コロナ禍でのお葬式

教会

Enzoのお葬式に行ってきました。

あれ以来、何も手につかず、飲んで・泣いて・寝て

を繰り返して来ましたが、

葬儀に出れば、気持ちの整理がつくかと思い。。。

 

ただ、イタリアの新米政府は、中国の一帯一路に参加しただけではなく、

コロナ対策もパッとせず、

今日からまた、夜間外出禁止令を出しています。

0:00〜05:00までの外出には、自己申告書がなければならないし、

もちろんそれ相当の理由がなければなりません。

 

そういう状況下で、お葬式にも教会内部での

セキュリティー・ディスタンスを重視し、

どれくらいの人が入れるかわからないままに、

とにかく行ってみることにしました。

 

幸い教会は、Alatriという町のカッテドラーレ(その町の主たる教会)

だったので、大きな広場に面しているので、

内部に入れない方々も、広場の一角で同じ時を過ごし、

人気者のEnzoだっただけに、多くの参加者でうまっていました。

 

私は、季節外れながら絽の喪服で参加しました。

何故か冬用の喪服が見当たらず、焦っていたので、

下着を着込んで、絽の喪服で行きました。

 

もちろんイタリア人は、絽が真夏用の着物だとは知りませんし、

とりあえずは、自分にできる限りのリスペクトを表現したかったのです。

 

幸い、教会内にも入ることができ、ほぼ普段と変わらない葬儀でした。

教会内には、横に長い席が設けられていて、

普通は4〜5人が有に腰掛けられるのですが、

それをひとりか二人で使うようにしていました。

そして、もちろん全員マスク着用です。

 

すでに、数え切れないほどの葬儀に参加していますが、

私が一番好きなのは、参加者たちとの握手でした。

「近隣の方たちと挨拶を交わしなさい。」

という、神父様の言葉に従って、

前後左右に居合わせる方々と握手をするのが習わしでした。

でも、今はもちろんそれはなしです。

 

葬儀が終わって、棺が担ぎ出される時には、

堪えられなくて号泣してしまいました。

そこへ、Enzoの奥様がこられて、私の肩を抱いてくれ、

しばらくは二人で抱き合って泣きました。

 

一言も話はしませんでしたが、

お互いたくさん話した気がします。

 

別の友人が、私を彼女から引き離してくれて、

棺は火葬場へ、向かいました。

 

教会からでてきた私に、ひとりの女性が近づいて、

「あなたは、Enzoの友達よね?私もそうなの。

ゴルフ仲間なんでしょう?

Enzoが、あなたのことをよく話していたわ。」

これを聞いて、また号泣。

 

 

近いうちに、今日参加できなかったゴルファー達のために

Enzoが、最後にショットした、6番ホールで

追悼式をすることになっています。

それが終われば、私もゴルフに復帰できるかもしれません。

 

今はまだ、飲んで、泣いて、寝て…

 

誰もいない海

老夫婦

♬ 今は〜  もう秋〜〜〜

誰も〜  いない海〜〜〜♬

トア・エ・モア、大好きだったぁ。

今年は一度も海で泳がなかったばかりか、海を見たことさえなかった。

そこで、そろそろ誰もいないだろうと、いつもPaoloが行く海を見たくなって行ってきた。

ローマの空港の少し北。

夏はスクーターでないと、混み合うから遠慮していたけれど、

そろそろ誰も行かないだろうと思って出発したのに、

しばらく天候がぐずついた後のスッキリとした秋晴れの今日は、

多くの人々が我々と同じような思いを抱いていたようで、

海への道は結構混み合って、海岸脇の駐車場もほぼ満杯。

 

砂浜の海岸沿いを、犬を連れたり、親子連れや、

若いグループなどがマスクをつけて沢山行き交っていた。

 

海なのにマスク!

 

沢山の人出とはいえ、他人との距離は何メートルでも取れるし、

殆どの人が歩いたりジョギングをしているというのに。

イタリアも、日本とまったく同じで、偏ったマスコミの報道や、

にわか細菌学者たちの偽情報に政府が惑わされ、

その政府の指導のもとに、殆どの場所でマスクが義務付けられている。

摘発されると、高い罰金を払わされるというので、皆怖がってマスクをしているのだ。

マスク無しは、我々夫婦の他にはほんの数人、

その中のひとり、看護婦さんと少し立ち話をした。

圧倒的少数派の我々、彼女も波長の会う我々に

普段思っていることをぶつけてウサを晴らしたようで、

7歳だという娘さんが「マンマ、お友達なの?」と尋ねに来るほどだった。(笑)

 

とにかく、海はいつ行っても気持ちがいい!

鉄分の多い、黒っぽい砂浜だけど、延々と続く砂浜、

振り返ればローマ時代の別荘跡、別荘跡

はるか先には中世のお城、

お城

こんなロケーション、ちょっと他にはないよね。

 

更に、帰りがけに馬で、散策するグループに出会った。

馬

悪くない景色。絵になりすぎ!

馬

海沿いのレストランで、美味しい魚料理をと思って出かけたのだけれど、

シーズンオフで、開いているところがほとんどなく、

僅かに開いているところには行列ができていて、

我々にはピンとこない。

Paoloの家に帰って食べることにした。

細くて四角いトンナレッリにゴルゴンゾーラのソース!

美味しかったぁ。私には久々のパスタ。本当に最高でした!

 

秋深し

くり

今年は、急に秋が深まった感があります。

ゴルフ場

砂漠化していたゴルフ場にもグリーンが戻ってきました。

ロサ・カニーナのヒップ

ローザ・カニーナのヒップは、7番と12番ホールにいっぱい。

コメータ クイーン・エリザベス ヴィルゴ    

秋バラたちが咲いています〜

バジリコたちも、もうお役ゴメンなので、花をつけさせています。

たしか、『ギリシャのバジリコ』と聞いて買ったように思うのですが、定かではありません。

ものすごい繁殖力で、もう5年位勝手にあちこちからでてきます。

「蛇に噛まれたくらいしびれる辛さ」が自慢のこのペペロンチーノも、この寒さでは赤くなることはないでしょう。

まったく、ただの一つも実がなっていない今年の柿の木。

昨年、庭師さんが剪定してくれたのですが。。。(笑)

アイキャッチ画像は、3番ホールで拾ったクリです。

早速、塩湯でして頂きました。美味しかった。

 

ついでに、14日がRudyの9回目の誕生日だったので。

普段の食事にちょっぴりモッツァレラとサラミを加えた質素な夕食となりました。

太り過ぎが気になっているので。。。

ゲストは、エンネです。^^

9月に暖房?!

暖房器具

今朝8時頃の外気温は11度。

家の中は18.5度あったけれど、なんとなく肌寒いし、

今朝はマルコが指圧をしに来てくれることになっているので、

厚着はできないので、暖房を入れることにしました。

 

例年なら10月の後半、ほぼ終わり頃に入れ始めるのだけれど、

今年は1ヶ月も早くに運転開始。

急なことなので、まだペレットストーブの準備はできておらず、

水圧の点検をして、セントラルヒーティング ON!

正常に作動しているようでホッとしました。

 

それにしても9月に暖房とは、まるでアルプスに住んでるみたいね。(笑)

 

9月に初雪!!!

初冠雪

言いたいことは、タイトルに書いたことだけなんですが…(笑)

かなりご年配の方にも聞きましたが、9月に雪が降るなんて生まれて初めて見る景色だということです。

そんなに寒いとは思いませんでしたが、今日は半袖でのラウンドは厳しかったです。

日が差せばまだまだ半袖でいいと思うのですが、今日は曇り空で、私も綿のセーターを着たり脱いだり。

ひどい人はすでに薄手のダウンジャケットを着込んでいました!

今週に入ってずっと雨模様が続いていますし、まだまだ明日も明後日もかなりひどい風雨に見舞われそうですが、また秋晴れが戻ったら半袖でのラウンドもあるかも?

とにかく今朝、遠くの山頂に積雪を見た時には目が飛び出るほど驚きました。(笑)

山頂に雪

アイキャッチ画像は真ん中の上部を拡大したものです。

はい、まだまだ遠くの山での出来事でした。

久々のデート

マルゲリータ

随分久しぶりに、以前ご紹介した、ローマのジャズ喫茶の老舗に行ってきました。

そこは夏場2〜3ヶ月休むので、今夜からまたシーズン開幕ということで

Paoloに招待が来たので行ってきました。

店内

 

一応マスクも用意していきましたが、店内で特に強要されることもなく、

スタッフは皆マスク着用でしたが、オーナーも我々も無し!(笑)

久しぶりだし、シーズンの幕開けと言うので、

私は水牛のモッツァレッラチーズ、

2つで有に1.5kgは超えるくらいのを手土産にもっていきました。

Paoloはそれを知ると当初戸惑っていましたが、私が気持ちを伝えると

「そうだね、きっと喜んでくれるね。」ということで。

そしたら案の定、オーナーがとっても喜んでくれて、

自分だけのものだ!としっかり冷蔵庫に仕舞っていました。

きっとうちに帰ったら大きすぎて、独り占めにしたことを後悔するでしょう。(笑)

店内2

今夜のトリオは私が一番好きな構成、

つまり、ピアノとウッドベースとドラムでした。

カルテットになれば、ここにサックスもしくはギターでも加わると良いですね。

マルゲリータ

飲み物はマルゲリータを注文しました。

ここでは食事もできるのですが、我々は割と早くに夕食を済ませるので、

ここではドリンクのみ。

で、ドリンクの写真を撮ったつもりが、気がついてみたら

壁に日本人のジャズシンガーの名前が!

栗林すみれさん。

日本では有名でしょうか?

昨年に来伊なさったようですが、そのときは知りませんでした。

 

Paoloの仕事は、武漢コロナのせいでさっぱりです。

きっと心中穏やかではないでしょう。

沢山の社員たちをまだ、誰の首を切ることもなく踏ん張っていますが、

一体この状況でどこまで続けられることか。

 

そういう話を、お互いの胸中に収めたままで、

今夜は気楽なデートと洒落込みました。

Pasta fredda

冷製パスタ

冷製パスタです。

息子とともにほぼ毎回、ご飯とお味噌汁を食べていますが、

時たま夕食はビールを飲みながら、

サラミや生ハムやポルケッタという豚の丸焼きの薄切りや、

バッファローのお乳で作ったモッツァレッラチーズなどを

おつまみにして色んな話をしながら更けていったりします。

 

これまでに、普通のパスタは一度だけ作りました。(笑)

今夜は2度めのパスタ、冷たいパスタです。

日本だとパスタサラダっていうかも?

 

材料は、トマトと、ツナ缶と美味しいモッツァレッラとバジリコ。

そして、ごく僅かなお塩と、エクストラバージンオイル。

この冷製パスタには、mezza manicaというパスタが定番なのですが、

今日はそれがなかったので、pipeというのを使いました。

要するに、短くて小さめのパスタが必用なのです。

パスタフレッダ

バジリコは香り付けなので、こうして大きなまま入れておくと取り出すのに便利です。

赤とグリーンの両方を入れました。

 

台所がらみでもうひと話題。

こちらソーダストリーム。

ソーダストリーム

ガス入りの水を作るものです。

殆どの日本人には不用なものかもしれませんが、

イタリア人の多くは炭酸入りの水を好みます。

とっても暑い時によく冷えたガス入りのお水は最高です!

真水があまり冷えていると体に悪いようで、

隣人はしばらく痙攣してしまった経験があるそうです。

こちらには様々な種類の炭酸入りのミネラルウオーターがありますが、

それがまったく自然のものでも、ごく僅かに何某かの味を感じます。

本来お水は無味無臭なはずなのに、

やはり長時間プラスチックボトルに入っているとそうなるのでしょうか?

今回、初めて炭酸入りなのに、味のしない水を飲んで感激しています。

何でも新鮮なものが良いということでしょうか?

これで、重たいお水を買ってくる必用もなくなりました。

ガスの分量も好みに応じて調整できるし、

もちろん将来的には、経済的にも助かります。

 

 

Jazzの夕べ

市庁舎

距離感

26日、日曜の夜アナーニという町の市庁舎下の広場で、

Jazzコンサートが開かれました。

会場はご覧の通りの間隔を広くとった設定で、

一緒に行った友人と話をするのも大変でした。

だって、大声出さないといけなくて、それってよくないでしょう?

この写真は、まだ開演前の練習風景なのでいくつか空席が見えています。

夕暮れ

周囲には、こうして立っている方々も。

次第に夕暮れがせまり、ロマンチックな色味の外灯が灯りました。

カルテット2

出演者はふた組、最初は若者たち、歌い手さんとトランペッターは姉弟だそう。

彼女の声は素晴らしく、音程もしっかりしていて感心しました。

トランペットも柔らかい音で、作曲もする逸材でした。

ピッツェリア

周囲にはいくつかのレストラン、ピッツェリアもあり、

我々もしっかり予約しておきました。(笑)

mさんと ピッツァ

前半の演奏が終わったのを期に、Pizzeriaへ席をうつし、

後半は食べながらそこで聞きました。

カルテット

後半はローマからやってきた少しベテランのカルテット。

私の大好きな組み合わせ、特にウッドベースが大好きです。

実は昼間に少し日光浴をしたせいか、やたら眠たいし、

ジャズもいろんなタイプがあり、どうもこの日のものは

そんなにノリノリになれないジャンルだったので、10時半近くに

その町に住む友人たちを残して、一人先に帰りました。

旧市街地への入り口

10分ほど歩いて旧市街地を出たところで、振り向いてパチリ!

いい感じでしょう?

武漢肺炎の蔓延以来、初めての外食、そしてコンサートでした。

 

*アイキャッチ画像(最初の写真)はアナーニ市の市庁舎です。

 

水質 はなまる

水質検査表

我が家は井戸水に頼って生活しています。

幸いなことに未だ枯渇したことはありません。

夏場は、何週間もまったく雨の降らないことがあるのに、

生活に必用な水だけでなく、庭への水撒きにもたくさん利用するというのに。

 

細いけれど、かなり深い井戸で、そのおかげなのでしょうね。

それだけ深いと不純物も混じりにくいと思うけれど、

年のために毎年、水質検査をしてもらっています。

 

アイキャッチ写真でおわかりのように、

言葉はわからなくてもすべてが許容範疇であることや、

ゼロの値で結果がわかると思います。

 

実は昨年の検査では、下の方の 0 の値のところに若干の物が見られ、

それはおそらく水をためているタンクや、水道管の汚れによるものだろう

ということだったので、塩素系漂白剤で消毒(500Lの水に対して1L) し、

もちろんその水はすべて廃棄しました。

庭にだって花たちに害があってはいけないので撒くことはできません。

と思っていたけれど、いまネットで調べたら

日本の水道水には0.1mgの塩素の含有が義務付けられているとか、

だとすれば家が使ったくらいの塩素では花にも人間にも害はないようですね。

次回の掃除では、少なくとも庭に撒くようにしましょう。

でないともったいない。

で、とにかく今年の結果はバッチリでした。

 

カルキの入っていない水は美味しいですよ。^^

感染予防

買い物袋

本当に、イタリア人たちがマスクをするなんて考えたこともありませんでした。

今や、してないと変な目で見られるような有様です。

人間、変われば変わるものなのですね。

 

ところで、私が大切にしている感染予防は

買い物に行ったあとの処理です。

消毒液  エタノールを伸ばしたものを薬局で手に入れました。

小さな容器に入ったものが13ユーロもしましたが、

万が一食品にかかっても無害だというので購入。

外出先から帰ったら顔に吹き付けることもあるくらいです。

その消毒液で、買い物バッグをすべて消毒します。

スーパーの床に置いたりしますからね。

内側だって、いろんなものを入れるので吹き付けてこうして乾かしておきます。

 

少し前は、買ったものすべてを一つ一つ消毒していましたが、今はちょっと緩んでいます。