マルコ・シモーネ・ゴルフクラブ

Marco Simone Golf Club

我が家からは、高速で45分位でいけてしまう、時間的には

Fiuggiの次に近い?ゴルフ場。

高速を降りてから割と近いので、ストレスが少ないです。

ですから昔は、時々行っておりましたが、

そのゴルフ場が、2023年度のライダーカップの開催場に決定して以来、

大掛かりな改修工事が始まって、行けなくなりました。

 

ゴルフに関心のない方々には、ライダーカップが何なのか、

おそらくその重要性がご理解できないでしょう。

一言で言って、欧米の今一番活躍しているゴルファーたちが一同に介して、

無報酬で、欧州対アメリカの試合をするのです。

その興奮度は、他には見られないものです。

 

今年の夏頃から、改修後の再開が始まりましたが、

当然のごとく、グリーンフィーが昔の倍くらいになってしまい、

手の届かない存在になっていました。

でも、いつもの年寄りクラブAgisのコンペで、久々に戻ることができました。

 

コースは、昔から結構難しかったですが、

更に磨きがかかり?

特に後半の10〜18ホールは、フェアウエイでもうねりが多くて、

まだ、芝が完全に育っていない上に、前日2日間、大雨が降ったので、

少し大袈裟に言えば、田んぼの中でのラウンドみたいでした。(笑)

グリーンの速さとアンジュレーション(傾斜などの難しさ)も、他では見られないレベルでした。

ということで、FIuggiの達人たちもこの日は誰も入賞しませんでした。

(蛇足ながら、Fiuggiはその難しさで定評のあるゴルフ場なのです。(汗)

この日は、ナポリが州都のカンパーニャ州との合同コンペで、

入賞者はすべてカンパーニャの人たちでした。

 

私もカルメロさんと、ジュゼッペさんという

お二人の気の良いナポリ人とのラウンドでした。

天気予報はくもり、午後に小雨でしたが、

運良くほんの10分ほど傘をさしたにとどまりました。

最後に、美味しいシャンペンで乾杯をしてお開きとなりました。

 

 

 

Keiko

italia-keiko.net

1985年、ローマに恋をして住み着いてしまった私。でも人の生活はどこでも同じ。 泣き笑いはどんな言葉を話していても同じ。だったら楽しく生きたいね。

マルコ・シモーネ・ゴルフクラブ」への2件のフィードバック

  1. わぁ、スゴーい!

    ライダーカップで使用されるから改修なんですね。
    一躍有名になればグリーンフィーも上がるのは仕方がないね。

    ギャラリーで見に行くことできるのかしら?
    行けたらいいですね。

    そういうコースでラウンドができるなんて羨ましいわ。
    私はせいぜい国内トーナメントのコースくらいしか回ったことがないけど、グリーンの速さを試してみたいです。

    1. 良かったぁ、Toshiさんの目に止まって。
      私も、これまでイタリアンオープンが開催されたところは複数回りましたが、
      なんと言っても、ライダーカップがイタリア国内で行われるのが、初めてのことですからね。^^
      表彰式で、来年も。。。という話があったので
      もしもまた来年参加できれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください