メリークリスマス

12月22日まで、我が家の冷蔵庫はほぼ空っぽでした。

その夜、WhatsAppでYoskeが [クリスマスの昼食はどうするの?3人一緒に過ごせるなら行くけれど。]

というメッセージを送ってきたので、[お父さんと話してみて、決まったらしらせてね。]

と答えておきましたが、24の午後〜26日は全てのお店が閉まるので23日中に買い物を済ませておかなくてはなりません。

来るかどうかもわからないけれど、とりあえず買い込んでおきました。

 

やっと24日の夜、[もうすぐ出発するから]という知らせ。

その知らせを受けてからラグーを作り始めました。

昼食がどこでどうなっても最悪の事態に備えるために。

 

息子は、朝4:30に着きました。

10:30、パオロに連絡を取り、ローマの適当なレストランを探してもらい、我々がローマヘ行くことになりました。

 

普段、気取らないパオロにしてはシックなホテルのレストランを予約。

ただ、思いがけない交通渋滞で、予約時間に間に合わなくなるかと心配しました。

15分ほど遅れましたが席は確保されており、やっと私の気持ちも落ち着きました。

ホテルのロビー

レストランの入口

各テーブルには真紅のバラが

付き出し

歓迎スプマンテと、付き出しが程なく運ばれてきました

ワインワイン

ワインは、Barberaをチョイス。とても素直なテイストのワインでした。

前菜

アンティパスト

パッパルデッレ

 

パッパルデッレ、お肉のソース

リゾット

ホタテ貝のリゾット

今日のメニューの中で唯一頂けない一皿でした。

まるでご飯に安物の鯖缶を混ぜたような魚臭い、そしてやや生煮えのリゾットでした。

フィレステーキ

お肉は有名なファッソーナという牛肉のフィレステーキで美味しかったのですが、わたし的には何かグリーンの添え物がほしかった。

最近はイタリア料理も見た目の美しさが大切なのです。

付け合せのポテトもいまいちだったかな。

窓

場所はフォロ・ロマーノの裏側で、とても静かな一角、かつての修道院を改装したホテルで、窓の外に裏庭が見えています。

デザート

デザートはミッレフォーリエに森の木の実添

その後もう一度辛口スプマンテが出て、我々が注文したコーヒーで締め括りました。

思いがけない家族揃っての

さらに思いがけないエレガントなクリスマスメニュー。

まさしく素敵なクリスマスプレゼントでした。

オフで対面

大昔、ネット上で知り合った友人たちと初めてであったときの感激を

今でもよく覚えていますが、昨日久々にまたそういうことがありました。

 

約1年前からネット上では時々交信しているKotaroさん(ペルージャ在住)と

なんとローマのゴルフ場でお目にかかりました!

もともとKotaroさんはゴルフ関連で私のサイトを見つけてくださったので

ゴルフ場でお目にかかるのは、思えばそんなに意外なことではありませんが

住んでいるのが違う州で車で2時間半ほどの距離感ですから

偶然に会えるという確率はほぼないのです。

 

でも、トスカーナ、ウンブリア、ライツィオの3つの州が合同で

その界隈を盛り上げようという企画で行われたコンペがあって、

初回の春の陣ではうちのFiuggiチームが優勝したのでしたが、

今回はいささか苦戦を強いられています。

今の所僅差でトップの座は保っておりますが

その座を危うくしてくれているのが他ならぬKotaroさんのチームなのです!^^;

 

昨日も3位に入賞なさって、アイキャッチ画像はその授賞式の様子です。

 

ラウンドが終わっていささか疲労困憊していた私を見つけて

声をかけてくださったのがKotaroさんでした。

お互いネット上で顔は知っているので初対面という気がしないようでもあり、

または知っているタレントさんに初めてあったというような妙な興奮があり、

何やら妙な心境でした。

 

彼には可愛い息子さんがいらして、私はKotaroさんのblogを通して

息子さんがごく小さい頃からのいろいろを知り尽くしているので

実際にあえてハグで来て本当に嬉しかったです。

 

今年Kotaroさんはスキー場で事故にあって膝をひどく傷められたこともあって、

我がチームの座を脅かしてくださっているのは悔しいような

でもどこかで彼の故障からの復帰を喜んでいるような微妙な気持ちです。

 

決勝戦は11月1日。

さて、どういう結果になることでしょう。

どういう結果になったとしても大切な友人が数人増えたということには代わりはありません。

 

 

San Silvestro

あせった、Youtube 昔は埋め込みコードで貼り付けることができたのに、今はアドレスで貼りつけ完了。

より簡単になったけれどそれがわかるまで元旦から悩んだよ。(ぶつぶつ 。。。  その後もぶつぶつは続くけれどそれは又の機会に)

 

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いします

 

いきなり花火で驚かれましたか? 未編集で見難いですがカオス状態がより伝わると思います。(笑)

昨夜はローマにいました。

元旦から仕事の予定が入っていたPaoloを田舎に呼び寄せるのではなく、私が料理を持って行ってきました。

  1. -カタクチイワシとバカラ(タラの塩漬けをもどしたもの)の天ぷら
  2. -かぼちゃのスープ
  3. -ボッタルガ(からすみ)のパスタ(もちろんパスタはPaoloのアパートに行ってから調理)
  4. -バカラとじゃがいものトマトソース煮
  5. -レンティッキエ(レンズ豆を巨大な腸詰めと煮込んだもの)
  6. -ザクロ(年を越す時にザクロが家にあると縁起がいいと言われているため)
  7. -パネットーネ
  8. -モスカートのスプマンテ(甘口)
  9. -ジェンサーノのパン

以上を配達?(笑)

1990年まではローマに住んでいましたが、あの頃どのように年越しをしたのかあまり思い出せません。

おそらく着飾って友人や義妹たちとパーティー騒ぎだったと思います。

でも、広場でカウントダウンなんかしなかったような???

だから花火もあまり覚えていないのです。

息子が生まれて田舎に越してきて、12月27日生まれの息子がやっと1歳になったばかりの時に

アパートの広いベランダいっぱいに花火を並べて打ち上げたのは昨日のことのように覚えています。

数万円もの花火を買いにPaoloと花火屋さんへ行ったのでした。

「無駄遣いだなぁ」と内心思っていたけれど、こちらにはこちら風の年越しがあるのだし息子の初めての年越しだし。

その後は、そんなに浪費することはなくなりました。

息子が自分でも触りたくなると大きな花火は危ないですからね。

 

昨年(2016年)息子はローマへ、我々老夫婦はいつもどおりの夕食をとって年越しを待たずにさっさと寝てしまったそうです。

これもうろ覚えの私にPaoloがそう言っていました。

で、私には静かでいい年越しだったのですがPaoloには一抹の寂しさがあったそうで、今年はやっぱりイタリアらしい年越しをしたかったようです。

 

そこで、アパートで遅めの食事を済ませて、パネットーネとスプマンテを持ってジャニコロの丘(ローマが一望に見渡せる丘です)でそこに居合わせた人たちと乾杯をして、眼下に見えるローマの花火を見ながら年をこすことに決めてでかけました。

いざ、ジャニコロの丘についてみるともう車がギュウギュウ詰め。身動きが取れない状態だったのでPaoloがすぐに予定を変更してかなりマイナーだけれどやっぱりローマの街を眼下にサン・ピエトロ寺院の大クーポラを目の前に見られる場所に移動しました。

ジャニコロの丘を後にするとき「じゃぁ、自分たちだけでいられるところに行こう。」と言っていたPaoloでしたが、着いてみたらそこにも人がいっぱい。(笑)

で、すでに花火が始まっていました。

みなが花火に夢中でカウントダウンも無し。

気がついたら0時4分慌ててスプマンテの栓を抜きました。(笑)