ちょっぴり自己嫌悪

イタリアに住んでいながらイタリアのことで知らないことが多い。

日本にいるイタリアファンのほうがよほどイタリアに詳しい。

これでは面目丸つぶれではないか。

でも・・・

きっと私はイタリアの、目に見えないところを吸収したのだと思う。

おおらかに人生を楽しむことを。

あせらず欲さず小さな幸せを見逃さないで生きていくことを。

 

負け惜しみの強くなったこと(笑)

1985年、ローマに恋をして住み着いてしまった私。でも人の生活はどこでも同じ。 泣き笑いはどんな言葉を話していても同じ。だったら楽しく生きたいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください