トラロス

安倍首相が突然退陣なさったときも、

とっても驚くとともに、なんとも言えない焦燥感に見舞われましたが、

ご健康上の理由ということで、納得せざるを得ませんでした。

 

今回、トランプ大統領を失ってのトランプロスは、

安倍首相のときよりもさらに大きいです。

それは、何よりも、「正義は勝つ」と子供の頃から教えられていたからです。

不正に選出された大統領など何の意味がありましょう。

 

その不正に、立ち向かう術は沢山あった。

その不正を暴く多くのチャンスがあった。

にもかかわらず、国民の安全のみを最優先させた結果、

こういうことになってしまった。

 

それを、現地取材もしないで、民主党の機関誌に成り下がった

アメリカの大手メデイアの報道をただコピペする日本の報道。

(見たことはないのですが、漏れ聞くとともに、想像に硬くありません。)

 

現地アメリカに住む日本人の言葉にこういうのがあった。

「今の気持ちは…例えばKKが天皇になったような気分です。」

そうでしょうとも!

そんなことがあってはならないのです。

そして、今でもきっと「正義は勝つ!」と信じていますし、

約束をすべて果たしてきたトランプ氏が、

「何らかの形で戻ってくる、近いうちに合いましょう。」

と、おっしゃっているので、そうなると信じてはいます。

ただ、あまりにつらい待機時間です。

トランプファミリー

 

 

“トラロス” への4件の返信

  1. >例えばKKが天皇になったような気分です。

    keikoさんご存じでしたか?
    困ったものですね…
    テレビ、メディアなどは忖度して、全然取り上げません。
    Yahooニュースで、時々女性週刊誌が持ち上げた事を書くと、それに国民だけが反論していると云う感じで、このままでは結婚まで行くのかしら… 宮内庁も大失態です。 情けないです…
    伊吹さんも言って下さったのに… その後が続かない…

  2. 虎ノ門を見ているので…、竹田恒泰氏がいつも嘆いておられますよね。(笑)

    諸外国の王家は、よくスキャンダルに見舞われていますが、
    我が皇室には、できればそういうことがないように願いたいです。
    世界で一番古い由緒ある系図なのですから。

    あと、女系天皇の間違いというか、あってはならない点も、もっと多くの国民に説明すべきですね。
    ただ、国会議員でさえ、そのあたりを理解していないようで不安です。

  3. 竹田恒泰さん好きです(笑)彼が率先して皇室関係、メディアに働き掛けてくれれば良いのに… このままズルズル結婚まで持ち込めば 世も末です!

    1. うわぁ、ごめんなさい。
      返事がすっかり遅くまりました。
      ゴルフ再開で、疲れが。。。

      竹田恒泰さんが言っておられる、元華族の復活か、元華族からの養子縁組で、後継者問題は事なく解決するのですが、皇室のことなどどうでもいい博識者と呼ばれる連中たちのせいで、無駄な時間を費やしていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください