逃した魚?

逃した魚はおおきいといいますが、まぁ私にとってはさほどでもありません。

でも、ちょっと普通ではない顛末なので簡単にご紹介。

 

日曜日、(15日)またコンペに参加しました。

出来はあまり良くなくて29点。

いつも言っているように30〜36点が合格点。

もちろんそれ以上はいくらでも良いのですが、上だとハンデが下がります。

29点はもっと上のカテゴリーの方ならハンデが増えてしまいます。

ただ私のカテゴリーでは変化なし。

合格点ではないけれど、まぁ27点ぐらいから何某かの特別賞を手にする可能性がでてきます。

 

で、この日の特別賞はまさに特別で、

コンペの主催者が、亡き奥様に捧げたコンペなのです。

そこでファーストレディー賞にはいわゆる宝石類の賞がでます。

ちなみにその他の賞はすべてワインの木箱入り詰め合わせセットでした。

私は宝石類を全くつけないので興味がないのですが、

なんと、表彰式が始まるまで私がその賞に当たっていたのでした。

 

この日も何人かの女性が参加していたので最後の女性がプレーを終えて帰ってくるまで

結果はわからないのですが、すべてが終了したあとも私の名が残っていたので

そろそろ本気になって洋服も着替えて戻ってきたら、

私をかわいがってくださるスターターの方から「残念だけど君じゃないんだよ。」とのこと。

 

結果発表のビデオの画面には私の名が載っているのにへんねと思っていたら、

結果が可怪しいと思ったFさんが審査室に言って確認したら

最後の18ホールをパーであがったのに、記録した方の数字の書き方がおかしくて

審査員が4のところをXと勘違いして計算したからだとのことでした。

 

こちらの方々の文字も数字もそれは読み難いものなんです。(笑)

で、彼女が30点でその賞を獲得なさいました。

1点違い、13ホールで最後のパットをいい加減に打ってしまったことが響きました。

気を抜いてはいけないということですね。

 

最初に言ったように私は宝石には関心がないのでFさんが受賞してよかったと

心の底から思ってはいるのですが、

手抜きというか、自分の態度、戦いぶりににちょっと反省。

30点なら合格点だったのだからね。

これからはもっと気をつけます。

(と言いながらいつも同じ間違いをしているのだけれど)

 

木曜日にはシニアのコンペでカテゴリーの優勝を果たしました。

34点でハンデは下がりませんでしたが、カテゴリーの1位は昨年の10月13日以来!

2、3位の方のより小さかったから問い合わせたら彼らのはメッキ、これは銀製だそうで(汗)

  (嬉)

 

1985年、ローマに恋をして住み着いてしまった私。でも人の生活はどこでも同じ。 泣き笑いはどんな言葉を話していても同じ。だったら楽しく生きたいね。

11 Comments

  1. まみる
    18/09/2019

    わ~おめでとう~
    次々うれしいお話しが入ってくるわね。
    逃がした魚もちょっとの差だった、惜しかったね。

    宝石をつけなくても、見てるだけで心もキラキラして来ると思うんだけど(笑)
    大きな深い谷底からの復活かな~

    返信
    1. Keiko
      18/09/2019

      >大きな深い谷底からの復活かな~
      そうね、それが一番嬉しい。

      宝石はやっぱり身につけてこそ価値があると私は思う。
      だって「宝の持ち腐れ」って言葉もあるしね。(笑)

      返信
  2. 青花
    18/09/2019

    おめでとう!!
    先日のダブル優勝といい、今回といい、とても嬉しいニュースです。

    そして安心できるニュースです^^
    私たちとの訪問がリズムを狂わせたのでは?とちょっと気がかりだったから^^

    おめでとう!!
    宝石は行くべきところに落ち着いたってことかな・・・
    でも手応えのある結果で良かったね。

    そして、その次に銀の写真立てが。。。。
    髪の采配かな?^^

    返信
    1. Keiko
      18/09/2019

      あはは…あの日は全く格好つかなかったからね。(汗)

      ご心配なく、ミスしても
      あの、スイング自体が怖かった日々に比べたら軽い軽い。

      返信
      1. 青花
        19/09/2019

        良かったなりぃ~^^

        ありゃ!神の采配が 髪になってった><

        返信
  3. Yuko
    19/09/2019

    優勝おめでとう♪
    素敵な銀のフレームね。

    本当にイタリアの方(欧米全般?)の手書きの数字とアルファベットは読めない~~~

    返信
    1. Keiko
      20/09/2019

      ありがとう
      本当にね、個性があると言えばいい感じだけれど
      ちょっとは共通性をもたらしてほしいわね。
      特の医師たちの書く処方箋は薬局のひとにしかわからないのよ。(笑)

      返信
  4. 加藤
    19/09/2019

    私も欧米の数字などはなんで読みにくいのだろうと思っています。
    でも最近気が付きました、フィリピンの数字の書き方もかなり面白いです。
    スリランカあたりのアルファベットも「G」とか個性的で目が泳ぎます。
    欧米だけでなく実はアジアも似たようなものとなると、本当は世界の中で「日本だけが飛び抜けて変」なのではないかしらと疑い始めました。
    世界で多数決をやったら数字の書き方ヘンテコNo.1は日本だったりしたり・・・とうことはない?^^;

    返信
    1. Keiko
      20/09/2019

      >世界で多数決をやったら数字の書き方ヘンテコNo.1は日本だったりしたり・・・とうことはない?^^;
      そうかもしれませんねぇ。
      確実に少数派でしょう。^^;

      返信
  5. Toshi
    20/09/2019

    おめでとう~。
    素敵なフレームだこと。
    こういう記念の商品は嬉しいね。

    復調されてるようでいいニュースが続きますね。
    宝石は惜しかったけれどまたの機会にね。
    パットは、やはり一番悔いが残りますね。
    それも優勝がかかってるとなると。
    10cmも一打、5mも一打。
    重いですね~。
    次回は是非、宝石もゲットしてください。

    返信
    1. Keiko
      20/09/2019

      ありがとう!
      パットが決まると本当に嬉しいよね。
      チップインだとその難しいパットをしないでいいので余計嬉しいけれど。^^

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください