初ラウンド

コース

昨年までは、大晦日までラウンドして、

1月2日には初ラウンドだったのですが、

今回は、昨年12月23日以降ミニロックダウンでラウンドできず、

1月1日から月末までうちのゴルフ場が休みということになり、

今日12日、3週間ぶりにゴルフをし、

今年の初ラウンドになりました。

 

カステル・ガンドルフォというゴルフ場

もう何度かご紹介しましたね。

距離的には、Fiuggiの次にうちから近いところです。

コース

 

今回のミニロックダウンは、いささかこたえたというか、

前回は春で、好天気に恵まれていたので、

庭仕事をしたり、日光浴をしたりして、快適に過ごしました。

でも、今や冬。

ただでさえ寂しい季節なのに、身動きがとれず。

しかも、昨年の1月は晴天続きで、元旦も気持ちの良いものでした。

ところが今年に入って、ほんの少しお天道様を拝んだのは、4日のみ。

それ以来の晴天で、やっと気持ちが晴れました。

 

このゴルフ場、昨年来火曜日は半額で開放してくれているのです。

そのせいか、この日Fiuggiからのゴルファーが少なくとも20人はいました。(笑)

3週間もクラブを握っていなかったのですが、

そして、この同じゴルフ場で、コンペの際には最悪の成績だったのに、

この日ので出しは調子がよく、前半パー3,ボギー4、Wーボギー1,3ボギー1で絶好調。

でも、3週間も歩いていないと、疲れが甚だしくて、後半はさっぱり。

ボギー1つで、後はダブルボギーかそれ以上という結果に。

でも、晴天下、友人たちと過ごした楽しい時間となりました。

で、今日は一日中ぐったり、ダラダラと過ごしましたが、

また彼女たちからお誘いがかかり、明日は別のゴルフ場へ。

というのも、ロックダウンが来週から少しきつくなるとか?

またお天気も下り坂というので、明日のラウンド後はまたいつになるやら。

 

 

今年のゴルフは???

Fiuggiの山々

例年今頃はきれいな白い山頂が見える我がゴルフ場なのですが、

今年は全く積もっていません。

二度ほど降ったのですが、すぐに解けてしまいました。

 

山頂付近が白っぽく見えるのは高度が高くて樹木がなく地肌が見えているからです。

Fiuggiの山々2

さて、今年も2日には打ち初に行ってきました。

出来はまずまずでした。

その後、3日4日5日と毎日行ってきましたがやはりスコアはまとまりませんでした。

 

今日は、一人で練習しようと思ったのですが、

Rinoさんという、(息子さんはかなり成績の良いプロゴルファー)
方に声をかけていただいたのでご一緒しました。

で、トリプルボギー、ボギー、ボギー、ダブルボギー、ボギーと続いたあと、

6ホール目で、初球は右の藪の中に、2球目は左の池の中に消え、

普通はそこで池に入った次点まで進んでプレーを続行するのですが、

悔しくてまたティーから打ったのですが、またまた藪の中へ。

そこでRinoさんから声がかかり、「腕を進行方向に投げ出すんだよ。」

ここで少しひらめいて、次の球はあたりは弱かったもののまっすぐに飛んでいきました。

 

今日は日曜だというのに誰もいなかったので

こんなにたくさんのボールを打つことができました。(汗)

 

その後もたまに左へ曲がることがありましたが、

それまでに比べたら見違えるほど真っ直ぐに飛ぶようになって、心ウキウキ。(笑)

明日は3週間の休場前最後のコンペ。

 

ルイジアナというカップルでの競技なのですが、

これまでこういうコンペがあると何人かの方々に声をかけていただいたものですが、

なんと!明日に関しては誰からもオファーがなかったのですよ。(涙)

 

もしかしたら、かねがねこういうタイプの競技が嫌いだと公言していたことで

それが浸透して誰も声をかけてくれなかったのかもしれませんが、

このところ余りいいプレーができていないので、一緒に回りたくないと思われたのかなぁ

という思いもあって、ちょっぴりさみしくなりました。

 

それでも明日は最後の日なのでコンペにはでないけれど、

ラウンドするためにティータイム(ラウンドの時間の予約)をとっていたら

あるご夫妻がやってきて、「ああ、じゃぁぜひご一緒しましょう!」

ということになりました。

最終日に一人ぼっちで回るより断然良いですよね。^^

 

今日、教えていただいたことを忘れずに、

体を怠けずにしっかり動かして、

今年は少しはマシなスコアづくりができるよう頑張ろうと思っています。

打ち初

皆様あけましておめでとうございます

31日に打ち納めをして、元旦の昨日早速打ち初に行ってきました。(笑)

2017年1月11日

写真は2年前のもの(髪がこんなに短かった)ですが、同じゴルフ場です。

ローマのアッピア新街道近くの大きな水道橋の横に広がる贅沢な環境。

上空をチャンピーノ空港に発着する飛行機が飛び交いますが。(笑)

1月の2週目からうちのゴルフ場は月末まで閉鎖になるので毎年1月はここに来ることになります。

Fiuggiよりは少し暖かめですし、料金も手頃で我が家から混雑がなければ45分位でたどり着きます。

2018年1月

これは昨年の1月に撮ったもので、南米から持ち込まれたインコ?が野生化して増えています。

ご覧のようにまっ平らなゴルフ場なので、終わってゴルフバッグを車に積む時までバッグを電動手押しカートに固定していなかったことに気が付きませんでした。(笑)

9ホールを2回回ることになりますが、2回めは昼食を終えた人たちで混雑してきたので4ホールを終えたところでピッチ&パットのコースに移動しました。

2回目の4ホールはボギー、パー、ボギー、パーと進んでいたので残念でしたが…

でも、ピッチングとパットはゴルフで最も大切な部分ですから。

そちらも9ホール。最長でも約80mのごく短いコースです。

ここのゴルフ場の特徴は距離が短い分グリーンが皆クーポラ型になっていてちょうどいいところに止めるのがとても難しく勉強になります。

元旦にしたことは年中続くという言い伝えに験を担いで行ってきました。

ま、験を担ぐまでもなく年中ゴルフしますけれど。(笑)

ということで今年もゴルフネタが多くなりそうですがよろしくお付き合い下さいね。