リッラ(Lilla)

リラ

はい、リラです。^^;

今の家の先住植物(我々が来る前からいた)です。

でも、

2009年の写真で、こんなにも小さかったのですよ。

リラ

何度も枯れたかと思ったものでした。

それが気がついたら、私よりもうんと背丈が伸びて、

なんと花をつけているではありませんか!

たった3房ですが、嬉しいこと!

 

“リッラ(Lilla)” への14件の返信

  1. ライラックというのはフランス語なのかな?
    これもうちの家のそばに咲いてます。
    お買い物の途中にあるお家なので、咲いてると立ち止まって見ます。
    そこのお家のは白いの。

    リラを見るとある歌を思い出す。
    五輪真弓さんの曲なの。
    ♪リラ~の花は春~を告げる花~
    ふふ、これも検索してみて。

    1. ああそうだ、ライラックねぇ。
      女学生の頃、やたらとこの言葉が気に入って、
      何か書くたびに使ってた覚えがあるわ。(汗)

      リラは色の名前としても使われるから、これも白だと全く違っちゃうね。^^

  2. 昨日は山吹で国語と理科のお勉強をしちゃいました(^^)
    いろいろな人とお話するのは良いですね。
    今日は私もひとつ知っているものがあります。
    渡辺淳一「リラ冷えの街」
    学生時代に札幌でライラックを見てほぉぉ〜と思ったものでした。
    さて、今日も「五輪真弓=恋人よ」の私はYoutubeへ音楽の勉強に行ってまいります!

    1. 加藤さん

      ちなみに曲名は「春便り」です。
      初めて聞いたときは真弓さんの語りに気恥ずかしく思ったものでした(笑)

      1. ありがとうございます。
        Youtubeでは部分的にしか聞けませんでしたが続きは「淡紫の〜♪」ですね。
        初めて聞いた気がします。
        こんなに歌の上手な人だったっけと今更ながら再確認しました(^^)

      2. 聞いてみたけど、語りがなかったなぁ???

        私の抱いていた五輪真弓のイメージとは偉い違った。(汗)

    2. >いろいろな人とお話するのは良いですね。
      そのとおり!

      >「五輪真弓=恋人よ」
      あはは…私の場合「五輪真弓=少女」なの、これも検索してね。(笑)

  3. リラの花・・・
    懐かしい響きです。
    昭和20生まれの私にとってリラは絶対「上海帰りのリラ」です(;^ω^)
    この歌は1951年私が6歳の時ですが毎日ラジオから聞こえていて今でも歌えるほど覚えています。
    可愛らしいリラの花の話なのにカビの生えた話でごめんなさい(-_-;)

  4. 違った!
    上海帰りはリルだ!
    上のコメなかったことにしてください(-_-;)

    1. キャハハ、「上海帰りのリラ」は知らないなぁ、検索だ!
      と思った瞬間にこのコメントが見えました。

      「上海帰りのリル」なら私も知ってるよぉ。ディック・ミネだっけ?^^

  5. 検索しました。
    デビュー曲!?
    なんて渋いデビュー曲でしょう、びっくりです。
    すごい人ですねぇ。

    1. 「少女」を聞いてくれたのかな?
      良いでしょう?
      まだあまり有名じゃなかったけれど、私はハマっていたのでした。(笑)

  6. 「上海帰りのリル」は津村健です。
    ディック・ミネの「夜霧のブルース」が大好き♪
    古い話で恐縮です(-_-;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください