8年目にして

ゴルフを初めて8年。

つい先ごろまで約2ヶ月ほどにわたって絶不調、

底のない どこまで落ちるかわからないような文字通りの地獄を体験したわけですが、

やっと、復活したようです。

この地獄体験は今になってみると何か必要なことだったようにも思います。

 

過日は同伴者のスイングがうまくいかずめげていましたが

これまでと違って本当に自分の体験からアドバイスすることができたし

初心に戻ってコーチのレッスンを受けたことや

You Tubeで、いやというほどスイングのレッスンビデオを見て某がわかったように思います。

 

もちろん中部銀次郎氏によればゴルフの80%は心。

あとの20%の中に体と技があるのです。

だから技が思わしくなかった私はただ20%のなん分の一かで悩んでいたという事にもなるのですが。。。

 

でも、技の面で今まで思いもよらなかったことが分かりました。

これを細かく皆様に理解していただけるように説明することはほぼ不可能なので省きますが、

今回参考にさせていただいたのは三觜 喜一さんと桑田泉さんのレッスン。

両者ほどではありませんが芹澤 信雄さんのレッスンも。

 

とにかくヘッドアップをほぼ完全に制御というかヘッドアップしなくなりました。

ボールそのものではなくボールを視野に入れたまま

顔というか頭は右に残ったままスイングできるようになったのです。

アイキャッチ画像に載せた写真を撮った時には実はまだ自分の中で消化出来ていなくて

コーチに言われるままにスイングしていたわけですが、

それを自分で再現できるようになりました。

 

まだ完成していませんが長雨のあと、今日ウズウズしながら練習場へ行きました。

そして試してみたら、なんと飛距離もぐんと伸びています。

これまで体重移動ができずにスイングが終わってもよく右足に残っていたのですが

このスイングに気づいてからはクラブヘッドに引っ張られて

体重も最後には綺麗に左に乗っかります。

 

ただ、練習場と本場のコースではグラウンドの状態が違うので

ラウンド中はまだそんなに飛距離は違いませんが

つい先ごろまでスイングすること自体が怖かった自分が嘘のようです。

 

怖くて7番アイアンで刻んでいたところも今日は思い切って

3番や5番のフェアウエイウッドでチャレンジ。

そういう気持ちになれたことが嬉しいです。

 

まだ、時々意味不明のショット(主にシャンク)が出ますが、(汗)

どうやら暗くて長いトンネルからほぼ抜け出せたようです。

少なくとも目の前にトンネルの出口の大きな明かりが見えています。(嬉)

“8年目にして” への8件の返信

  1. おめでとう!
    苦しんだ分 喜びも大きいわね。

    飛躍するためには一度膝を曲げて低くならなくてはね。

    1. まみるさん、
      この前みたいに大げさに復活宣言したらまた神様がいじわるするかもしれないから今回は静かにね。

      本当に今回は膝もくるぶしも腰も何もかも曲げましたよ。(笑)

  2. Keikoさん、たった2ヶ月で底を脱したって凄いと思うよ。
    また良い刺激を頂きました^^v

    私も精進いたします。
    (時々クラブのせいにしていますが^^)

    私の知人の工房の人の弁。
    飛距離と方向は金で買える。
    えーーーと思いますが、いくらかは当たっています。
    クラブがきちんとフィッティングされると飛距離はいくらは変わります。
    でも、やはり基本はきちんと自分のスイングをつくることだと思っています。
    なかなかだけど(涙)

    1. 昨年の7月以来ハンデが下がっていないのよ。
      だからどこからを不調と行ったら良いのかわからないけれど、
      とにかくスイングすること自体が怖かったのはこれくらいかしらね。

      クラブのせいにし始めると制限が無いように思ってね、考えないようにしています。
      同じクラブでいいショットが出るときもあるのだし。^^;

      私が参考にした方々、すでにご存知でしょうが良かったらじっくり見てみてください。

  3. Keikoさん
    良かったね

    この経験は きっとこれからも役に立つわね
    人生と同じよ。いつも良いとは限らない。山あり谷あり。
    苦しいことがあったら それに耐え 脱出するすべも学べるしね。

    1. >この経験は きっとこれからも役に立つわね
      はい、そう思います。少なくともゴルフに関しては。^^;

      本当によくゴルフは人生と同じだっていうのよ。
      きっと山あり谷ありで思ったようにはいかないからなのね。

  4. すごい!
    理想のスイングを頭と体で再現できるなんてホントにすごい。
    私なんか、いつも理屈のペーパーテストなら100点なんだけどって
    負け惜しみ言ってるわ(笑)
    体が言うことをきかない^^;

    桑田泉さんって、ピッチャーだった桑田真澄さんの弟ですね。
    クオーター理論、簡単なようでなかなか難しいですね。
    ボディと腕の使い方なるほどと思うことが多いです。

    Keikoさん、一皮むけたこれからのゴルフ楽しみですね。

    1. >理想のスイングを頭と体で再現できるなんてホントにすごい。
      うーん、改めてそう言われると???なのですが、
      少なくとも今まで全く体験したことのない領域に入った気がします。
      腕を振り切ることの意味がわかったような???

      きっとToshiさんはすでに通過なさっているのでしょう。
      気づかないうちにこの段階を通過なさったかもしれません。

      >桑田泉さんって、ピッチャーだった桑田真澄さんの弟ですね。
      そうなんですか桑田真澄さんも私は存じ上げませんが道理でよく野球を例えに使われます。^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください