ドラコン優勝!

授賞式

あはは、ちょっと大袈裟なタイトルだけど、

昨日Fiuggiゴルフで行われたチャンピオンシップ、

来春にはまた Fiuggiゴルフで決勝戦が開催されて、

欧州中から、各国内で勝ち抜いてきた人たちが集まるそうですが、

その、一回戦でドラコン賞をいただきました。

 

ラウンドの結果は10位と振るいませんでしたが、

この年で、ドラコン賞をいただけるのは嬉しいことです。

昨日の女性参加者の中で、私より2つか3つ年上の方がお一人だけ、

後は皆私より若く、身長も私より高い人がいたし、

そんな彼女らの記録を更新できたのは嬉しいことです。

ご褒美は、美味しいスプマンテ!スプマンテ

なぜ、美味しいと言えるかと言うと、

昨日のスポンサーが、スプマンテの製造販売者で、

すでにラウンド終了後に、試飲させてくださっていたからなのです。

とても気に入って、3本(3種類)も買ってしまいました。(汗)

 

取らぬたぬきの…

マスク

昨夜は、息子が無事にTorino に着くまで まんじりともしませんでした。

というのは真っ赤な嘘。

ここ2年位、余り寝なくなったのですよ。

虎ノ門ニュースが、夏時間ではこちらの01:00〜始まるので、

ついついそれを見てしまうのですよね。

Youtubeなのだから、翌日の都合の良い時間帯に見れば良いものを、

やっぱり一刻も早く日本のニュースを見たい。

しかも大手マスゴミのニュースではなく、真の日本人が話すニュースを。

 

終わるのは03:00

そこですぐに寝付けるはずもなく、スマホで英会話を聞いたり、

ゲームをやったりして、自然に眠れるまで待ちます。

無理に寝ようとすると、いろんな心配事が頭をもたげてきますから。

 

で、Rudyの体調にもよりますが、だいたい7:30〜9:00の間に起床。

ほぼ、3〜4時間の睡眠。

ときには昼寝でカバーすることもありますが、

ゴルフに行けばそれもなし。

それでも頭痛が起こるわけでもなく、年寄りは余り寝なくて良いのかもね。^^

 

前置き長すぎ。

 

昨夜は、息子のことがあって、

彼が無事にTorinoに着いたとわかって、ホッとして、

今度は、ゴルフのチャンピオンシップのことが気になって、

このチャンピオンシップは2017年に優勝して、決勝大会がIBIZAであったのでした。

今年は今までの所、割と調子がよくて何度も賞を頂いているし、

なんとなく、一度勝ったコンペにはまた勝てそうな気もして

獲らぬ狸の皮算用。

もしも優勝しちゃったら、1週間もの間Rudyをどこに預けようか?

なんて考えたりして寝付けなかったのでした。(笑)

 

結局、完徹で望んだ今日のコンペは、今年最悪の結果に終わりました。(汗)

理由は完徹ではなく他にあったのですが、それはまた次の機会に。

 

ここは、毎年、ゴルフボールを参加賞にくださるのですが、

今年は時節柄、マスクと何故かコーヒー豆でした。(笑)

今年のゴルフは???

Fiuggiの山々

例年今頃はきれいな白い山頂が見える我がゴルフ場なのですが、

今年は全く積もっていません。

二度ほど降ったのですが、すぐに解けてしまいました。

 

山頂付近が白っぽく見えるのは高度が高くて樹木がなく地肌が見えているからです。

Fiuggiの山々2

さて、今年も2日には打ち初に行ってきました。

出来はまずまずでした。

その後、3日4日5日と毎日行ってきましたがやはりスコアはまとまりませんでした。

 

今日は、一人で練習しようと思ったのですが、

Rinoさんという、(息子さんはかなり成績の良いプロゴルファー)
方に声をかけていただいたのでご一緒しました。

で、トリプルボギー、ボギー、ボギー、ダブルボギー、ボギーと続いたあと、

6ホール目で、初球は右の藪の中に、2球目は左の池の中に消え、

普通はそこで池に入った次点まで進んでプレーを続行するのですが、

悔しくてまたティーから打ったのですが、またまた藪の中へ。

そこでRinoさんから声がかかり、「腕を進行方向に投げ出すんだよ。」

ここで少しひらめいて、次の球はあたりは弱かったもののまっすぐに飛んでいきました。

 

今日は日曜だというのに誰もいなかったので

こんなにたくさんのボールを打つことができました。(汗)

 

その後もたまに左へ曲がることがありましたが、

それまでに比べたら見違えるほど真っ直ぐに飛ぶようになって、心ウキウキ。(笑)

明日は3週間の休場前最後のコンペ。

 

ルイジアナというカップルでの競技なのですが、

これまでこういうコンペがあると何人かの方々に声をかけていただいたものですが、

なんと!明日に関しては誰からもオファーがなかったのですよ。(涙)

 

もしかしたら、かねがねこういうタイプの競技が嫌いだと公言していたことで

それが浸透して誰も声をかけてくれなかったのかもしれませんが、

このところ余りいいプレーができていないので、一緒に回りたくないと思われたのかなぁ

という思いもあって、ちょっぴりさみしくなりました。

 

それでも明日は最後の日なのでコンペにはでないけれど、

ラウンドするためにティータイム(ラウンドの時間の予約)をとっていたら

あるご夫妻がやってきて、「ああ、じゃぁぜひご一緒しましょう!」

ということになりました。

最終日に一人ぼっちで回るより断然良いですよね。^^

 

今日、教えていただいたことを忘れずに、

体を怠けずにしっかり動かして、

今年は少しはマシなスコアづくりができるよう頑張ろうと思っています。

10月3日

10月3日に64歳の誕生日を迎えました。

たまたまParco de’ Mediciというゴルフ場でシニアのコンペがありました。

優勝してみんなに祝ってもらいたかったけれど、成績はちっともよくなくて、

終わったらすぐに家に帰りました。

じつはRudyのお腹の調子がよくなくて心配だったのです。

でも、プラス途中で雷雨に立たれらたし、変なメンバー(打数をごまかす)

もいたし、ちょっと残念なコンペでした。

 

家族からは早々に祝のチャットが入っていたし、

帰りに大きな大きなビフテキを買って帰って一人で思いっきり食べました。(笑)

 

健康で、大好きなゴルフができて大きなお肉が食べられて悪くない誕生日でした。

 

追伸、

いまはゴルフに夢中な私ですが、やっぱり季節ごとにバラに癒やされています。

そのバラが先の台風で大きな被害を受けたと知り

同じくバラが命の加藤さんのblogで千葉の佐倉の「草ぶえの丘バラ園」の

復旧支援のことを知り、皆様にもご案内しておこうと思った次第です。

所得税増額のおり、寄付を募るのは心苦しいのですが、

そして、呼びかけておられるご本人もおっしゃっているように

「ご寄付とまでいかなくても、シェアしていただけるだけでありがたいです。」

つまり、皆様に少しでも関心を持って頂けたらと思ってご紹介しました。

佐倉草ぶえの丘バラ園…

Yuki Mikanagiさんの投稿 2019年10月3日木曜日

久々のダブル優勝

長らく絶不調が続いていて特にコンペでは散々な成績ばかりが続いていましたが

やっと今日、ドライビングコンテストとファーストレディの2つの賞をいただきました。

 

ドライビングコンテストはやはり嬉しいです。

ティーショットが女性の中で一番遠くまで行ったということですから。

今日は若い子がいなかったものの、

第2カテゴリーの女性たち(私は第3カテゴリー)を含め

結構女性の参加者がいたので彼女たちを制したということは多大な満足感を得られました。

年とともに飛距離は短くなっていくのでいつまでこの賞をいただけることやら。

 

そして、前半20点、後半16点という成績も悪くはない成績で、

カテゴリー内では男性に数点負けましたが女性では全体で一番になりました。

(グローブがドライビングコンテストのもの、

アフリカ製の木製の像がファーストレディ賞です。)

 

クラブのみなが自分のことのように喜んでくれてとても嬉しかったです。

 

残念!

このところネットの接続状態が すこぶる悪いです 。

今日はこのブログをスマホから投稿しています。

皆様のサイトへも伺えなくて すみません 。

スマホは電話の回線で繋げることができるのですが、その容量には上限があってそれを超えると追加料金を取られます。ですから気をつけていなければなりません。

 

さて、土曜日に久々のProAm(プロとのコンペ)に参加しました。

今回は女性に捧げられたコンペということで、 もちろん 圧倒的に男性チームの方が多かったですが、2ヶ月ほど前から コーチが女性だけのチームを作っており、私もその中に入っていたのでした。

なんとかこのコンペに間に合うように調整はできたのですが、期待していたようなずば抜けたショットは出ませんでした。

でもいわゆるミスショットは最終18ホールのアプローチだけで、 他はまあまあ納得できるプレーでした。

私が一番ハンデが大きいのでどのショットも一番に駆り出されるのですが、何度もバーディーショットをあと数 mm とか一旦ホールに入ったのにまた出て行ってしまったりとかでとても残念でした。

でも私個人的には満足でした。

もしも個人でプレーしていたとしても絶対に3パットはなかったから。

今回はスクランブルだったのでチームのメンバーの一番良いボールを毎回選ぶので気が楽だったこともあるかもしれません。

そしてこの日はアン·ソフィという若いメンバーがいて、 彼女は子供の頃からゴルフをやっているし、まだ25歳という若さだし、当初から皆が期待を寄せていましたが、この日は彼女が自分自身を凌駕したような素晴らしいスイングの連続でした。

その日に先駆けて2時間みっちりとコーチとラウンドレッスンをしたということで、 その成果がよく表れていました。

結果は10個のバーディーと7個のパー、そして痛恨のボディが一つ。我々チームのハンデは8。

同点1位だったのですが、もう一方のチームは五つのバーディにもかかわらず ハンデが12という事で同点でした。

同点の場合後半の成績が良かったほうに軍配が上がるので、残念ながら我々は優勝を逃しました。

でも同じチームのヴィットリアがドラコン賞を獲得しました。

他のメンバー達はチームが優勝を逃してずいぶん悔しがっていましたが、アンソフィーと私は自分自身の出来が良かったので割と満足。

そしてここだけの話ですが、

またスポーツマンとしては絶対に言ってはいけないことなのでしょうが、

負けた方が妬まれるより気が楽。

内緒よ。

こんなだから勝てないんですよね。

ゴルフって…

ゴルフって…

 

これまでにも何度かこんな書き出しがありましたよね?^^;

それこそがゴルフなんだとこの頃特に思います。

シングルプレーヤーだって崩れるときには私にさえ起こらないような

妙なスイング結果に終わったり、

先日の私の場合、

最終18番ホールでティーショットが若干右寄りのラフに入ったのは良いのですが、

そこからフェアウエイに出そうともがくも

4回ほど打った球が全て木に当たって更にどんどん右奥の林へと入っていきました。

今年でゴルフも9年目になるのですが、全く初心者のときでさえ

起こらなかったようなハプニングがこのところ続いています。

 

ナポリには ”野良犬、乞食を噛む” ということわざというか言いぐさがあって

日本ではおそらく”貧すれば鈍する”と言うような言葉に当たるるのでしょうか?

ゴルフもちゃんとプレーしていればたまにはとてもラッキーな場面に出くわすのに

その日のプレーが思わしくないと今まで想像もしたことがなかったようなところに

ボールが落ちていったり、木の根っこに止まったりするものなのです。(汗)

 

とにかくまた絶不調に入りました。

辛いです。どうすれば良いのかわからないのですから。

コーチのところにも行きました。

でも、レッスンが終わった途端にまたボールが捕まらない。

空振りするわけではないのですが思ったところへ飛んでいかないのです。

昨日は4人のプレーヤープラス素人さんがパットにのみ参加するという

特殊なスクランブル形式のコンペでした。

皆いつも一緒にプレーしている女性ばかりだったので私の不調も知っているし

申し訳ないけれど自分はアプローチとパットで貢献させてもらおうと

はなっからティーショットには期待していませんでしたし、

案の定ティーショットで私のボールが選ばれたのは14Hだけでしたが、

そして私にはそれでも良かったというかティーショットの出来の悪さを嘆いたりはしなかったのですが、

友人の一人は私以上に真剣に悩み、アドバイスをしてくれて

最終的には両足を揃えて打つことになりました。

 

すると、あら不思議。

ボールはちゃんとクラブにあった高さに上がるようになりました。

アプローチがちゃんとできるのにロングショットがうまく行かないというのは

私の下半身の問題のようです。

アプローチでは短い距離なので大きく体を動かすことがなく下半身も安定しているのに

フルショットをするとシャンクや左への低いショットになってしまう(チョロではない)

ということで、後半の1/3くらいは両足を揃えてロングショットを打ちました。

 

当然ながら距離はフルショットほどは出ませんが、

ちゃんと真ん中にそこそこの高さでボールが飛んでいき明かりが見えた感じです。

こんな練習みたいなスイングで良かったのもチーム戦だったからこそ。

しかも女性チームの中では最高得点で我がチームがレディス賞をいただきました。(嬉)

 

 

 

もしかして…

私って似非善人なのかなぁ。

 

その昔、Paoloとその妹Deriaと3人で郊外へマウンテンバイクでツーリングにいきました。

途中険しい道になって義妹が少し遅れだしたので私も彼女に歩調を合わせました。

そしたらPaoloが怒って「こんな道いつも簡単に走ってるじゃないか!」って。

確かにPaoloと二人の時は彼に一生懸命ついていく私です。

 

でも、義妹がしんどそうにしていると放ってはおけない気がしました。

彼女は急な下り坂でも怖いなんて思わないけれど、タバコを吸うせいか上り坂は苦手なのです。

そして我々のように普段から山道や岩がゴロゴロしているような崖の小道を走ったことがないようで

苦心していたので私は彼女を待ちながらゆっくり進んでいたのですが、

Paoloにしてみればその日は私が怠けているように見えたようです。

 

ゴルフのコンペでも同じです。

マッチプレーじゃないのでその日の結果は最後にならなければわからないのですが、

少なくとも一緒にプレーしている3人なり4人の中で誰かがうまく行かなくて苦心していると

なんとなく置いてけぼりに出来ないような気がするのです。

 

だからわざと私もスイングを間違うというようなことはもちろんしませんが、

精神的に気の毒だなぁという気持ちが強くて自分自身の最高のプレーが出来ないことが多いのです。

周りに引きずられるというのでしょうか、本当につまらないミスを犯してしまいがちなのです。

 

そのあたりをやっと最近になってゴルフ歴9年目に突入して少し吹っ切れたというか、

私が気の毒に思っている人も私がだから間違うよりはいいプレーをしたほうが

喜んでくださることがわかったと言いましょうか

伝わるかなぁ?私の言いたいこと。

 

一緒になって出来が悪かったねぇと嘆くより、

一緒にプレーした人が入賞でもしたほうがよほど嬉しいと思うのが普通だと気がついたのです。

私自信がそうなのですから(笑)

 

今日も初心者並みのご夫妻がおられましたが自分のできるだけのプレーを保って

カテゴリーの2位に入賞しました。

後味の悪さは全く感じませんでした。^^;

スポーツとは時に優しく時に厳しいそしていつも正々堂々としていなければならないものなのですね。

ProAm

今年初のコンペはプロゴルファーたちとアマチュアが混合でのコンペProAmでした。日本では確かプロアマと呼ばれていると思います。

プロと言ってもツアープロはごく僅かで殆どがコーチたち。たいては自分のコーチのチームに入ってプレーします。私のように3人もコーチがいるとその機会も増えるわけで。(汗)もちろん殆どは断るのですよ。(笑)

今回はまだうちのゴルフ場が閉鎖中の事だったので大歓迎。天候のせいで先延ばしになっていたのが1月29日に行われました。場所はCastelgandolfoというローマのゴルフ場。

雨続きの中その日のみ唯一晴天に恵まれました。この季節に晴天の中でプレー出来ただけでももう満足です。

今回のメンバーは全員の年を足すと300歳に届くのでは?というシニア揃い。

コーチのガブリエッレとマッシモさんという二人のみ30代後半?でした。

なんとフィリッポさんは86歳だとか。まだゴルフを始めたばかりでいつもは練習場ですれ違っておりました。

彼はスキーヤーで国外のレースにも出場するほどの腕前?(脚前かなスキーだから。笑)

70年間スキーで競争してきて、ここにきて新しいことにチャレンジしたくてゴルフを始めたというから素晴らしいではありませんか!

おそらく18ホールフルのラウンドは今回が初めてだったようで、なかなか思うようにボールは上がってくれませんでしたが、後半いくつか良いショットも見られました。

ヴィンチェンツォさんは70代中頃でしょうか?ナポリ人で我々とは別の時間帯をお持ちの方。

後続のフライトが待っていてもお構いなしで、ひとしきりお喋りしてからショット。

トイレに行ったついでに缶ビールを買いに行く。そしてチームを見失って別のホールに行ってしまいスマホの電源も切れていて心配させられました。(^^ゞ

マッシモさんも新人ですが若いのですぐに上手になることでしょう。ガブリエッレに惚れ込んで随分遠くからうちのゴルフ場にやってくるようです。

やはりまだ経験不足で、ほぼ毎回私のパッティングラインを踏まれてしまいました。(汗)

でも、いくつかいい当たりでチームに貢献してくれました。

コーチのガブリエッレとは9年目の付き合いになりますが、最近彼がコーチとして人間として随分成長したなと思います。

今回のようなメンバーでは彼もやりにくかっただろうと思うのですが、最後まで上手くまとめていました。年配に気を使いながら自分もナイスショットをしなければならないのですから大変です。

私の調子はまずまずと言うところでした。まぁコーチ以外では自分がチームを引っ張って行かなければという意識がちょっと背中を押してくれたのかどうかそこそこ得点したと同時にニアレス(nearest to the pin)をゲット❢

チームの成績は5位か6位ぐらい(老眼鏡がなくて良く見えなかった)でしたが、個人の賞を受賞できコーチも喜んでくれました。

表彰式のあとはビュッフェスタイルでの食事でしたが、この時もガブリエッレはフィリッポと私の分も調達してくれて大人になったなぁと思ったのでした。

8年前に初めてProAmに参加した時はガブリエッレは2人前の食事をひとりでかっ込んでいたものです。(妙な事を覚えているものですね。笑)

彼もあれから2児の父親になってひと回り大きくなられたようです。その気配りはティーチングにも活きている気がします。

今回のフォームはまったく初めてのベストボールというもので、ティーショットは全員が打ち、一番良いコンディションのボールを選んでそこからは各自が自分のボールを打ってホールアウトするのです。

ただし、バーディーまでしか打てません。バーディーで1点、パーでは0点なのです。

一度ショートホールでガブリエッレがピン横1,5mぐらいつけた時には全員がワンパットを決めたのでハンデも加わって大量得点を取りました。

つまりこのフォームはいささか賭けの要素があるようです。お遊びにはもってこいのフォームかも?

お楽しみコンペ

今日のコンペは全くのお楽しみコンペでした。

スクランブルで、しかも5人目に全くの素人さんというかまだ本格的にゴルフをやっていない人を加えて、その方はパットのみに参加するという型のコンペでした。

 

日本人の私としては、まだまだ研鑽を重ねて例えば黒帯を取るまではただのお楽しみコンペというのは避けたいのですが、友達から懇願されると嫌とも言えず参加して来ました。

 

昨日から急に寒くなってしかも今日は曇りがちの天候で、夏用のパンツでプレイしたのは5人の中で私だけでした。

昨年、コンペで優勝した時に頂いたフェルパ、何時もは暑すぎてすぐに脱いでしまうのですが今日はほぼ1日中着ていました。それくらい寒かったのです。

 

さて、プレイの方は私よりも上手な方が二人、ゴルフ歴3年というほぼ新人さんがひとりで私はほぼ真ん中。

 

順番は新人さん、私、上手Vさん、上手Aさんの順にプレイして、グリーンに乗ったらまっさきに5人目の素人さんがパットをします。

 

我々がいいところに付けると彼女がホールインしていましたが、やっぱり少し遠くなると難しいようで、そうなると先程の順序で我々もパットしました。

 

1週間ほど前にパターを替えて結構上手く行っていたのですが、今日は前半短めばかり、後半もホールをかすりながらもなかなか決まりませんでした。

結果は15チーム中8位。

ただし!

なんと女性だけのチームは我々だけだったのです!

そこで、またもやタナボタのレディース賞を頂きました。(汗)

 

巨大なダイヤモンドの立爪型の盾とワイン2本セット。

協賛のスポンサーからは事務用品セット、中に日本製の針の要らないホッチキスがあって、初めて見たので感激しました。(^^♪

 

表彰式のあとは、またまたお楽しみの夕食。

ハムやチーズ、野菜のグリルにブルスケッタという前菜

ペンネアラビアータとポレンタのプリモピアット

ポテトの天火焼き?とサルシッチャのグリル

デザートはクッキー類

ワイン飲み放題というメニューでした。

 

たまには良いよねお楽しみオンリーも。(笑)