リモーネ

レモンさんをお迎えしました。^^

イタリア語では limone(=リモーネ)

これはごく普通のタイプですが、シチリアへ行くと倍以上の大きさのがあります。

その分皮も分厚いですが、たしかその皮も食べられたような???

 

その昔、3年ぐらいレモンを育てていて、かなりの収穫もありましたが、

やはりマイナス10度にもなるこの辺りでは越冬できずに枯れてしまいました。

今なら小さく管理して、冬は屋内で過ごさせるようにすればと思います。

あの頃は、早く大きくして、たくさん実がなれば、

というか、可愛くてとっても香りのいい花が

沢山咲けばいいと思っていたものです。

でも、トゲを取ることや、三角形の枝を切ってしまうことなど、

今回勉強し直してみて、あの頃の処置が

まんざら間違っていなかったと自信をもちました。(汗)

 

植え替えや強剪定は3月がベストということなので、

今は、買ってきたままの7号プラ鉢にそのままにしています。

セントラルヒーティングの保温用の薄いウレタンがあったので、

それで鉢を保温することにしました。

ピンぼけですね。(汗)

わかるかな?2ミリほどの厚さのウレタンに

アルミホイルが張ってあるので保温には最適だと思います。

来季は外の鉢にも使ってみよう!

見た目もそんなに悪くないし。

 

* アイキャッチ画像は10数年前のレモンです。

Keiko

italia-keiko.net

1985年、ローマに恋をして住み着いてしまった私。でも人の生活はどこでも同じ。 泣き笑いはどんな言葉を話していても同じ。だったら楽しく生きたいね。

リモーネ」への10件のフィードバック

  1. まず「えっ、レモンあったっけ?」です^^
    新入りさんなのね、以前のは覚えていないな~~
    やっぱり南のイメージが強いね。
    シチリアで見たレモンの大きさにはビックリでした!
    頑張って実らせてくださいね。

    1. Yukoさんが覚えていないとすると、もっとうんと昔だったのかなぁ。
      あの頃は自家製レモンでリモンチェッロも作っていたのよ。

  2. あ、実物を見た記憶じゃなくて、ブログで花を見た記憶。

    実はよく覚えてない、白いかわいい花が目に焼き付いたわ。

    花からもいい香りがするのよね。

    1. あ、そういうことか。(笑)

      そうなの、花がとってもいい香りがするのよ。

  3. リモンチェッロって飲んでみたいのですよねぇ〜♪
    私は最近湯豆腐に柚子をかけるのがマイブームなのですが、お料理にも何でも使えそうでいいですね。
    自家製なら皮を食べても安心だし。

    1. ユズもいいですが、レモンの皮も馬鹿にできませんよぉ。
      茹でたパスタに、レモンの皮をすりおろして食べるの最高!
      魚系のソースにあうし、それこそレモンの汁をかけただけとかも美味しいよ。

      ただし、すりおろす時に注意!
      ほんの外側の黄色いところだけを使うこと。
      だたら、ぐるぐる回してね、レモンを。
      白いところが入ると苦味が出てくるからね。

  4. レモン大好き❤
    元気になる色だし、香りも良いし。
    鉢に盛っても様になるしね(^_-)
    私もなんとなく、レモンの花を見たような・・・

    わが家では、頂き物のレモンの種を植えて、芽が出て今5センチくらい。
    さてさて、どこまで育ってくれるやら^^」

    1. 花のために買ったと言っても過言ではありません。
      バラともすみれとも藤とも違う、独自のいい香りがします。
      どうぞ大切に育てて下さい。数年はかかると思いますが。^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください