ま、いっか

友人と

ずっとゴルフの調子が良かったので、今日も友人が半ば強引にコンペに誘ってくれました。

難しいH1をパーであがってH2はボギー、もしかしたら今日は少しハンデが下がるかな?と思った矢先、3,4,5ホールと続けて X (バツ=0点)

その後も、ボールが見つからなかったり、ホールの上を通り過ぎながらボールがカップインしなかったり、およそツキから見放された一日でした。

今日は、Saraという10代の子が一緒で、彼女は昔から私のファンで、(プレーは彼女のほうが優れているのですよ、でも何故か私を慕ってくれているらしく)まず、この熱いのに帽子を持っていなかったので、私の予備の赤い帽子を貸してあげ、それがまたよく似合っていたのでプレゼントしたいくらいでした(笑)

彼女のお母さんも一緒にプレーしていたのですが、なんとなく叔母のような境地で日傘をさしかけたり、何かと気を使ったせいか、プレーに集中できずじまいでした。

もしくは、彼女のおじいさんに当たる方がうちのゴルフ場の管理に関わっていて、ただし、その方のあだ名は「不運を呼ぶ男」

その方が近くを通るとほぼ確実にミスプレーをしてしまうと言うのはFiuggiだけでなく、他の市にも知れ渡っていることなのです。(笑)

その方が、今日はほぼずっと我々のフライトにくっついていたのでした。

もちろん、可愛い孫がプレーをしているのだからそばで見守ってあげたい、ボールが変なところに飛んでいったら早く見つけてあげたい、という気持ちはわかるのですが、結構縁起を担ぐゴルフでは、そういう評判の方には一刻も早く退散していただきたかったです。(笑)

はい、もちろん私の成績は彼とはなんの関係もありませんよ。

でも、体調も万全だし、一昨日まで絶好調だったのに、3ホールも続けての X 。

なんだかなぁ。。。

とうことで、今日は入賞はもとより、くじ引きからも見放され…

でも!

ゴルフの良いところは、友達がいて、今日はまた美味しいもの(シャンペンに、おつまみ、最後には美味しいスイカ)が用意されていて、他に何が必用でしょうか?(笑)

ということで、まいっか。^^;

友人と2

 

Scatenata

scatenataとは羽目を外す、と訳せばいいでしょうか。直訳すれば鎖から解き放たれたとなります。

15日(土曜日)は我がゴルフ場の90週年記念コンペでした。

その前日二日間はものすごい雨が降ったのですが、当日は濃い霧と小雨に悩まされたものの人によっては傘をさしたりささなかったり程度の天候で、終わり頃には青空も顔を覗かせていました。

ペアでの競技で、私は仲良しのGianni氏と組んだのですが、二人共絶不調で最下位から数えたほうが早い位置に終わりました。

でも、ご一緒したもうひと組の方々も上手でマナーの良い方々でラウンドとしては大満足でした。

この日のコンペは無料。うちのゴルフ場のメンバーは全て招待された形となりました。たかだか2000円ほどのことでも嬉しいです。^^

表彰式はいつもの入賞者の表彰プラス、90週年を記念しての特別表彰がありました。我々は成績が芳しくなかったので拍手するために座っていたようなものですが。(笑)

ところが特別賞で。。。

まず一番に表彰されたのは私とペアを組んだGianniさん。彼はお兄さんと並んでこのクラブを盛り立ててきた方。お兄さん亡き今は彼が一番長くこのクラブのメンバーとして今も活躍しているので数年前にも50週年を記念して表彰されましたが今回も。

ただ、この日は早くに帰宅なさってしまってこの表彰のことをご存知ありませんでした。そこで私はすぐにメッセージを送っていたのですがその最中に自分の名前を呼ばれたので立ち上がりました。

表彰台に近寄っては見たものの何故表彰されているのか知らないという状況。(笑)マネージャーに正直に「今、Gianniにメッセージを書いていたからなぜここにいるのか知らないんだけど。」というと「忠誠賞ですよ。」

???「今年一番たくさん公式コンペに参加したからですよ。」とのこと。

???????

ほんとうに?例年に比べたら少ないほうだと思っていたけれど。ハンデの上下に関係のないカップルやチーム戦はほとんど断っていたのに。。。

もちろん嬉しいですよ、どんな賞でも。おそらく私よりほんの少し少ない参加でこの賞を逃した方がいるのだろうと思うとなおさら自分は幸運だと思います。

最多参加賞は背の高い方で、小さい方は90週年記念で全てのメンバーに送られたものです。

表彰式のあとはビュッフェで前菜からドルチェまで、ワインは地元のワイン製造業者が協賛で提供してくれたようです。そうそう。優勝者たちの賞品も全てここのワインでした。

時々バンドが入るのですが、今回は3人のグループで、エレキギターとハーモニカそして女性の歌手という変わった組み合わせでした。

ただ、素敵な名曲を彼らなりにアレンジして台無しにしてしまって。。。皆が怒っていました。(笑)

そこで踊って気晴らし。(笑)

↑ クリックするとおばさんが踊り狂ってます。(笑)

花園

 

 

もしも、最後の2枚の写真をご覧にならなかったら

どこかの公園か山へ散策に行ったと思われるでしょうね。

 

最後の2枚は我がゴルフ場の8番ホールです。

もちろんここだけじゃなくてゴルフ場全体が今こんな調子です。

 

見る分にはとっても綺麗なのですが…

ボールを探すのに苦労します。

フェアウエイの真ん中でボールを見失うなんてことも!

 

有名なFiuggiのミネラルウオーターの水源が近いので

我がゴルフ場には除草剤も栄養剤も使えません。

自然のままにゴルフを楽しむしか無いのです。^^

 

しかも今、グリーンにたくさんの穴を開けて砂を詰めて芝の育成を図る時期でグリーンが凸凹。

ただでさえ難しいパットが。。。

テクニックより運に頼るような状態です。(笑)

 

でも、今やコンペのシーズンに入り毎週末にはコンペが開かれます。

3月25日と4月8かのコンペではどちらもFarst Lady(あはは大統領の奥さんじゃないのよ)

女性陣の中で一番という賞を頂きました。

4月2日にはカップル(女性同士、男性同士、ミックスいずれでも参加可)で

しかもルイジアナといって、毎回カップルのコンディションの良い方のボールを選んで進めていく形式のコンペで2位に入りました。

 

でも、3月8日と3月29日の遠征ではどちらも18点と15点という情けない成績でした。

こうしてアップダウンの激しい一年を今年も送るのでしょうね。^^;