牡蠣

大昔に生牡蠣を買ってきて自宅であけていただきましたが、とにかくすごい格闘をした記憶があります。
挙句の果てに身にたくさん貝殻が絡まって洗うのにまた大変な思いをしたような・・・

それ以来、生牡蠣は外で食べるもの、と決めていましたが、
昨日スーパーの魚介売り場に一箱だけ牡蠣が残っていて、しかも1kgが6.99エウロ。
1kgで牡蠣が いくつあったかというと、中くらいの大きさのが9個!
安いですよねー。これで約1000円ですから。

でもあけるのがなー・・・という不安があったので売り場のお兄ちゃんにそう言って見ると
「今見せてあげるからね」と箱をあけ、
「ここにナイフを差し込んであけばいいんだよ。あけてあげたいけど今あけちゃうと死んじゃうから。」
なんとなくつぼを知ったような気になり、買って帰りました。

さて、夕食の時間になりいざ挑戦してみると・・・なかなか思うようには行きませんでした。
同じような筋が一杯で、どこにナイフを差し込んでいいのやら、
ごちょごちょしていると貝殻の一部が削られて、ほんの少し隙間が見えました。
それっと、そこからナイフを差し込んで、何とかあけることが出来ました。

最初の二つは時間がかかりましたが、なんとなく貝柱の位置がわかってからは
ほいほいとあけられるようになり、「何事も修練が大切。」
などと独り言を言いながら全部あけてしまいました。
といいたいところですが、ひとつだけどうしてもうまくいかないのがあったので、それは焼くことにしました。

主人は牡蠣は生で食べるもの、と思っていたようなので彼に味見をさせました。
暖炉でスズキを黒焦げに焼いてその下に牡蠣も放り込んでおきました。
焼いた牡蠣はそれほどでもなかったようですが、スズキは家族に大好評でした。

肉でも魚でも野菜でも直火での調理は一番ですね。
アーティチョークもジャガイモのようにアルミホイルで包んで
火の中に入れておくととってもおいしくいただけますよ。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。