またダイエット中

15年くらい前に、通っていたジムの専属の栄養士さんの指導のもとに、

ダイエットに大成功したことがありました。

ジムでは、かなりきつい運動もしていたし、いくつかの機械を使ったり、

スチーム風呂などの美容面からのサポートもセットになっていたので成功したのだと思います。

ジムのスタッフが、今年一番の成功例だと褒めてくれたものでした。

でも、その後に更年期うつにぶつかり色々あって、

すっかりもとに戻っただけじゃなくどんどん太ってしまいました。

 

強いて弁解させていただくとすれば、

わたしには、甲状腺機能低下症があるのでどうしても太ってしまう体質らしいのです。

そのための治療を2年ほどしていましたが、3ヶ月ごと?だったかの検診や、

毎日の投薬が面倒で放置してしまいました。

とにかくなんの自覚症状もないのですから。(汗)

 

で、ゴルフに出会ってから1年ほどで楽しみながら8kgも減量できてラッキーだったのですが、

手引のカートから電動カートになり、少し上達すると歩く距離もやや少なくなり、

ここ2年の武漢肺炎まつりで閉鎖期間があったり、自己規制して行かなかったりで、

いよいよBMIが、「ノーマル」から「やや肥満」に移りそうになったので、

もう一度いちからダイエットをすることを決心しました。

 

個人的には、これまでも色々とやってはいましたが、どれも良い結果は得られずじまい。

糖質ダイエットはもう20年くらいしているつもりですが、

それは甘いものを食べない、コーヒーに砂糖を入れないというだけで、

アルコールが好きなので、そっちから結構とっているでしょうし、和風の煮物にもつい使っていました。

でも、ステビア(ステビアという植物から作られる甘味料で、甘さは砂糖の200倍以上と言われる)

に出会ってからは、煮物にも砂糖は使わなくなりました。

 

炭水化物ダイエットも心がけていましたが、あまり効果がなかったように思います。

というか、後で書きますが、返って私にはいけない面があったようです。

でも、同じ方法ですっかり痩せてしまったパオロの会社の若い社員さんがおられるので、

個人差がある方法なのだろうと思います。

 

もう一つは、16時間断食というもの。

夕食から翌日の朝食までに16時間の間隔を開けるという方法。

最近これを推奨なさっている先生方が多いように見受けられます。

 

以上のようなメソッドを取り入れてそのつもりになっていましたが、

結果が伴わないのでは致し方なく、専門家の門を叩きました。

約1時間かけてじっくりと私の生活習慣や好みやアレルギーのことなどを聞いていただいた上で

3日後、以下のようなメニューが送られてきました。

NAITO KEIKO

基本的には私が目指していた方法はほぼ悪くはなかったのですが、

先生のメニューにはしっかりパンやパスタが入っています。

ただし、全ては玄麦パンであり玄麦麺と玄米です。

私が魚好きなので、朝食のメニューにも魚が入っていたりします。

イタリア人には考えられないメニューだと思うのですが、

この先生は、かなり知識の幅があるようで、和食のこともよくご存知です。

そして、我々日本人が小麦に弱いというようなことも認識なさっていて、信頼できそうです。

 

メニューは大きく2タイプに分かれています。

それはゴルフに行く日とそうでない日(笑)

ゴルフに行けば、14.000からときには20.000歩以上も歩きますので、そこそこ良い運動になります。

でも、行かない日は4.500から7.000歩くらいしか歩きません。

ただ、ゴルフ中にはちゃんとした昼食を取れないので、

朝食をたくさん、昼食は鳥の餌並みです。(笑)

行かない日は、朝食は軽く、お昼にしっかりと豆類を食べさせられます。

夕食はどちらも、ほぼ同じです。

 

ビールは固く禁じられ、飲むなら200ml、普通は小瓶でももっと入っていますよね?

ところがある日、見つけたのですよ200mlのビール!

デミタスカップと比べると大きさ、小ささ?がおわかりでしょう。^^

ボトルが可愛くて買ってしまいましたが、2本飲んでしまうこともあるので一度っきりにしました。

 

ビールに比べたら赤ワインは多少飲んでも、良い面があるということで

コップ一杯を許されています。

先生はもしかしたら日にコップ一杯とおっしゃったつもりなのかもしれませんが、

私としては一食に付き一杯と解釈しています。(笑)

そして、ノベッロも出てきた今、一杯では収まらないことも。(汗)

 

とにかく、一ヶ月後の検診では3kg,痩せることができていて、先生はおお喜び。

私自身よりも喜んでおられるようでした。(笑)

現時点で、1月半経っていますが、今の所あまり変化はありません。

メニューも最初のとおりです。

 

ま、太るのも徐々に太ったのだから、痩せるのもゆっくりとですね。

この先生に教えていただいたことで良かったと思えるのは、

玄麦パンやパスタのおかげか、下痢が止まったということです。

炭水化物をほとんど取らないとプロテイン過剰で、下痢を起こしやすいようです。

下痢というほどではないかもしれませんが、朝何度かトイレに行くことが多く、

出かけるときには用心のために下痢どめも服用することがしばしばでした。

 

あとは、Tahina つまり「練りごま」と、

Olio di cocco 「ココナッツオイル」を教えてくださったことです。

Tahinaは東南アジアの食材売り場にあるので、

もしかしたら日本のものとは若干違うのかもしれませんが、私にとっては朗報でした。

ほぼマヨネーズの代用になります。

ココナッツオイルも好みによるでしょうが、さほど香りも気にならないし、

肌や髪の毛にも使ったりしています。

 

一人暮らしではつい手近なものをササッと食べていましたが、

玄米はすぐには炊くことができないし、

メニューにある食材を探さなければならないので、

自分の食に関する自覚が高まったといいましょうか、

つねに、意識して下準備などを整えるようになりました。

なんと!

昨日は納豆もできたのですよ。

下準備から3日間、気の長い話です。

驚いたのは、納豆菌がイタリアのAmazonで買えてしまうということです。

まさかと思いながら検索したところ、ヒットしてドキドキしました。

その他、米麹、大豆、ワカメ、大根と白菜の種、

こういったものをすべてAmazon で揃えました。

隣ん県まで出かけていって探しても見つからなかった物たちです。

 

 

でも、ダイエットに一番大切なのはやはり運動ですね。

先生のメニューにほぼ忠実に従っている私ですが、ゴルフに行った日の翌日は体重が減っていて、

そうでない日の翌日は体重が増えています。

つまりゴルフに行かない日にも、何がしかの運動をしていく必要があるということです。

庭仕事で、かなりのカロリーを消費しているつもりですが、有酸素運動とは違うのでしょう。

 

とりあえず、モチベーションアップのためにまたスマートウオッチをつけることにしました。

以前のものが充電できなくなってしまったので、Amazonで、最初に目に入ったものをゲット。

詳しい内容は二の次、万歩計がついていればよかったのです。(汗)

でも、結構いいのがあたったようで、心拍数や血中酸素濃度なども測れます。

結構ひどいアレルギーなので、腕時計のベルトが嫌なのですが、

この時計のは、今のところ不快感がありません。

メッセージも受け取れるし、天気予報も見られるし、

35ユーロにしてはなかなかのツワモノです。

 

ここに来て、若干の問題発生!

ゴルフ場への道の工事で、2週間そこを通れなくなってしまいました。

土日は工事がお休みなので通れるそうですが、5日間家にいるとまた体重が増加しそうで怖いです。

Keiko

italia-keiko.net

1985年、ローマに恋をして住み着いてしまった私。でも人の生活はどこでも同じ。 泣き笑いはどんな言葉を話していても同じ。だったら楽しく生きたいね。

またダイエット中」への4件のフィードバック

  1. 若者は美容のためにダイエットをしますが、我々のダイエットは健やかに生きるためですので、美容家などではなく医療の専門家は必要だと思います。
    体質も環境もひとりひとり違うので簡単に答えが転がっていないものですね。
    何にしても、大切なのは継続でしょう。
    スマートウォッチは良い仲間になってくれそうですね?
    私も一度使ってみたいと思っています。
    でも普通の時計ができなくなるのが嫌で(左腕は1本しか無いのだ!)スマートウォッチは未だ買っていません。
    時計好きなんだもん^^;
    日本では健康上の理由で日本酒があまり飲めなくなった場合、焼酎に頼る人が多い気がします。(主に田舎のオジちゃんたちね)
    日本で言う発泡酒とか第三のビールとかは、イタリアではどうなのでしょうか。

    1. 最初の写真にあるように普通の時計機能ももちろんついていますよ。
      高級な時計が好きな方には不向きでしょうが、文字盤も色んなタイプから選ぶことができます。
      Apple watchには、健康管理機能はついていないのでしょうか?
      Googleがつい最近出したものにはそういう機能もあるようです。
      まだイタリア国内では販売されていないので、イギリスから息子が取り寄せていました。
      それがあるとスマホを持たないでも外出できそうだということです。

      ウオッカやジンのほうが体に優しいと聞いたことがあります。
      イタリアの田舎のおっちゃんは、なんといっても手づくりワインでしょう。(笑)
      勝手に発泡しちゃうのもあるし。(爆)

  2. いたりあの食事は日本食に比べてオイリーでハイカロリーだから体重が増えるのも仕方がないのでしょうね。
    Keikoさんは上背があるから少々増えても大丈夫ですね。
    今は日本食の材料も手に入りやすくなってるのですね。
    納豆はここ25年ほど骨のために毎晩食べています。

    スマートウォッチ、Keikoさんは時代の先端を行かれますね。
    もう時計をしなくなってから半世紀近くなります。
    一体型歩数計カロリー計はスマホの4分の1ほどのおおきさのをポケットに入れています。

    先日、ゴルフの記事にコメントしたのだけどどこかへ行っちゃったかな。

    1. >先日、ゴルフの記事にコメントしたのだけどどこかへ行っちゃったかな。
      Toshiさん、ごめんなさい!!!
      ローマ字の名前はスパムに振り分けられてしまうのです。
      そこで、名前を確認しながら消していくのですが、間違って一括削除してしまいました。
      もしもよろしければ、もう一度コメントお願いいたします。m(_ _)m

      私も腕時計は、そもそも嫌いで仕事以外ではつけたことがなかったのですが、
      スマートウオッチには便利機能満載で負けました。(笑)

      >納豆はここ25年ほど骨のために毎晩食べています。
      やはりToshiさんはしっかりと最新の情報を取り入れておられますね。
      納豆は朝の食物のようですが、夜に食べたほうが良いそうで、私も最近はそうしています。
      2回目は、更に美味しくできました。
      というか最初のよりもたくさん糸を引く感じです。^^
      怠けないで、これからも作り続けなくては。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください