3日遅れの

17日の月曜日、ヴァレンタインデーから3日遅れでPaoloと外食しました。

別にヴァレンタインデーはなんの関係もないと言っても良いのですが、

もしかしたらPaoloはちょっぴり気にしていたかも?と未だに思ってる私です。(笑)

 

そう言えば昨年のヴァレンタインデーも同じトラットリーアでの食事でした。^^;

月曜の夜ということでお客も少なく、静かに過ごすことができました。

ではメニューのご紹介。

 

プリモは木の実のペーストが入ったラビオリに洋梨とサルビアのソースがかかっています。

とってもデリケートで上品なお味。満足!

 

セコンドは、Paoloは羊肉の天火焼き

ポテトもついていてボリュームがありましたが、いかんせん匂いが。。。

スコットランド(だったかな?)からの輸入肉だそうです。

イタリアの羊は匂いが気になることなど無いのですが、これには参りました。

柔らかいのに残念でした。

 

私がオーダーしたのはサルティンボッカ、有名なローマ料理です。

薄切りの牛肉にサルビアと生ハムを添えてソテーしたもの。

これも牛肉の脂身とサルビアの足がちょっと気になりました。

プリモが美味しかっただけに残念です。

 

付け合せにはチコリの炒め煮。

この手のものは自分が作ったものが一番美味しい。

何より、硬いところは全て取ってしまうし、先に茹でることなく炒めるので風味をのがさないから。

 

でも、デザートでまた点数を取り戻しました。

サフラン入りのパンナコッタにリクイリツィア(甘草)のクリームがかかっています。

いやぁ、最高に美味しかった。

パンナコッタだけでは代わり映えがしませんが、リクイリツィアのクリームが効いていました。

 

Paoloは赤ワインに浸して食べる干菓子を。

半分に割って、ワイングラスに突っ込んでワインを染み込ませていただきます。

 

そのワインは、

近くの町Coriのもので、とっても美味しかったです。香りがよく、上品な味わい。

良い色してるでしょう?

 

そうそう、Paoloがクリスマスプレゼントとして買ったものをこの日持って来てくれました。(笑)

ゴルフ用品はとっても嬉しい。

しかも、これはゴルフやさんではなく革製品のお店で見つけたもの。

だから機能重視ではなく見た目も可愛いでしょう?

ベルトに通して使えるようになっていますが、私はそこにカラビナをつけて

より簡単に着脱できるようにして使っています。

 

 

 

 

 

Keiko

italia-keiko.net

1985年、ローマに恋をして住み着いてしまった私。でも人の生活はどこでも同じ。 泣き笑いはどんな言葉を話していても同じ。だったら楽しく生きたいね。

3日遅れの」への11件のフィードバック

  1. おいしいデザートに Paoloさんからのプレゼント
    幸せな一時でしたね。
    離れて暮らしていると そんな時が貴重でしょうね

    いつもいつも そばにいるようになると たまには離れたいと思うけれど(笑)

    1. 私は話ベタなので、電話だと「何怒ってんの?」なんて言われちゃうの、
      だから普段はメッセージが主で、やっぱりたまにはあって話さないとね。^^

  2. ♪みっか~おくれ~のたよりを~の~せ~て~~~

    便りじゃなくステキなプレゼントが届いたわね。
    プレゼント自体もうれしいけど、Keikoさんのことを考えながらステキなものを探してるその気持ちが一番のプレゼントね!

    羊はマトンだったのかな?
    ラムならほとんどにおいしないけどね…
    マトン好きにはそのにおいがたまらないのでしょうけど…
    でも、美味しいとかこの羊臭いね、とか、なんだかんだ話せることが幸せね。

    1. きっと、たまたま目に入ったんだと思うけれど、まぁ気持ちは嬉しいです。はい。

      マトンが親羊でラムが子羊と解釈していいのよね?
      イタリアのなら親羊でもあんな強烈な匂いしたことがありませんでした。
      あの匂いが好きな人はいないんじゃないかなぁ?

      でね、オーナー件シェフなものだから
      「いかがでしたか?」って聞きに来たときのPaoloの答えがまた巧妙で、
      「ちょっとマトンすぎる感じ。」ですって。
      それでしっかり伝わったみたいよ。^^

  3. お料理も美味しそうで羨ましいな~~~
    そしてPaoloさんからのプレゼントにくぎ付け!
    真ん中のボタン?は飾り?
    さすがイタリアはお洒落ね♪
    ゴルフ好きの従兄にマネっこして作ってあげます!
    息子に頼まれてスマホとミニルーターを入れるポシェットを作ったけれどもっと柔らかい革だったのでこれは固い革じゃないとダメね。
    妻の趣味を応援してくれるPaoloさん憎いね(;^ω^)

    1. ボタンはね、グリーン上でボールの一をマークする時に使うようになっているの。
      飾りにもなってるけれど実用品でもあるのよ。
      これはしっかりした皮じゃないとだめでしょうね。
      革職人さんの仕事範疇になるんじゃない?

  4. ををっ!そのボールケースカッコいい!
    サイズも良いしティーが挟めるデザインも良いではありませんか。
    Paoloさん趣味いい〜(^^)

    何故かわかりませんがサルティンボッカという言葉の音の感じがすごく好きです。
    saltimbocca、saltimbocca、、、と言っていると楽しくなります、なんででしょう(笑)
    あと気になったのが、赤ワインに浸して食べる干菓子。
    できることなら今すぐ食べに行きたいです!

    1. もうね、Paoloからのプレゼントの中では1,2を争うほどのもので大いに気に入っています。

      salto in bocca がくっついてsaltimboccaになったんだけど、
      口の中に飛び込んでくるほどの美味しさっていう感じかな?
      だから楽しいのは大正解!

      干菓子って簡単に書きましたが ciambelle al vino って言います。
      ドーナツ型をしたお菓子。すでにお菓子を作るときにも少量の白ワインが入っています。
      卵やミルクを使っていないのでうちの息子はこれで育ちました。(笑)

  5. 美味しそうなお料理。
    こういう料理はなかなか日本じゃ食べられないから羨ましい。

    革のボールケース、素敵ね~。
    こういうのは見ると欲しくなるんだけどねぇ。
    ベルトに通すより、カラビナの方が使い勝手いいよね。
    以前はボールケース使ってたけど、
    今は取り出すときに手間取ったりするのが面倒で
    無造作に両方のポケットに一つずつ入れています。
    ティも、ドライバー用と短いのを別々のポケットに。
    服装もあまりこだわらなくなりました。
    どんだけ不精者か(笑)

  6. 出遅れました~^^
    言いたいことは皆さんが言って下さってから、もう言うこと無いけど。
    一言だけ、ボール入れ素敵です!!^^
    色も良いね~

    1. ありがとう
      出遅れだなんて気にしないでね、いつでも大歓迎。
      で、時々返事が大幅に遅れるけど。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください