トラロス

最強コンビ

安倍首相が突然退陣なさったときも、

とっても驚くとともに、なんとも言えない焦燥感に見舞われましたが、

ご健康上の理由ということで、納得せざるを得ませんでした。

 

今回、トランプ大統領を失ってのトランプロスは、

安倍首相のときよりもさらに大きいです。

それは、何よりも、「正義は勝つ」と子供の頃から教えられていたからです。

不正に選出された大統領など何の意味がありましょう。

 

その不正に、立ち向かう術は沢山あった。

その不正を暴く多くのチャンスがあった。

にもかかわらず、国民の安全のみを最優先させた結果、

こういうことになってしまった。

 

それを、現地取材もしないで、民主党の機関誌に成り下がった

アメリカの大手メデイアの報道をただコピペする日本の報道。

(見たことはないのですが、漏れ聞くとともに、想像に硬くありません。)

 

現地アメリカに住む日本人の言葉にこういうのがあった。

「今の気持ちは…例えばKKが天皇になったような気分です。」

そうでしょうとも!

そんなことがあってはならないのです。

そして、今でもきっと「正義は勝つ!」と信じていますし、

約束をすべて果たしてきたトランプ氏が、

「何らかの形で戻ってくる、近いうちに合いましょう。」

と、おっしゃっているので、そうなると信じてはいます。

ただ、あまりにつらい待機時間です。

トランプファミリー