表彰式のない公式コンペ

ラツィオ州での今年初めてのシニアの公式コンペが今日、ローマのParco d’Mediciというゴルフ場で開催されました。

(男女とも50歳以上からこのクラブに参加できるのですが、可怪しいですよね、50歳でシニアだなんて。(笑))

イタリアでは武漢肺炎が急速に蔓延していて、サッカーの試合も観客無しでやるとか、人の集まるイベントはすべて禁止、学校も春休みを前倒しにしてすでに休校、今日のコンペも危ういところでしたが、ゴルフは屋外でやるスポーツ、しかも個人競技でサッカーのように人がぶつかり合うこともないので許可されたのでしょうが、参加者達は戦々恐々もちろん誰もハグはしないし、ラウンド後の握手もない。

そして、なんと!

試合後の表彰式までおあずけ!

表彰式だって、ただ賞品を受け取るだけで手も触れ合わないのにね。

いつもならその表彰式の後に簡単なディナーというか食事も用意されていて、参加者たちがその日の出来具合を話しながら旧交を温めたりする場なのに、なんだかとっても寂しいコンペでした。

とりあえず、私と一緒に行ったVittoriaさんとふたりで、ビールで乾杯していたら

韓国人のPaoloさん(洗礼名)が通りかかりました。

彼はこの日のコンペには参加していませんが、このゴルフ場にプレイに来ていたのでしょう。

その彼と私、つまり韓国人と日本人はイタリアでほぼハグ状態、

でも、周りの目を気にして簡単な握手で済ませたというおかしな状況。

イタリア人たちは国のお達しに忠実というか、心底武漢肺炎を怖がっているからなのか、本当に2m以内に近づこうとしないんですよ。

なんだか日本人の私のほうが、こういう挨拶の仕方に馴染めないというか変な感じです(笑)

 

 

7 Replies to “表彰式のない公式コンペ”

  1. 今朝の新聞でも、イタリアのハグや握手の中止のニュースが載っていました。
    もう疑心暗鬼になってしまいますよね。

    表彰式のないコンペ。
    気の抜けたビールみたいなものでしょうね。
    プレイしている選手も応援がないと今ひとつ甲斐がないでしょうに。
    私もKeikoさんと同じようにハグや握手は気にせずするだろうな。

    日本でもツアー中止や無観客での試合が行われています。
    いつまで続くのでしょう。

    昨日見たネットニュースで、お医者さまが日本では毎年冬に1万人もの人が肺炎で亡くなってることを思えばコロナでの死亡率は低い。
    マスコミがあまりにもコロナに焦点を当てて煽りすぎてると言っていました。

    用心に越したことはないけれど、過敏になりすぎるのはどうなのかしら。
    でも、やっぱり出来る予防はしなくちゃいけないのかな。
    加減が難しいです。

    1. >プレイしている選手も応援がないと今ひとつ甲斐がないでしょうに。
      これは、下の
      >日本でもツアー中止や無観客での試合が行われています。
      の後に続きます。

      何故か変なところに挿入されてしまいました^^;

      1. どうぞ気になさらずに。
        コンペでだってすてきなパットが決まったり、バーディーをとったりすると抱き合うシーンがよくあったんですから。(笑)

        武漢肺炎に関しては、まだ真相が解明されていない、ワクチンができていない、というあたりが不安でいろいろと世間を騒がせているようですが、(当初は中国が武器として開発したものかもしれないというようなことも不安を煽りましたが、そしてそれはまだ払拭されていませんが)
        死亡率などの点から見れば普通の風邪ぐらいのようですね。

        どちらにしてもここ1,2ヶ月が山場のようで、なんとか負けない精神力で乗り切るしかありませんね。

        >表彰式のないコンペ。
        気の抜けたビールみたいなものでしょうね。

        全くおっしゃるとおりです!(笑)

  2. 本当に困ったものです。
    新コロナそのものも、過熱気味でバイアスがかかった報道も、そして利用して一儲けをしようとする輩も。

    私が参加する小さな仲間内コンペでも、ラウンド後の結果発表は中止、成績のみweb上で発表するそうです><

    私は普通通り外食したり出かけてるけど、一切外食はしないという人も居ます。

    1. なるべく普通の生活を維持したいよね。

      こちらはSARSだっけ?のときはニュースにはなってたけど、こんな事なかったんだけど、やっぱり急に感染者が増えたからかな?

      なんだか知ったかぶりして皆を怖がらせているのがこっちにもたくさん居るわ。

  3. なんで急に北イタリアで武漢肺炎の罹患者が増えたのかしらと不思議でしたが、昨日のネットニュースで知りました。ミラノなど近郊3州に80年代から中国移民の人達を受け入れて、その人達が春節で中国へ帰り、戻って来たら罹患者が大勢居たようですね… 、
    ローマまで下りて来ないようにお祈りするばかりですね。  京都も今のところ分かっている陽性者3名、大阪のライブハウスでの感染者。観光客も少なくなって、宇治塔の島のお花見会も中止… どうなることやらと思います(泣)

    1. あらぁ、やっぱりそうでしたか。
      つまるところ、昨年の12月はじめには武漢で、すでにことが起こっていたのに、当局がひた隠しにしていたからこういう状態になったのよね。
      それを今や日本のせいにしようとしているようだから全く開いた口がふさがりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください