ほんのちょっぴりロマンチック?

先週の水曜日、ローマでPaoloと夕食をともにして

そのあと、前々から言っていた Jazz喫茶 とはもう言わないかな?

ライブでJazzが聞ける大人の集まる場所、日本ではなんと呼ぶのでしょうか?

とにかく、そういうところに行ってきました。

そういう場所に行くのは30年ぶりくらいです。(笑)

たいてい週末にはそこそこのバンドが入るけれど

水曜なので期待するなとPaoloが言っていたけれど、結構聞かせてくれる方々でした。

楽器を演奏しているのは皆、孫がいると思われる年齢層。

ボーカルのみ若い女性でしたが張りのある声でした。

 

2時間近くいたでしょうか。

どんなカクテルでもおまかせというバーテンもいて、

マンハッタンとマルゲリータを味わいました。

はい、どちらも私のです。

 

Paoloはウォッカのオン・ザ・ロックを2杯。

透明なお酒のほうが健康を害さないと学んだのでこのところ主にウォッカなのですって。^^

飲まないのが一番なのでしょうがこういう場所ではやはり多少飲まないと雰囲気がねぇ。

 

またぜひ行きたい!と思えるロカーレでした。

1985年、ローマに恋をして住み着いてしまった私。でも人の生活はどこでも同じ。 泣き笑いはどんな言葉を話していても同じ。だったら楽しく生きたいね。

15 Comments

  1. まみる
    17/03/2019

    わ~本当にロマンティックね~
    日本ではほぼ熟年カップルにはありえない?(笑)

    なんて言うんでしょうね…
    ライブハウス?
    野球のお仲間の娘さんが歌手をやってる関係で2,3度そういう場所に行ったことがあります。
    でも夫婦一緒だけど、他にもたくさん顔見知りがいらしてたから、ロマンティックとは程遠い(笑)

    離れて暮らしてるとより新鮮に感じるのかな~~~^m^

    返信
    1. Keiko
      18/03/2019

      投稿したあとで検索したらやっぱり今でもジャズ喫茶という言葉は健在みたい。
      我々のほかもほとんど中年のカップルだったよぉ。

      >離れて暮らしてるとより新鮮に感じるのかな~~~^m^
      新鮮というより喧嘩したらそのまま自分の家に帰ればいいので悪化は防げますね。(笑)

      返信
  2. Yuko
    18/03/2019

    ホント!まみるさんの言う通り!
    日本のカップルでは見た事ないわ。
    本当にステキです♪
    カラオケ(最近は行きませんが)とは大違いでジャズ大好きです!
    横浜では野毛や関内地区にジャズのお店がたくさんあり昔はよく行きました。
    ジャズにもいろいろありますが中でも私が好きなのはスタンダードジャズです。
    要するにド素人ジャズ好き(^^ゞ
    イタリアで聴けたらまた楽しいだろうな。
    KeikoさんCD持ってる?

    返信
    1. Keiko
      18/03/2019

      >横浜では野毛や関内地区にジャズのお店がたくさんあり
      今でもそのあたりは日本でも一番多い地域みたい。
      YukoさんにはJazzが似合う気がするなぁ。

      CDは今や聞く機会がほとんどなくなっているので持ってきてくれなくてもいいよ。
      気持ちだけありがたく頂戴しておきます。m(_ _)m。

      返信
  3. 加藤
    18/03/2019

    > 透明なお酒
    そういえば、日本の男性陣も高齢になると焼酎を飲む人が増える気がします。(※個人の感想です(笑))
    考えることは世界中同じなのでしょうか。

    食事の後に音楽を聞きながらお酒を飲むって、サイコーに優雅ではありませんか?
    映画なんかに出てくるような上流階級のマダムっぽいイメージです。

    返信
    1. Keiko
      18/03/2019

      >考えることは世界中同じなのでしょうか。
      Paoloは誰かに聞いたかネットで調べた結果だと思いますが。^^;

      >映画なんかに出てくるような上流階級のマダムっぽいイメージです。
      イメージと現実はかなりかけ離れていますが、まぁその気になればこういうこともあるわけで。
      次回はもう少しおしゃれしていってきまっす。(笑)

      返信
  4. hitomi
    18/03/2019

    ジャズ喫茶で ご夫婦でカクテル
    いいわぁ~~~~ 夢みたい!! 日本でもきっとそんなカップルもいるのでしょうけれど
    我が家には縁が無い(笑) 

    返信
    1. Keiko
      18/03/2019

      なんかね、こうして活字で読むとかっこよく思えるのよきっと。
      まぁ、日本よりは割と日常的にそういうことができるのがイタリアかも。

      hitomiさんたちだってロック歌手の両親としては縁がないと言ってないで
      どこかに出掛けてくださいな。きっとお近くにもあると思う^^

      返信
  5. 青花
    19/03/2019

    ウフフ、お二人で、良いではありませんか

    Keikoさん、歌いたくなったのでは?^^

    ほんと、夫婦でそういう場に出かけなくちゃね。

    返信
    1. Keiko
      19/03/2019

      はい、いつかこういうところでThis Mascaredeを歌ってみたいわ。

      >ほんと、夫婦でそういう場に出かけなくちゃね。
      そおうよぉ、青花さんたちはちょくちょく海外にも行くのだからチャンスは多いと思う。

      返信
  6. Emillia
    21/03/2019

    素敵!^^ KeikoさんThis Mascarede歌うんだ~
    聞きた~い! カーペンターズとかボサノバとか洋楽良いですね^^

    返信
    1. Keiko
      21/03/2019

      私が歌ったらビールの空き瓶が飛んでくるかもしれないけれど。(笑)
      カーペンターズ、大好きです。

      返信
  7. 真由美
    29/03/2019

    Keikoさん、こんにちは。お久しぶりです。大分はもう桜ほぼ満開です。
    いいなぁ、ご主人と二人でこんなロマンチックな場所に、、
    年をとった方達のがこうやって演奏したり充実した人生を送っている(?)
    ちょっと日本ではあまりみられませんね。余裕を感じます。
    Keikoさんのお元気そうなブログを見るといつも元気がでます。
    わたしも少し前向きにならないとなぁ(笑

    返信
  8. Keiko
    29/03/2019

    今年は少し開花が早かったようですね。

    真由美さんはまだ現役でお仕事なさっているのでしょう?
    だったら真由美さんの方がよほど前向きだと思いますよ。
    私は天然だから元気そうに見えるのでしょう。(笑)

    返信
    1. 真由美
      29/03/2019

      いつも温かいコメントありがとう(^^)私も頑張ります!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください