庭仕事と野の花

アイキャッチ画像でびっくりなさったでしょう

これが、私が草刈りをするときの装束です。

これでもかなり簡素になったんですよ。

以前はもっと重装備だったのですが、やっと快適なのが見つかりました。

マスクもしていたのですが、マスクをするとメガネが曇るんです。

一応簡単なネットがあるし、目のほうが危ないのでメガネを取ることはできません。

 

そしてこれが、いまの私の兵器。

ナイロンカッター電動式のナイロンカッターです。

発動式のは私の力ではなかなか発動できなかったので

昨年の初夏に思い切ってバッテリー式のを買いました。

発動式に比べるとどうしてもポテンシャルにかけるので長い間迷っていましたが、

小さな力でも回数を増やすことで対処できるのではという結論に達しました。

このナイロンの他にディスクも装着できるので、大抵の草はこれでOK.

 

一つ問題があるとすれば当初一つのバッテリーが30分ほどんもったのに、

すぐに10分以下になってしまいました。

どうやらバッテリーの充電器の故障のようです。

アマゾンで買ったのでまだ保証期間内だと思うのですが、

今の状況ではねぇ、相談する気にもなりません。

とにかくバッテリーが2つあるので合計約20分。

そのくらい使っているとそろそろくたびれてくるのでちょうどいいかも?

などと思っています。

以前は燃料が無くなるまで使っていたので1時間半ほど続けての作業では

終わった後、半日ほど手が震えていました。

しかも重量もかなり違います。

一度作業すると、とことん疲れたので次第に感覚が空いていったのだと思います。

今は毎日のように使っています。

そろそろ草がかなり伸びてきました。これから盛夏までは草との戦いです。

では刈ってしまう前の野の花達の様子を。

 

 

キンポーゲ

キンポウゲキンポーゲ

日差しを遮らないとよく見えませんね。(笑)

野の花

ツルニチニチソウが庭のかなりの場所を覆っています。

これは背が低いし、邪魔にならないところに群生しているのでこのままにしておきましょう。

野の花 野の花 野の花 野の花

ヘラオオバコ

ヘラオオバコ、面白いけれどちょっと背が高すぎるのでカットします。

明日はまた「咲いたさいた」をお届けしますね。

“庭仕事と野の花” への8件の返信

  1. すごいです!
    アヤシイです!(笑)
    でも何かプロっぽくてカッコよくもあるかもです。
    ツルニチニチソウ好きです、生き残れて良かったわぁ(^^)
    やり甲斐がありそうな草の量ですね。
    しかも彼奴らは不死身で復活してきますから不毛の戦いですね。
    休暇中の腕の筋トレになりますか?

    1. アヤシイ…ですか。(笑)
      アタマにちょんまげしているので帽子が不安定で余計ね。

      ツルニチニチソウ、ここへ来た当初、親戚の園芸家が全て取ってしまえと言ったのを聞かずにここまで来ました。
      写真のところだけじゃなく、結構あちこちに勢力を伸ばしているのでご心配なく。
      いつか我が家へお越しの切はきっと彼らが加藤さんをお出迎えしますよ。^^

  2. うん!びっくりした^^
    なんでー?と思ったけど納得。
    カットしたのが飛んでくるのね。

    小さな花々可愛いです。
    ツルニチニチソウ、好きです。

  3. >なんでー?と思ったけど納得。
    カットしたのが飛んでくるのね。

    ご自分では草刈りをなさらないと見た。(笑)
    ツルニチニチソウ、私も大好きです。ちょっと元気良すぎるけど。

    1. ブー!
      草取りするよ^^草刈りじゃないけど><
      でも、ハコベやカラスのエンドウは引っ張って抜くし、タンポポ様の種で増えてしまうやっかいなのは、テコみたいな草抜きでせっせとしゃがんで引っこ抜きます。
      芝生の時のゴーグルはあるけど、殆どしないかな。

      Keikoさんにちのお庭は、庭の域をはるかに超えてるものね。もう公園だわ。

      1. あはは…失礼しました。
        ご主人がやってくれるのかと思ったの。
        そうよね、普通の庭ならこんなカッターは要らないよね。

        家を買う時に草刈りのこと全く考えなかったのよ。大失敗。

  4. そうね
    あの広いお庭の草刈りとなったら これくらいの装備はしないとならないでしょうね。
    この時期を 良いようようにとらえて頑張ってますね
    わたしは ただただ籠るばかりで あちこちの不具合を抱えたままです(-_-;)

    我が家にもツルニチニチソウ咲いてますよ
    でも Keikoさんのところと比べたら ほんのほんの 小さな小さな咲き様です。

    1. ふと、もしもこの庭がなかったら
      この時期をどう過ごしていただろうかと考えた時、
      おそらくはPCに、サイト作りかなんかに没頭したことでしょうね、昼夜を問わず。

      ゴルフと出会って随分代わったけれど、
      もともと私って閉じこもり系なんじゃないかと思います。
      だから本当に苦痛じゃないの。
      もちろんそれでは体調(体重)は最悪でしょうが。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください