メガネ

ガブリエレコーチが理想の姿だと言って撮ってくれた写真です。

当然いつもこうなるわけではありません。(汗)

こういう姿に近づくように練習を重ねなければならないわけです。

 

でも、今日の話題はメガネ。

数年前に眼科に行っていろんな検査と共に視力も計ってメガネを新調したのですが、

リンク先にも書いたようにそのメガネをかけると怖くて歩けませんでした。

そこでよる運転するときにのみ使っていたのです。

ところが3週間ほど前に夜、高速を飛ばしてPaoloのところへ行った時に

前方の車のテールランプが長い帯状でしかも左下の方に流れるように見えて

メガネを45度ほど傾けると帯が短くなったのでした。

 

これはメガネがあっていないなと思いすぐにメガネ屋さんにコンタクトをとりました。

眼科に戻ろうかとも思いましたがものすごく混み合っている眼科なので

すぐには予約も取れないだろうし、このメガネ屋さんにはかなり高度な検眼の設備が

整っているのでここで調整してもらうことにしました。

やはり、特に右目の乱視がひどくなっていました。

矯正すると両方共1.5まで見えます。

 

今回も2日ほどで出来上がってきました。

フレームは同じものでレンズの交換だけで140ユーロですから今のレートで18000円弱。

早速そのメガネをかけて運転して帰宅し、翌日はそのメガネをかけたままゴルフをしました。

つまり問題なく歩くことができました。ヤッホー

 

以前はメガネをかけると自分の背がいきなり2m以上になったような感覚で

足元が遠くて怖くて歩けなかったのです。

また、グリーンが壁状に立ったように見えたものですが、今回はそんなこともありません。

ブラーボ、メガネ屋さん。!^^

 

ということで、初めてのメガネをかけてのスイング写真でしたぁ。 😆

 

 

新しいメガネ

先日ローマへPaoloの誕生日を祝うために行く時に高速に乗ったらTelepass(自動支払い)が効きませんでした。

1990年から使っているもので、

一度バッテリーが切れて使えなかったことがありましたが今回はどうしたわけか???

 

あの夜、息子と私、別々の車に乗っていて(一台はPaoloの車で私の車が故障した時に貸してくれていたものです)夜なのでお互いに見えないからスマホのWhatsAppというアプリで頻繁に交信しながら走っていたのですが、我々は運転中なのでボイスレコードを使っていましたがそこにPaoloからのメッセージが入ってきてそれを読むために老眼鏡を取り出し、使用後は胸元にぶら下げていたのです。

で、夜道でこういうもの(Telepass)が作動しない場合、係員を呼び出すわけですが車のドアを開けるためにシートベルトを外した勢いでメガネがすっ飛んでいまいました。

すぐに車の下などを探しましたがいかんせん真っ暗、若干の明かりも助けにはなりませんでした。

支払いを済ませた後に少し前進して探そうと思ったのですが後ろから車も来ているので

早々にその場を立ち去りました。

 

長年使っていた愛着のある老眼鏡、最近はスーパーなどでも安価な出来合いの老眼鏡が手に入るので我が家には各部屋にそういうメガネがあるのですが私は乱視がひどいのでやはりきちんと合わせたメガネに比べると出来合いのものではどこか霞んで見えるのです。

何年使っていたかは忘れましたが額縁が少し傷んできていたのでこれ幸いに新しいのを作ったら

今朝、出来上がってきました。

前のとほとんど同じフレームです。

前のが赤枠だったのが今回はゴールド。

シルバーエイジを超えてゴールドエイジまで使えるように?(笑)

 

今回新たに視力を計ったら右目は1.5左が0.8

右目の視力には担当者が驚いていました。年の割によく見えるって。(笑)

とにかく私の場合乱視が問題なのです。

夜、星空を見上げると星が4つも5つも固まって見えるのですから。

綺麗ですが、正常じゃないでしょう?(笑)

 

今度は大事に使いたいと思います。(汗)