バラたち3

アイキャッチはザンブラ、まだまだ咲きそうです。

そして、ホワイト メイディランド。

やっとしっかり根付いてくれたようです。

ホワイト メイディランド

花も少し大ぶりになってきました。

ホワイト メイディランド

次はうんと小さな、ザ・フェアリー

かわいい かわいい 可愛いバラ。

ザ・フェアリー

シエスタ満開。ひとかたまりは一本の茎から。

シエスタ

こちらは野ばらです。

ローザ・カニーナ、直訳すれば ”犬のバラ” 

とっても可愛いし、秋にはたくさんヒップをつけてくれます。

ボールが変なところに行くと、こういうお楽しみもあり。(笑)

野ばら 野ばら

 

まだまだたくさん撮りましたが、今日はパレ・ロワイヤルで締めくくっておきましょう。

パレ・ロワイヤル

追記:息子が帰宅しました。しばらくいるそうです。ますます太りそう。

 

“バラたち3” への12件の返信

  1. 圧巻はパレ・ロワイヤルね~

    他の花たちもそうだけど、特にバラはどうしてこんなに美しい姿に作られたのか、と神に感謝だわ。
    ただ、棘があるのは「美しいからってあまり近づくなよ」という神の注意喚起?(笑)

  2. あ、書く前にクリックしちゃった。

    陽介君おかえり~
    しばらく美味しいもの作りに専念ね。

    1. そうね、バラにトゲがなかったら…。
      あなたのために手入れしているのに、なぜひっかくの?って何度も問いかけましたよ。(笑)

      はい、またおさんどんです。

  3. 本当にパレ・ロワイヤルは完璧!
    オリジナルのピエールよりずっと好きです(^^)v
    小振りのバラも盛りですね、ザ・フェアリーの上品なピンクもシエスタの目が覚めるピンクもカニナの絶妙なグラデーションもみんな個性があっていいです。

    さて、今日のご馳走は何でしょう。
    絶対にリクエストされるものってありますか?

    1. >本当にパレ・ロワイヤルは完璧!
      花は結構きれいに咲きましたが、全体としてはちょっと不健康な感じで、葉っぱがみすぼらしいのです。
      ま、それでもこんな花を見せてくれるのはありがたいですよね。

      息子が家に着いた日の朝(7:00)は、具がたっぷりのラーメンを作りました。
      朝から?、でも夜どおし運転していたからね。(私は食べなかったよ。(笑)
      その日のランチはスパゲッティ・アッラ・ペスカトーラ
      夜はカレー。これがこたえました。
      二人とも当然のようにおかわりをして、「食べすぎたぁ。」(笑)

      今日の昼にもスパゲッティ・アッレ・ボンゴレをすでに用意しています。セコンドにはイカとカタクチイワシの天ぷら。
      わぁ、太るぜ〜。

  4. 薔薇❤
    最近、薔薇を植えたくなって困ります。
    パレロワイヤルって、これぞ薔薇って感じね(私の中で)。

    薔薇も素敵だけど、ゴルフバッグが気になったわ^^
    新しいの買ったのかな?

  5. バラは、当初ちょっと他の植物より高価だけど、
    樹木だから長持ちするし、すごく満足感を与えてくれるし、
    コスパも結構良いと思うよ。

    このバッグを買ったときの記事は、2020年1月6日、”新年に新バッグ”で紹介しています。(見てね)

    1. 読んで来ました~^^
      読んだ様な…Keikoさんが賞品だったかで貰った名前入りのと、個別にさせるバッグは記憶にあるのだけど…おnewのが記憶に無かった><
      新年の挨拶や、この後もコメント書いてるのに、新バッグはコメント書いてないわ。読んでないのかも、アヒルかも><

        1. しょうもないダジャレです。
          そうかも(鴨)、いや、アヒルかも知れない><
          解らないよね><

  6. 薔薇たちも ほんとうにたくさん!!
    楽しみがたくさんね
    >パレ・ロワイヤル
    薔薇として 完璧な姿 と 思う 美しいわね

    わたしは ローザ・カニーナ の可愛らしさがとても好き
    ゴルフバッグが 一緒に写っているのが 何とも良いわね

    陽介くん と一緒だと 食も進むわね(笑)
    どんなに連絡を取り合っていても 一緒にいて 食事をしてって
    そんな時間は 大切よね
    ゆっくり マンマのお料理を味わってくださいね

    1. パレ・ロワイヤル、最初の年はこんもりとうんとたくさん咲いたのですが、場所をうつしてせいかどうか、最近はちょっと元気がなかったのですが、今年は少し持ち直したようです。

      私が「ハグしよう」といったら「本当はいけないんだけどね。」と言いながら応じてくれました。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください