San Silvestro

あせった、Youtube 昔は埋め込みコードで貼り付けることができたのに、今はアドレスで貼りつけ完了。

より簡単になったけれどそれがわかるまで元旦から悩んだよ。(ぶつぶつ 。。。  その後もぶつぶつは続くけれどそれは又の機会に)

 

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いします

 

いきなり花火で驚かれましたか? 未編集で見難いですがカオス状態がより伝わると思います。(笑)

昨夜はローマにいました。

元旦から仕事の予定が入っていたPaoloを田舎に呼び寄せるのではなく、私が料理を持って行ってきました。

  1. -カタクチイワシとバカラ(タラの塩漬けをもどしたもの)の天ぷら
  2. -かぼちゃのスープ
  3. -ボッタルガ(からすみ)のパスタ(もちろんパスタはPaoloのアパートに行ってから調理)
  4. -バカラとじゃがいものトマトソース煮
  5. -レンティッキエ(レンズ豆を巨大な腸詰めと煮込んだもの)
  6. -ザクロ(年を越す時にザクロが家にあると縁起がいいと言われているため)
  7. -パネットーネ
  8. -モスカートのスプマンテ(甘口)
  9. -ジェンサーノのパン

以上を配達?(笑)

1990年まではローマに住んでいましたが、あの頃どのように年越しをしたのかあまり思い出せません。

おそらく着飾って友人や義妹たちとパーティー騒ぎだったと思います。

でも、広場でカウントダウンなんかしなかったような???

だから花火もあまり覚えていないのです。

息子が生まれて田舎に越してきて、12月27日生まれの息子がやっと1歳になったばかりの時に

アパートの広いベランダいっぱいに花火を並べて打ち上げたのは昨日のことのように覚えています。

数万円もの花火を買いにPaoloと花火屋さんへ行ったのでした。

「無駄遣いだなぁ」と内心思っていたけれど、こちらにはこちら風の年越しがあるのだし息子の初めての年越しだし。

その後は、そんなに浪費することはなくなりました。

息子が自分でも触りたくなると大きな花火は危ないですからね。

 

昨年(2016年)息子はローマへ、我々老夫婦はいつもどおりの夕食をとって年越しを待たずにさっさと寝てしまったそうです。

これもうろ覚えの私にPaoloがそう言っていました。

で、私には静かでいい年越しだったのですがPaoloには一抹の寂しさがあったそうで、今年はやっぱりイタリアらしい年越しをしたかったようです。

 

そこで、アパートで遅めの食事を済ませて、パネットーネとスプマンテを持ってジャニコロの丘(ローマが一望に見渡せる丘です)でそこに居合わせた人たちと乾杯をして、眼下に見えるローマの花火を見ながら年をこすことに決めてでかけました。

いざ、ジャニコロの丘についてみるともう車がギュウギュウ詰め。身動きが取れない状態だったのでPaoloがすぐに予定を変更してかなりマイナーだけれどやっぱりローマの街を眼下にサン・ピエトロ寺院の大クーポラを目の前に見られる場所に移動しました。

ジャニコロの丘を後にするとき「じゃぁ、自分たちだけでいられるところに行こう。」と言っていたPaoloでしたが、着いてみたらそこにも人がいっぱい。(笑)

で、すでに花火が始まっていました。

みなが花火に夢中でカウントダウンも無し。

気がついたら0時4分慌ててスプマンテの栓を抜きました。(笑)

 

 

 

 

 

 

1985年、ローマに恋をして住み着いてしまった私。でも人の生活はどこでも同じ。 泣き笑いはどんな言葉を話していても同じ。だったら楽しく生きたいね。

12 Comments

  1. hitomi
    01/01/2018

    Keikoさん
    あけまして おめでとうございます
    1月1日深夜になって わたしの新年 やっと!!
    Paoloさんと 素敵な年越しでしたね。
    2018年 Keikoさん一家にとって 素敵な1年でありますように。

    返信
    1. Keiko
      01/01/2018

      hitomiさん、
      あけましておめでとうございます
      今年もよろしくおねがいします

      >1月1日深夜になって わたしの新年 やっと!!
      まぁ、ずっとまかないが続いたのでしょうか?
      お疲れ様でした。
      腰は大丈夫ですか?
      でも、きっと皆さん喜んでくださったでしょうし
      そういう皆さんの顔を見てhitomiさんも嬉しかったことでしょう。
      お孫ちゃんはまだ小さすぎて来れなかったでしょうが、
      そのうちまた一段とまかないが楽しくなりそうですね。

      もう、今年は最初っから去年までとは違う大山家ですよね。
      たくさんの幸せを。

      返信
  2. まみる
    02/01/2018

    あけましておめでとう~

    私世代まではお正月と言えば静謐で厳粛に過ごすものという感覚でした。
    もちろん、みなで集まってのお祝いはにぎやかですけど、概ねお正月は静かなものって。
    でもいつからか、主に若者たちが集まってカウントダウンやコンサートで大騒ぎするのが風潮になってきました。
    アメリカなどではカウントダウン後 だれかれかまわずキスしあうというのを聞いたことがあるわ。
    どの世代であれ、祝う気持ちは同じでしょうね。

    また50年後には年越しの様子が違ってるかも。
    今年の年越しはKeikoさんの記憶に残るでしょうね。
    夫と花火を見ながらスプマンテ、おっしゃれ~(^^♪

    今年もよろしくです。

    返信
  3. Keiko
    02/01/2018

    あけましておめでとう

    そうかぁ,ついに日本も変わりつつあるのね。
    でも、今の皮者たちが我々の年代に達した時にはまた自分の子供の頃のような年越しをするんじゃ煮かなぁ?^^
    ちっともおしゃれじゃなかったのよ、我々。
    カオスの中で年をこす瞬間も逃してしまって・・・(笑)

    返信
  4. Yuko
    02/01/2018

    明けましておめでとうございます。
    素敵な大晦日を過ごしたのね。
    一緒に年越したのはもう6年前よね。
    >じゃぁ、自分たちだけでいられるところに行こう
    何てロマンティックなんでしょう^^
    実現しなくて残念でしたね(^^ゞ
    今年もまたお世話になります。
    宜しくお願いします。

    返信
    1. Keiko
      02/01/2018

      Yukoさん、
      あけましておめでとうございます

      もう6年前ですか?! 光陰矢のごとくね。

      ロマンティックなんかじゃないのよ。
      人出の少ないところっていうくらいの意味だと思うわ。

      返信
  5. 青花
    02/01/2018

    あけましておめでとうございます。

    本年も宜しくお願い致します。
    今年はお会いできればいいな~♫❤

    返信
    1. Keiko
      02/01/2018

      青花さん、
      あけましておめでとうございます

      ぜひぜひイタリア行、実現してくださいね。

      返信
  6. 加藤
    03/01/2018

    こちらはとても寒い大晦日でした。
    そのあと更に寒い北関東に移動して、おかげで風邪をひきました。
    ま、のんびりスタートします。
    今年もよろしくお願いいたします。

    返信
    1. Keiko
      03/01/2018

      あらぁ、新年早々風邪ひきだなんてお気の毒。
      お休みの間に直してくださいね。

      私は相変わらずLinuxとそのソフトたちとの交友を図る毎日です。(笑)
      今年もよろしくお願いいたします。

      返信
  7. Toshi
    03/01/2018

    明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いいたします。
    今年の元旦はいいお天気に恵まれ、あちこちすごい人出のようです。

    花火で新年カウントダウン(?)結構海外では多いようですね。
    日本でも若者には人気かな?

    お互いに元気でたくさんゴルフしましょうね。

    返信
    1. Keiko
      03/01/2018

      あけましておめでとうございます

      元旦を晴天で迎えられると気持ちいいですよね〜
      こちらもいいお天気なのに元旦がゴルフ場おやすみ、そして2日も週休の火曜日にあたってしまいまだ打ち初ができずにいます。

      はい、新年の抱負はたくさんゴルフすることです。^^
      今年もゴルフ話に付き合ってくださいね。

      返信

Toshi にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください