Jazzの夕べ

市庁舎

距離感

26日、日曜の夜アナーニという町の市庁舎下の広場で、

Jazzコンサートが開かれました。

会場はご覧の通りの間隔を広くとった設定で、

一緒に行った友人と話をするのも大変でした。

だって、大声出さないといけなくて、それってよくないでしょう?

この写真は、まだ開演前の練習風景なのでいくつか空席が見えています。

夕暮れ

周囲には、こうして立っている方々も。

次第に夕暮れがせまり、ロマンチックな色味の外灯が灯りました。

カルテット2

出演者はふた組、最初は若者たち、歌い手さんとトランペッターは姉弟だそう。

彼女の声は素晴らしく、音程もしっかりしていて感心しました。

トランペットも柔らかい音で、作曲もする逸材でした。

ピッツェリア

周囲にはいくつかのレストラン、ピッツェリアもあり、

我々もしっかり予約しておきました。(笑)

mさんと ピッツァ

前半の演奏が終わったのを期に、Pizzeriaへ席をうつし、

後半は食べながらそこで聞きました。

カルテット

後半はローマからやってきた少しベテランのカルテット。

私の大好きな組み合わせ、特にウッドベースが大好きです。

実は昼間に少し日光浴をしたせいか、やたら眠たいし、

ジャズもいろんなタイプがあり、どうもこの日のものは

そんなにノリノリになれないジャンルだったので、10時半近くに

その町に住む友人たちを残して、一人先に帰りました。

旧市街地への入り口

10分ほど歩いて旧市街地を出たところで、振り向いてパチリ!

いい感じでしょう?

武漢肺炎の蔓延以来、初めての外食、そしてコンサートでした。

 

*アイキャッチ画像(最初の写真)はアナーニ市の市庁舎です。

 

Jazz live in Roma

Paolo(パオロ)が若い頃からある老舗のJazz club,

すでに ”ほんのちょっぴりロマンチック?”でご紹介した店に

日本のミュージシャンが来るというので行ってきました。

 

約1ヶ月ほど前の話でひどい風邪をひいた初日のことなのですが、

Yosukeという名前を聞いちゃぁぜひ行かなくてはね。(笑)

 

すでにネット上で写真や評判を拝見していましたが、

車を止めてその店に近づいたらいきなり店の前で煙草を吸っているご本人とばったり。

なんの躊躇もなく「ようすけ!」と声をかけてしまいました。

はい、それも呼び捨てで。(汗)

 

とっても気さくで感じの良い方。

奥様とおぼしき女性とご一緒でしたがもちろん「奥様ですか?」なんて野暮な質問は無し。

向こうから仰る分には別ですが。

軽いコート代わりに着て行った古い羽織をその女性は随分気に入ってくださいました。

 

さて店内に降りていって、

いつもはPaoloがその店のオーナーと仲が良いので予約もせずに

その分席がないと立ち見、いや立ち聞きかな?という感じなのですが、

今回はかぶりつきで聞きたかったので前々から予約を入れておきました。

で、本当にかぶりつき!

一緒に演奏してくれた3人のイタリア人達、

ピアノ(ようすけさんの後ろで見えないけれど)

ベース(ピッポさんというリーダー)、ドラムという最高のトリオ。

彼らだけでもまた聞きに行きたいと思います。

 

彼らとようすけさんは前日に約2時間ほど音合わせをしただけというのですが

しっくりと溶け合っていて本当に音楽は世界中で通じる言葉だなと思いました。

そして、フュージョンだけどなんとなく曲によってはすごく”和”を感じさせる方でした。

 

演奏が始まるまでにまだ少しの時間があったので名前だけだと親子三人?

の写真を撮ってもらいました。

フラッシュをたくと印象が悪いので暗いですがそのまま。

ミュージシャンたち

 

店内にはそこで演奏した世界中のミュージシャンたちのサインがありますが、

この夜じっくりと見てみたら結構Yosukeという方がいて驚きました。(笑)

 

この夜はカクテルを避けて素直にコニャック。

こうしてまた楽しい一夜を過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんのちょっぴりロマンチック?

先週の水曜日、ローマでPaoloと夕食をともにして

そのあと、前々から言っていた Jazz喫茶 とはもう言わないかな?

ライブでJazzが聞ける大人の集まる場所、日本ではなんと呼ぶのでしょうか?

とにかく、そういうところに行ってきました。

そういう場所に行くのは30年ぶりくらいです。(笑)

たいてい週末にはそこそこのバンドが入るけれど

水曜なので期待するなとPaoloが言っていたけれど、結構聞かせてくれる方々でした。

楽器を演奏しているのは皆、孫がいると思われる年齢層。

ボーカルのみ若い女性でしたが張りのある声でした。

 

2時間近くいたでしょうか。

どんなカクテルでもおまかせというバーテンもいて、

マンハッタンとマルゲリータを味わいました。

はい、どちらも私のです。

 

Paoloはウォッカのオン・ザ・ロックを2杯。

透明なお酒のほうが健康を害さないと学んだのでこのところ主にウォッカなのですって。^^

飲まないのが一番なのでしょうがこういう場所ではやはり多少飲まないと雰囲気がねぇ。

 

またぜひ行きたい!と思えるロカーレでした。