大失敗

このふたつ、見るからにどちらも台所で活躍しそうな感じでしょう?

ただね、その仕事は随分違っていて、

Fecola di Patateとは片栗粉のこと。

原材料はカタクリじゃなくてポテトを使っているけれど、

いわゆる、とろみをつけるのに使います。

 

Bicarbonato di sodioは、重曹(炭酸水素ナトリウム)。

お掃除に使ったり、煮物を柔らかくしたり、アクを取るときに使いますね?

パンケーキをふくらませるのにも使うかな。

消化不良のときに水に溶かして飲む人もいます。

 

さて、いつもはとってすぐに調理するので、

アク抜きもせずに大丈夫な我が家の破竹ですが、

先日はまる一日おいていたので、量も多いし、アク抜きをしようと思ったのですが、

いつもは米の伽汁を使いますが、丁度そのときにご飯を炊く予定がなかったし、

面倒だったので、重曹を使うことにしました。

 

で、湯がいた後に、調理をして、食べて…

なんだかまだちょっとえぐいけれど、1日おいただけでこんなに違うのかなぁ?

などと思いながら食べて、また別の日に、

前回は湯がく時間が短かったのかなと思って、

もう一度やってみようと、棚に手を伸ばしたときに気が付きました!

前回使ったのは、片栗粉だったのです!

 

片栗粉で湯がいたのではアクは抜けませんよねぇ。

笑えるような悲しくなるようなお話でした。(はぁ〜)

Keiko

italia-keiko.net

1985年、ローマに恋をして住み着いてしまった私。でも人の生活はどこでも同じ。 泣き笑いはどんな言葉を話していても同じ。だったら楽しく生きたいね。

大失敗」への6件のフィードバック

  1. ありゃりゃ、私はイタリア語が分からないので、どちらのパックも洗剤に見えるわ(笑)
    うちの洗濯せっけんはこのような紙パックに入ってるので。

    多分日本もカタクリから片栗粉を取ってないと思う、同じくジャガイモだと思うわ。

    炭酸、重曹じゃなくて?
    私は黒豆を煮るとき重曹を少し入れるわ。
    炭酸って売ってるのをあまり見たことないわ、私が知らないだけかな。
    これを溶かすと炭酸水ができるってこと?

    1. ああ、そうです重曹❣
      この言葉が出てこなかった。
      一応重曹の正式名は炭酸水素ナトリウムで、間違いではないんだけどね。
      後で訂正しておきます。

  2. 自宅で竹の子が取れる!
    タケノコ好きには垂涎ものです。
    粉末の炭酸?なんて知らなかった!
    まみるさんの云う様に日本だったら重曹を使う場面かしら。
    再挑戦出来るくらい出てくるといいね。

  3. 昔子供の頃、粉末炭酸ジュースが有ったような…^^
    ♪わたなべのジュースの素です。もう1杯♪ 
    これは、ただのオレンジジュースだったかな?^^
    でも炭酸ジュース有りましたよね
    美味しかった!^^

    1. わぁー懐かしい!
      溶かさずに舐めたりしたよね?(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください