2年越しの宿題

ヘレボドライ

 

去年の今頃だったかなぁ。

咲き終わったヘレボのウインターハーディを、

ドライフラワーにしてみたとお伝えして、

一部の友人(はっきり言おうhitomiさんでした、(笑)

から、「期待してるから、できたら見せてね。」

というコメントをいただいていたのですが、

できたのに、管理が悪くてカビが発生。

 

で、今年リベンジ!

今年は咲き終わりまで待たずにその機会は訪れました。

というのも、きれいに咲いている盛りに、

強風で鉢がひっくり返ってしまい、無残な姿に。

で、なんとか救えるものは、切り取ってドライにしたのです。

最後に一輪だけ、つい最近まで咲いていましたし、

株は元気で、今きれいな葉っぱを茂らせていますのでご安心を。

 

はい、できました!

ヘレボドライ

フラッシュを使ったら色がきれいに残っていました。

ヘレボドライ

来季は、覚えていたら、他のヘレボも挑戦しようかな?

Keiko

italia-keiko.net

1985年、ローマに恋をして住み着いてしまった私。でも人の生活はどこでも同じ。 泣き笑いはどんな言葉を話していても同じ。だったら楽しく生きたいね。

2年越しの宿題」への4件のフィードバック

  1. わぉっ!!
    すごくきれいにできましたね。

    きれいな盛りに切ってしまうのはかわいそうだけれど 風のいたずらだったら仕方ないし~~~そしたら きれいなドライにしてあげたら
    ウインターハーディもきっと幸せよ。

    長く楽しめて 嬉しいわね。

    1. hitomiさん、やっと約束が果たせて嬉しいです。
      茎の感じから、ドライにはどうかな?って思いつつやったんですが、
      先日ある園芸番組でも、
      「ドライにできますよぉ」って言ってたわ。(笑)

  2. へぇぇ〜、こうなるのですか。
    良いじゃないですか、お洒落じゃないですか。
    こういうの「シャビー」って言います?
    インテリア用語では、アンティーク調のお洒落な味わいのある、という意味だったと思うのですが・・・。

    1. >こういうの「シャビー」って言います?
      それは知らないけれど、だいたいバラでも何でもドライにするとこういう感じになるよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください