前半最後のシニアコンペ

受賞

本格的に暑さが厳しくなってきたここイタリア。

シニア達のコンペは、9月半ばまでお休みになります。

休み前の最後のコンペは、毎年ローマに比べて少しは涼しいFiuggiで行われます。

この所調子が良いので今日もできればいい成績で終えたいなと思っていました。

あいにくいつもいっしょにプレーしている友人が、体調が悪くて参加できなかったので、若干の不安はありましたが、一緒にラウンドした初対面の男性二人はとっても感じの良い方々で、緊張せずにプレーができました。

で、滑り出しは良かったのですが、5ホールでは池ポチャで0点、また8ホール、9ホールと続けて0点。

ちょっとトラウマが頭をよぎりましたが、10ホールで持ち直し、終わってみたら34点とそこそこの成績でした。

今日も一つおかしなことがあって、私が計算した合計は34点、クラブハウスの電光掲示板には32点とでていたらしくて、それを見た友人が集計室へ行くように勧めてくれたので、行ってみたら1ホールで2点獲得していたのに、記録者の数字の書き方が悪くて、支配人は0点だと思って記入していたのでした。

プレーヤーと記録者とのスコアを照合するとすぐに正解がわかり、2点は無事に私の成績に加算されて、私が合計したとおりの34点となり、めでたくカテゴリーでの第1位になりました。

ちなみに、2位の方の成績が33点、もしも私が支配人の間違いを知らずにいたら1点差で2位になっていたところでした。

ま、1位でも2位でも良いのですが、間違いは間違いですからね。(笑)

プレー中にも木に当たったボールがコースに戻ってきたりして、幸運に恵まれて今日も受賞できてほんとうにうれしいです。

出発が早かったので、全員のプレーが終わるまで、下の写真のようなところで待っていました。

まだ、ご覧のように安全距離を保っていますが、屋外なのでマスクは無し、クラブハウス内はまだマスク着用に一応なっています。

 

風景2

風景

セーフ

バッグ

今回もちょっと趣向の変わったコンペでした。

何しろ武漢肺炎のせいで、コンペがしきりに行われる4〜6月にかけてちっともできなかったので、ダブル開催が続いています。

今日は、9ホールのコンペと18ホールのコンペを重ねて開催。

もちろん、ハンデに関しては、両方のコンペに参加する人に関しては9ホールのコンペの成績は勘定しない。優勝したら賞品はいただけるけれど、ハンデは下がらない。

ということで、ちょっとややこしいでしょうから別に聞き流してくださって結構です。(笑)

今日は、余り調子がでなくて、自分のプレーができた!とは言い切れませんが、30点獲得で、カテゴリーの2位に入賞しました。(汗)

ということでギリギリセーフのコンペでした。^^;

ご褒美はキャロウエイの多目的バッグ。(アイキャッチ画像)

かなり丈夫にできているけれど、どのように活かせるかまだわかりません。

 

下は、サルディニア島の地ビールと息子が作ってくれたステーキ。(硬かったぁ、(笑)

地元ビール ステーキ

あったりぃ

ブラックベリー

木曜日は、シニアコンペの日です。

2日は、ローマで一番古く、一番格式の高いアックアサンタというゴルフ場で行われました。

成績は32点で、そんなに悪くはないのですが、他の方々の成績が抜群で、

最高点が55点という驚くべき結果の前には何も受賞できませんでした。

レディス賞に1点差で届かなかったのでした。

ま、そんなに毎回入賞できるわけがありませんよね。

このコースとは相性が悪くて、今回はこれまでの最高点が取れたので、それだけで満足です。

この夏一番の暑さで、Fiuggiの山のコースに慣れている身には、ローマの町中の暑さはこたえました。

一緒に行った友人が頭痛を訴えていたので、持っていた日傘をかしてあげたので余計に。

出発が早かったので、自分たちがラウンドを終えたあと、2時間以上も待たなくてはならず、大いにおしゃべりに花が咲きました。

目の前にプールがあるのに泳げない(このクラブのメンバー専用プールだったので)辛さといったら。(笑)

ようやく表彰式になIuggiからのメンバーの誰も入賞しない珍しい会になりました。

表彰式の最後にはくじ引きが行われるので、それを楽しみにしていたら、Fiuggiのメンバー3人に当たりが。

ジュゼッペさんが男性用腕時計をゲット。

アントネッラが真っ赤なAgis(シニアこん家の主催協会)のロゴ入りポロシャツ。

そして、最後の最後に私も女性用腕時計をゲット!

こうして今回も少なくとも手ぶらでは帰らないですみました。(ラッキー)

 

 swatch

あったりぃ

4日(土曜日)友人からこんな写真が届きましたので追加。^^

アイキャッチ画像はうちのゴルフ場で撮ったブラックベリーの花です。

ブラックベリー

花ザクロ

melograno

はなザクロ

ふりふりしていて私好みの花ザクロ。

でも、実はなりません。

同じ木に一重の花も咲いていたのに、今年は見つけられませんでした。

昔とった写真を載せようかと探したけれど、残っていない。

いつだったか両方の写真をblogにもしくはメルマガに載せた覚えがあるのだけれど。

そして、一重のものは実をつけるとネット上では紹介されているけれど、うちのは実をつけたことはありません。

しかも1本の木に両方の花が咲くという記述も見当たらないし。

うちのは1本の木というより、同じような所から何本もの木がでている。

もしかしたら混植されているのかしら?

そして、知らないうちに一重の方の木ばかりを選定してしまったとか?

偶然にしてはできすぎよね。

とにかく、一重のと八重のはなが同じ木に咲くという紹介は見当たらない。

いつかもう一度証拠写真をとりたいものです。

ジャルダン・ドゥ・フランスなど

カプレーゼ

ジャルダン・ドゥ・フランス

本株は消えてしまったのですが、挿し木をしていた分が今もほそぼそと毎年少しずつ花をつけてくれています。

本株が元気だった頃は本当にたくさんの花をつけて庭の一角が華やかだったものですが…

グラミス・キャッスル

グラミス・キャッスルもまだ今年は紹介していませんでしたね?

撮影したのが少し満開を過ぎていたのですが、優しさをとどめています。

クレア・オースチン

クレア・オースティン、この状態ではまだ黄色っぽいのですが、咲ききると上のグラミス・キャッスルと見分けがつきかねます。

フジ

3番花かな?少しスリムなフジになりました。

白百合

白百合も咲きました。

キキョウ

ユリと同じ鉢にキキョウも咲き始めました。

イメージ画像は先日のコンペのご褒美煮、我が家にある3種類のバジリコを総動員。

残念ながら、トマトはまだ赤くなっていないので買ったものです。

 

0.8ポイント

授賞式

ゴルフ話題はしばらくよしにします、なんて言った矢先に、続々とゴルフ話題でどうもすみません。

でも、今日は昨年の3月21日ぶりに少しハンデキャップが下がったので、書かずにはおられませんでした。

普通のコンペは18ホールで行いますが、正確にはそれは9ホールプラス9ホールの競技なのです。

もしも途中で悪天候、特に雷の危険に晒されたときは、最低でもみんなが9ホールをプレーし終えていたらそのコンペは有効となり、その9ホールの結果で順位やハンデの上下などが決まります。

つまり、最低9ホールを完結したらそれは公式コンペとして有効なのです。

ということで、今日のコンペはそもそも9ホールのコンペでした。

そこで、20点を獲得したので、ハンデが0.8下がりました。

嬉しいです。

高いハンデを温存して、コンペに入賞したいのだろうなんて陰口を叩かれ始めていましたから。

我々日本人には決して思いつかないことだと思うのですが、

こちらでは、高いハンデキャップを維持して、毎回そこそこの成績で入賞していろんな賞品を獲得したほうが得だと考える人がいるのです。

賞品と言っても、時にはこの前のような旅行もありますが、大抵は銀メッキのお皿や壺なのですよ。

そのために、好調にプレーしているのに、後半でわざとミスプレーをしてハンデを維持する人が実際にいるのです。

信じられないでしょう?

スポーツマンシップなんてこと、そういう方は聞いたことも想像したこともないのでしょうね。

私は日本人ですから、そんな考え方は毛頭できません。

良くも悪しきも、その都度精一杯プレーして結果は結果です。

情けないことにいつまでも第3カテゴリーでウロウロしているものだから冗談にせよ、ハンデを温存したいのだろうと言われてしまうのです。

早く第2カテゴリーにたどり着きたいものです。

汗を落として、と思ったらシャワーからは冷水しかでてきませんでした。(笑)

そそくさと冷水シャワーをしたら、上の方からピアノの音が聞こえてきました。

レオナルド

以前、一緒にコンペに参加したことのある優しいレオナルド君が演奏していたのでした。

名前はわからないけれどクラッシックのようでした。

ゴルフのときよりかなり真剣な面持ち。^^

 

とにかく、

今日のスポンサーは水牛のお乳で作るモッツァレッラチーズの製造販売元だったので、ご褒美にモッツァレッラをいただきました。^^

モッツァレッラ

大きな発泡スチロールの箱を頂いたのでどれだけ入っているのかと思ったら小さいのが4つ、我が家にはちょうどよかったということです。

(写真は3つですが、撮影中に一つは私のお腹に収まりました(汗)

スッキリ

レースを終えて

今日(25日)は、カステルガンドルフォという

大きな湖のある街のゴルフ場で、またシニアのコンペがありました。

結果は、カテゴリーの第2位に入賞しました 。

結構難しいコースなので、35点確定獲得できたことは とても嬉しいです 。

そして 、皆様にご心配をおかけしていた例の マスターですが 、

今日それも合わせて受賞しました。

やはり、私の年齢が達しないと思われていたようです。

若く見られて嬉しいような気がしないでもない???

楕円の銀皿が前回のご褒美。時計が今回の賞です。

この所、またゴルフが楽しいです。

やっぱりうまく行くとそうなのかな?

結果は二の次ですが、何より嬉しいのはトラウマがほぼ消えたこと。

とても、明るくプレーできるようになりました。

明るさが唯一の取り柄だった私なのに、

ここ約2年は、どうしても恐怖心が拭えなくて、

よく一緒にプレーする友人からも時々、「どうしたの?」

「大丈夫?」などと問いかけられることがよくありました。

 

これは内緒話なんだけど、

方向を決める時に、スパットを見つけてアドレスするんじゃなくて、

空中の、ボールが飛んでいく弾道と言うか、その方向を見てアドレスします。

つまり、打つまでずっと上を向いているので、気分がより明るくなるんじゃないかと思っているところです。(笑)

こうしてアドレスするようになってから、余り方向が狂わなくなりました。

これも三觜喜一 Magicです。

咲いたさいた again

マーメード

おそらく10年ぶりくらいに咲いてくれたマーメイドです。

今まで知らなかったのですが、沖縄に自生するカカヤンバラ(ロサ ブラクテアタ)の交配種だそうです。

とにかくでっかい花なのです。(笑)

だから、花びらが持ちこたえられなくてひっくり返ったりします。

マーメード マーメード

遅咲きなことが特徴で、いつも最後に咲いていました。

植えたところがちょっと暗すぎて、何年も花をつけなかったのですが、

後ろの方の木をちょっと整理したせいか、今年は沢山花をつけてくれました。

樹勢はかなり暴れています。

もちろんこのまま放置です、せっかく咲いてくれたのですから。

その近くにテートドール、(tête d’or)直訳すると金の頭

つまり黄金色なのです。

テートドール

少し離れてまみるさんの選んだバラ、リン・レノー

リン・レノー

ちょっと日差しが強すぎて写りがよくありません。

数年前の花はこんな感じです。

リン・レノー リン・レノー

次にガーデニア。はい、ガーデニアのように白いからその名がついたのでしょうね。

ガーデニア

やはり何年も咲かなかったカラーが昨年から咲き出しました。

倒れていたのを切り取って家の中に持ち込みましたが、

場所によって随分雰囲気が変わります。

カラー カラー

あ、もう一つバラを忘れていました。

ワルツタイムです。とってもいい香り。

この写真ではほぼピンクに見えますが、実はきれいなパープルです。

ワルツタイム

最後にゴルフ場の風景を。

ゴルフ場 マルベリー マルベリー

各ホールに実のなる木が植わっているうちのゴルフ場。

桑の実があるのは池超えの5番ホールです。^^;

ちなみに、私はこの桑の実にもアレルギーだと今年気が付きました。(涙)

やったぁ!

機内バッグ

子供じみてるけれど、ここでは許してもらえるわね?

今日の公式コンペではカテゴリーの1位になり、素敵なご褒美を頂きました。

まずはアイキャッチ画像のバッグ、テイラーメード社の機内用バッグです。

横にするとこんな感じで、ものの出し入れが便利そうです。

機内用バッグ

そして、このバッグをもってエジプトへ!

Covid19のせいで、できなかったコンペが沢山あるので、

今日のコンペはスポンサーが2重についていました。

一つはこのバッグをくださった所、

そして、もう一つ、海外への招待旅行を提供してくださった所。

で、運良くそんなコンペに優勝してしまったのでした。

今回の行き先はエジプトの紅海沿岸のHurghada。

 

前半を折り返したところで得点が22点、

このまま行けば今日は少しハンデが下がるかな?と思っていたら

後半崩れてしまって12点、合計34点で、悪くはないけれど

後半の崩れが残念だなぁと思っていたら

なんと私のカテゴリーで、Topだったというわけです。

レディース賞でも取れればいいやと思っていたので、とっても嬉しいです。

ご褒美はもちろんですが、カテゴリーでの優勝は昨年の9月12日以来のこと。

コンペそのものがなかったせいもありますが、久々の受賞に素直に嬉しかったです。

 

これで、しばらくはゴルフ話題はよしにしましょうね。^^;

???

野ばら

木曜日のシニア公式コンペ、私の点数は31点だと思っていたら

実は33点だったのです。

だったら31点で受賞した人がいたのはどういうこと?

その方が、このコンペを主催する機関の、ラツィオ州の世話役さんであっても

そんなことは関係ありませんよね?(笑)

なぜかわからないけれど、31点の彼女が入賞して、33点の私は蚊帳の外。

ま、今回は黙っていることにしましょう。

次回もこんなことがあったら、私は何も言わなくても友人たちが黙ってはいないでしょう。(笑)

とにかく、先日も書いたように自己満足の行くプレーだったので、賞のことはド返し。

更に自信がついて嬉しいことです。

と言いながら、今日もミスプレーが…

しかも優しいと言われているホールに限って。

そもそも誰が決めるのコースの難易度。(スキーもそうだけど)

距離だけじゃ測れない難しさがいっぱいあるのに。

狭いとか、グリーンが見えないとか、池があるとか、

グリーンが砲台だとか…