるレストランにはほぼいつも新鮮な魚介類が入っています。

マグロのタタキやタイのカルパッチョに感動。。。

(したのは私だけで皆さんはもうお腹がはちきれそうと(笑)

 

最後に天皇陛下のご来店記念の大理石の石版を見に行ったらなんと上皇様のものでした。

私の記憶の中では皇太子様でしたが、ひと世代いやふた世代?違っておりました。^^

みずいらず

ビーチベッド

写真は我々3人のビーチベッド、はい、最前列でっす。^^

 

 

親子三人で水入らずで水に浸かってきました。(笑)

(青花さんへのコメントに書いたこのフレーズが気に入っちゃったので再利用。)

 

親子

この日、(日曜日)私はコンペに予約していたのですが、

父親と息子の二人がそれぞれバイクで一緒に海に行く、というパターン。

チョット不吉なことを思い出してしまいました。

そのわたしの気持ちを察するかのように土曜の午後、息子のバイクが故障。

そこで、コンペを断り私も彼らと一緒に湖へ行くことにしました。

(あの、嫌な事故は3年前の1週間後、8月23日におこったのでした。)

 

海もいいけれどどうも騒がしくていけません。

そこへ行くと湖は波の音もしないし、人も少なめだしなんとなく静か。

カステル・ガンドルフォ湖カステル・ガンドルフォ湖

かつてはこんなにきれいな砂浜ではなく、岩がゴロゴロするような人気のないところへ

行ったものですが、われわれも年をとりました。(汗)

 

ただここでの問題は、監視人がいること。

沖には三重にブイが浮かんでいます。

彼らにとって、泳いで良いのは最初のブイまでの範囲。

でも、そこまで歩いていけるのですよ。私の身長で。

 

その外側は手漕ぎのボートやカヌーなどが通るところ。

更にその外側はいわば緩衝地帯といいますか、

この湖には、近隣の山火事などの場合、消防飛行機が水を汲みにやってくるので。

 

こういう、枠組みを知ったのはかなりあと。

 

もちろん、我々親子にはそんな常識は通用しません。

最初のブイは子供用。

2番目のが安全範囲。

3番めが限界でそこからは行かないほうが良いだろう。

こういう感覚でいたので当然毎回2番めのブイまでいっては引き返していました。

 

で、何度めかに息子が最後のブイに向けて出発したのでした。

(数年前、息子はこの湖を泳いで横断しています。

その頃は監視人のいない岩だらけのところからの出発だったので…)

2番めのブイから大きく離れた時にPaoloと私は「またやるのかなぁ」

と心配し始めました。

泳ぎの心配ではなく、横断にはかなり時間がかかるので。

 

その頃にはその場にいた人たちが真剣に心配し始め、監視員さんに報告に行く人もいたり、

監視員さんは立ち上がって凝視し、もう一人の監視員さんもやってきて

家族だとバレていたので(笑)私に近づいてきて開口一番

「あのブイの外に出ると350ユーロの罰金ですよ!」

 

なぬ?! 罰金とな?! そんな理不尽な。

遊泳禁止でもない湖で泳いだからといって罰金はないでしょうに。

などと思いながらも言葉にはせずにいい子にしていたら

息子が方向転換して戻り始めました。

 

私の横にいた監視員さんが、「自力で戻れますよね?」

私、ただにっこり。^^

(彼がかつてこの湖を横断したとは言わないことにしました。(笑)

 

息子が方向転換した時にPaoloと私が迎えに行く形で泳ぎ始めました。

途中で合流して3人で大笑い。

しばらく水の中で遊んででてきました。

 

水からあがったばかりの息子にまたもや監視員さんがくどくど。

でも、息子も大人になったといいましょうか、

もともとPaoloや私に比べるとおとなしい子だからでしょうか、

「はい、わかりました。もうしません。」と返答していました。

 

実は罰金制度が導入されるのはおそらく来年からとのこと。

監視員さんは正直心配してくれたのでしょうね。息子の力が尽きてしまわないかと。

 

しばらくしたらグラッタケッカがやってきました。

かき氷屋さん

かき氷にシロップをかけてくれます。

息子がおごってくれました。(笑)

 

ちょうど3時間半ビーチパラソル無しでそこにいて

今日はすでにゴルフ焼けしている私でさえ、日焼けに痛みを感じています。

 

 

フユボダイジュ

Tigliaというのが日本で冬菩提樹と呼ばれていることを今知りました。

日本では私は見たことがなかったと思います。

 

10日ほど前から我がゴルフ場はこの花の香りでめまいがするほどです。(笑)

とってもいい香りなのですが、すぐそばではあまりにも香りが強くて…

風に乗ってほのかに香るのが一番ですが、大きな木があちこちに植わっています。

イタリアでは樹木と花とでは名詞の性が変わり、

Tiglioだと樹木そのものを指し、花はTiglia(ティリア)となります。

 

ジャスミンの香りをさらに濃くしたという感じでしょうか?

花が終わっても我々ゴルファーに心地よい木陰をもたらしてくれるありがたい存在です。

Comportamenti

Comportamentiとはただ訳せば「行動」と出てきますが、そしてそれで良いのかもしれませんが、私としては「人間としての良識に基づいた行動、もしくは対処の仕方」と、少し付け足したいのです。

朝、ゴルフ場に着いたらアイキャッチ写真にあるような二重駐車が目に付きました。

しかも周囲にはご覧のようにあいた場所はいっぱいあるのです。

振り返ったらこちらにも。

なぜ????

この車の後ろに駐車するのも左隣に駐車するのも時間的にもテクニック的にも何の違いもないでしょう?

ではなぜ???

30年以上イタリアに住んでいてもなぜだかわかりません。

とにかく皆さんにお見せしたくてこれらの写真を撮りました。

そして、クラブハウスにミネラルオイルウオーターを買いに行ったら支配人のひとりが「Keiko,どうしたの?なぜ写真を撮っていたの?」

「イタリア人のComportamentiを日本の友達と話すためよ。」と私。

「僕はいつもひとの邪魔にならないようにって考えるんだけど、他のひとはそうじゃないんだよね。」

そばには私を嫌ってる(と思える)グリーンキーパーのボスが立っていたので

「知ってる?ローマの笑い話、「僕は二重駐車なんかしないよ、だって二重目はもういっぱいなんだもの」」てなことを言いながらその場を後にしました。

その後、練習をしてフルラウンドして…

車に戻ろうとしたらこの風景が。。。

この古いメルセデスの持ち主はよく知っています。

したの方で友人たちと話し込んでいました。

もちろんそばには広い駐車場が…

なぜなんでしょうか???

例えばコンペの日など駐車場が満杯の時、知り合いの車の後ろに止めるというのは分かります。だってコンペが終わるまでは出ないことがわかっているから。

でも…今日はガッラガラ止める場所はいやというほどあるのです。

私には出られない車の持ち主と強引に話がしたいとしか思えないのですが?(笑)

Pizza Pizza Pizza

上の写真がPizza職人2018年のチャンピオンSimone(シモーネ)さんです。

高校生時代から知っているのでさん付けで呼ぶのは初めてですがもう28歳、君じゃおかしいですよね?

ここはトラステベレというローマっ子に人気の下町です。

でも、中心街をちょっと外れた静かなところにあってジャズが流れるPizzeriaは初めてです。

Pizzaは庶民的な食べ物なのでこれまでの典型的なPizzeriaは、店内も庶民的なら音楽はなくて当たりまえ、その分ひとのしゃべり声が充満しているのが常でした。

ここはPizzaの他にも普通のメニューもあり、店内もごく普通に都会的です。

一角にはかなり大きめのBarコーナーがあって席が空くのを待ったり、食前酒をとったりするのに格好の場所となっています。

では美味しいPizzaの数々をご覧頂きましょう。ここのPizzaの名はちょっと珍しいのばかりでした。

matriciana

名知らず
名知らず、何か聖地の名がついていたような。。
バッカラ、シオダラがのった珍しいPizza
私が頂いたモンテレピーニ、うちの近くの山の名がついています。
(ピンぼけ〜) Terracinaという町の名がついています。普通アンチョビがのったらローマではナポリと呼ぶのですがテラチーナはかなり手前の街です。(笑)
Keiko,Angela,Roberta,Cesare,Sara,Beatrice,Yoske,Sergio,Paolo,

SaraはSimoneのGF,AngelaとSergioはその両親、陽介の隣がGFでRobertaとCesareがその両親。つまり3家族が揃った夕食でした。

みんな美味しいと評判のPizzaを前に満面の笑顔。

何人かは同じPizzaをとったし、後で追加したひともいたけれど撮り忘れ。

Simoneの名がついたPizzaもあったのだけれど。。。

周りがふっくらして中の具がうまく収まり、でも全体にはとっても薄くて焦げ目が適量ついていて香ばしくてもちっとして…。

本当に美味しいPizzaでした。

Simoneは1年半ほどフィンランドでもPizzaを焼いていましたが流石に寒いのと遠いので帰ってきました。(笑)

アップも撮ったのだけれど、とにかく忙しく動き回っていたので全てピンぼけ。(汗)

これからも修行を続けてどんどん美味しいPizzaを作って欲しいなぁ。

眼科検診

今日12月8日はマリア様の無原罪のお宿りという日で国の祝日に当たります。

その日に眼科の予約を取れるなんて今までは考えられないことでした。

実際、予約した時点では祝日だということを失念していたので、

気がついてから再度確認をとったら大丈夫だというので行ってきました。


カトリック教徒のイタリア人がマリア様に関する祭日に仕事をする…

もともと日本人などに比べたら仕事をしたくないイメージの強いイタリア人が土曜の午前中に国の祭日に仕事をする…。

世の中随分変わりました。

30年前、日曜はもちろん祭日もローマの中心でさえお店は全てシャッターをおろし

職種によっては木曜日や月曜日がお休みだったり、

平日でも13:00〜16:00または17:00までお店が閉まっていたのが嘘のようです。


さて、 検診の結果は私が不快に思っていたことの原因はどうやらアレルギーらしいです。

それと、やはり目を疲れさせないためにはメガネを常用するようにということでした。

メガネそのものの検査もなさっていましたがメガネはちゃんとあってるから問題ないと。

ですよね、つい最近新調したばかりですから。

ただ、いつもバッグの中にいたわけで〜〜〜(笑)


まだ、心配する段階ではないけれど若干水晶体が濁ってきていてこれは加齢によるもので防ぎようがないとのこと。 

まぶたがかなりかぶさってきているのでこれも不快感を増す要因の一つだということでしたが

じゃぁ整形手術?と聞いたらYes でもNoでもなく微笑んでおられました。

もち、そんなことしませんがこれが頭痛の原因にもなっているそうです。

その他は糖尿病などの病気もないので心配はいらない、

また1年後ぐらいに戻っていらっしゃいということでした。


抗ヒスタミン剤の入った目薬の処方箋を頂いて帰ってきましたが、

最後の検査で、瞳孔を広げる目薬をさされて、

ものすごく強い明かりで覗きこまれて胸が悪くなりました。

瞳孔が開いているのでふつうの明かりがとても強く感じられるので

すぐにサングラスをかけて車を運転して眼科がFiuggi だったので

まずクラブハウスまで戻りました。

まだ其の頃は胸がムカついていましたが、

友人とおしゃべりしてビールを少し飲んでだんだん落ち着いてきました。


今日は、とても寒い日でした。

次の検診は春にしようかなと思っているところです。(笑)


*** アイキャッチ画像は12月2日にプロアマでのコンペで3位に入賞した時のものです。

北風一番とコメントに関して

このところ晴天続きで昨日も今日もゴルフへ。

ところが同じゴルフ場なのに昨日と今日とでは体感温度が大違い!

先日の暴風雨でも風が南風だったのですが、今日は北風。

寒かったぁ。

まだ服装は私の場合、ランニングシャツに面のポロシャツ

その上にウールのベストを着たり脱いだり。。。

こちらの太陽の日差しはとっても強いのでお日様が出てればなし、

隠れたらベストをという状態でした。

 

ところが今日はベストのさらに上に薄手のウインドジャケットをはおりました。

それでも寒くてもっていた大判のハンカチを首に撒いてしのぎました。

 

明日からはしっかりと長袖のウールのセーターや首まきなどを持っていかなければ。

まだ数日晴天は続きそうですがその分寒くなりそうです。

 

 

話し変わって、ここ数日皆様にご迷惑をかけておりますコメント表示。

トピックに紹介して1週間以上経つと思うし、

コメントが表示されなくて驚いた方々へその都度ご返事と共に説明してきましたが

やっぱりまだご理解いただけていないようなので一言追加。

 

外国人によるコメントが相次ぎ、リンク先には好ましくないサイトが載っていたので

彼らの手から皆様を守るためにコメントは私が承認してから表示されるようにいたしました。

ただ、すでにここにコメントして下さっている方の分は即表示されるはずなのですが、

なぜか、私が新投稿すると初めての方のように解釈してしまうようで

そのあたりが誤解を招いているのだと思います。

 

すでに、ここ数日外国人からのコメントの投稿はありませんが、

念のためにもうしばらくこのままにしておきますので

コメントが即座に反映されなくても慌てず、再投稿しないで私が目を通すのをお待ちください。

ほとぼりが覚めたらまたもとに戻しますのでよろしく。

 

今日のアイキャッチ画像はトリノのポポロ広場です。(話題とは無関係)

Tempesta(嵐)

28日、日曜日からイタリアのほぼ全域でものすごい嵐が荒れ狂っています。

ようやく今日火曜日はほぼ収まりましたが、日・月の二日間に各地に

大きな傷跡を残していきました。

 

 

北部のほうが土砂崩れや雪崩、河川の氾濫というような脅威に晒されたのですが、

こちらラツィオ州では強風と豪雨のせいで大木が倒れる事故が相次ぎ

隣のフロジノーネ県で若いカップルが車に乗ったまま大木の下敷きになって死亡、

ラティーノ県、テラチーナでも同じようにひとりの男性が死亡、

カンパーニャ州のナポリでも歩行中の21歳の男性が木の下敷きになって死亡ということで、

日本大使館からも外出を控えるようにというメールが来ました。

大木以外にも看板などが飛び交う可能性がありますからね。

 

幸い、我が家ではこれという大きな災害はありませんでした。

(まだ、じっくりとは庭巡りをしていないのですが、)

小さめの植木鉢が転がっている程度、

そうそう今日郵便配達の方が来た時には門からの通路に大きな枝が転がっていたとかで

なかなか入ってこられませんでした。

若い女性の配達の方が取り除いてくださったようです。(汗)

 

昨日の午後には何度も停電をしました。

雨戸をみんな閉めているので暗い家の中で電気もつかずテレビも見られないので

Rudyと一緒に早々とベッドへ。

ご存知のようにRudyが一番怖がるのは風の音です。

彼をほぼ一日中抱っこする格好で土曜から今日で4日目、

もちろんゴルフどころではありません。(笑)

 

トリノに住む息子ともチャットで安全を確認しましたので

どうか皆様も我が家に関してはご安心ください。

 

予報では明日一日晴天だとか、久々のラウンドに行ってきます。

木曜にはまた大雨の予報なんですよぉ。 😥

例年は9月後半にこういうことがあるのですが今年は少しずれ込みました。

 

Che cambiamento!

昨日までゴルフをしている時、日陰を探していました。

今日は冷たい風が吹きまくり日向を探していました。

何なんでしょうこの急激な変化(cambiamento)は。

暑さ寒さも彼岸までって言うけれどこんなにきっちり?!

2日前に未だ夏服姿の私を見たゴルフ仲間が

「若いねぇ。まだそんな格好で。」と言っていたけれど、

そして昨夜はとっても美しい中秋の名月を見たけれど、

今朝の寒さは何なのでしょう。

それでもうちのあたりではまだそんなに感じなかったので

昨日と同じ服装、半袖のポロシャツに短パンでゴルフ場に行ったら

車を降りたとたんに寒さに震え上がりました。

春一番というけれど「秋一番」もあるのかな?。

冷たい風が吹きまくり落ち葉が舞い、すっかり秋。

 

昨日も空の青さと透明感にラウンドしながら感銘を受けていましたが

今日は雲もすっかり秋のそれ。

ああ、夏の終わりですね。

いくらあがいてみてもこれから少なくとも5ヶ月は

寂しい季節に甘んじなければならないのですね。

 

はい、涼しくなると蚊の攻撃に備えなくてもいいです。

庭仕事もはかどります。

家事をしても汗をかかずにすみます。

 

ああ、でも私は夏が好き。

暑さではなく日照時間の長い季節が好きなのです。

明るいのが好き、電灯の明かりじゃなくて

おひさまの明かりが好き!

 

 

*アイキャッチ画像はhttps://mono-siri.com/4856様から拝借しました。*