静かすぎるクリスマス

リース

イタリアは、昨日24日から27日まで、ミニロックダウンに入りました。

その後も、31日から1月6日までの予定です。

ミニといったのは、期間が比較的短い事もありますが、

武漢ウイルスの感染の度合いによって、

州ごとにイエロー・オレンジ・レッドというランクがあり、

規制にもばらつきがあるのです。

ラツィオ州は、イエローだったりオレンジだったりしています。

(レッドが最悪)

 

クリスマスだというのに、住民登録をしていない故郷への里帰りができなかったり、

親戚の家を尋ねるにも2名までと制限されていたり、結構息苦しい措置を取っています。

上記の期間の間(28〜30日、1月4日)でも、人口が5000名以上の市では、

薬局や食料品の買い付け以外は、外出禁止。

 

細かなことは省きますが、一年で一番町が賑わう時期なのに、ひっそりと静まり返っています。

この処置に関しては、月のはじめ頃から話がでていたので、

人々は、クリスマスの1週間2週間前に親戚や友人宅を訪問していたようで、

その頃、やたらと車が混んでいました。

 

そして、やはりクリスマスの準備にも歯止めがかかったようで、

いつもはネオンサインを掲げるご近所の家々も、今年はほぼ真っ暗です。

 

ということで、イタリアで、35回目?のクリスマスは、

とてもとても寂しいものとなりました。

 

我が家も息子が成人してからは、ツリーも飾らなくなったし、

それほど大したことをしなくなりましたが、

今年は3人が、それぞれの家で、普段と同じように?

いえ、いつもよりさらにおとなしく過ごすことになりました。

 

穏やかな天候の仲、家族揃って過ごした昨年のクリスマスが、

なんだか遠い昔のことのようです。

 2019

皆様も色々とご不自由な中での年の瀬をお迎えのことでしょう。

どうか健康を最優先に、そしてできれば少しでも伝統的な過ごし方ができれば良いですね。