前半最後のシニアコンペ

本格的に暑さが厳しくなってきたここイタリア。

シニア達のコンペは、9月半ばまでお休みになります。

休み前の最後のコンペは、毎年ローマに比べて少しは涼しいFiuggiで行われます。

この所調子が良いので今日もできればいい成績で終えたいなと思っていました。

あいにくいつもいっしょにプレーしている友人が、体調が悪くて参加できなかったので、若干の不安はありましたが、一緒にラウンドした初対面の男性二人はとっても感じの良い方々で、緊張せずにプレーができました。

で、滑り出しは良かったのですが、5ホールでは池ポチャで0点、また8ホール、9ホールと続けて0点。

ちょっとトラウマが頭をよぎりましたが、10ホールで持ち直し、終わってみたら34点とそこそこの成績でした。

今日も一つおかしなことがあって、私が計算した合計は34点、クラブハウスの電光掲示板には32点とでていたらしくて、それを見た友人が集計室へ行くように勧めてくれたので、行ってみたら1ホールで2点獲得していたのに、記録者の数字の書き方が悪くて、支配人は0点だと思って記入していたのでした。

プレーヤーと記録者とのスコアを照合するとすぐに正解がわかり、2点は無事に私の成績に加算されて、私が合計したとおりの34点となり、めでたくカテゴリーでの第1位になりました。

ちなみに、2位の方の成績が33点、もしも私が支配人の間違いを知らずにいたら1点差で2位になっていたところでした。

ま、1位でも2位でも良いのですが、間違いは間違いですからね。(笑)

プレー中にも木に当たったボールがコースに戻ってきたりして、幸運に恵まれて今日も受賞できてほんとうにうれしいです。

出発が早かったので、全員のプレーが終わるまで、下の写真のようなところで待っていました。

まだ、ご覧のように安全距離を保っていますが、屋外なのでマスクは無し、クラブハウス内はまだマスク着用に一応なっています。

 

風景2

風景

“前半最後のシニアコンペ” への8件の返信

  1. 優勝おめでとう!
    このところあがってみればいい成績で嬉しいですね。
    運も実力のうち。
    ますます頑張ろうって気になるでしょう。
    それにしてもスコア間違いは勘弁ですよね。

    1. 今まで、スコアの間違いなんて疑ってみたこともないので、これからはしっかりチェックしなくちゃと思いました。

      >運も実力のうち。
      特にゴルフには言えますよねー(笑)

  2. 1位おめでとう!!!
    凄いね~、素晴らしいわ。

    安定してるね、秋の再開が楽しみだね^^

  3. おめでとうございます。
    スコア入力違いは、僕も一度経験あります。それ以来、可能な限り、入力し終わるまで待って、確認するようにしています… 賞に絡みそうな時はもちろん、virgolaギリギリの時は特に!

    1. ゴルフに無精は禁物ですね。
      私は至って無精者なので、時々スコアの集計を全くしなかったり、
      持っていったバストーネがふさわしくなくてもそれを使ってしまったり…
      そのあたりをもっと真面目にこれからはやっていこうと思います。(汗)

  4. 「記録者の数字の書き方が悪くて」?
    0と2をどう書けば間違えるのでしょう。
    職場で郵便物などを見ていると、書いてある名前の漢字がどうしても読めない人が時々います。
    偏なのか何なのか想像もつかない渦になっていたりします。
    アルファベットの国でもとんでもない字を書く人がいるのでしょうねぇ?

    1. ごめんなさい、説明不足でした。
      端折っていうと7とXの間違いでした。
      H1は、パー5で、しかもホールの難易度が高いので、
      私はもしも7打で上がると、とっても上手な方がパーであがったと同じ勘定になるのです。
      詰まり、パーで2点獲得。
      ところが7という文字をこちらの方は日本人のようには書かないので、Xと見間違ったというわけです。
      Xというのは9打以上叩いた時に言うことで、つまり0点なのです。
      このあたりの説明がややこしいと思って端折ったら余計分かりづらかったですね、ごめんなさい。
      スコアカードには打数を記入するのであって、それをあとで何点か計算するのです。

      いつかゆっくり説明しますね。(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください