メリークリスマス

12月22日まで、我が家の冷蔵庫はほぼ空っぽでした。

その夜、WhatsAppでYoskeが [クリスマスの昼食はどうするの?3人一緒に過ごせるなら行くけれど。]

というメッセージを送ってきたので、[お父さんと話してみて、決まったらしらせてね。]

と答えておきましたが、24の午後〜26日は全てのお店が閉まるので23日中に買い物を済ませておかなくてはなりません。

来るかどうかもわからないけれど、とりあえず買い込んでおきました。

 

やっと24日の夜、[もうすぐ出発するから]という知らせ。

その知らせを受けてからラグーを作り始めました。

昼食がどこでどうなっても最悪の事態に備えるために。

 

息子は、朝4:30に着きました。

10:30、パオロに連絡を取り、ローマの適当なレストランを探してもらい、我々がローマヘ行くことになりました。

 

普段、気取らないパオロにしてはシックなホテルのレストランを予約。

ただ、思いがけない交通渋滞で、予約時間に間に合わなくなるかと心配しました。

15分ほど遅れましたが席は確保されており、やっと私の気持ちも落ち着きました。

ホテルのロビー

レストランの入口

各テーブルには真紅のバラが

付き出し

歓迎スプマンテと、付き出しが程なく運ばれてきました

ワインワイン

ワインは、Barberaをチョイス。とても素直なテイストのワインでした。

前菜

アンティパスト

パッパルデッレ

 

パッパルデッレ、お肉のソース

リゾット

ホタテ貝のリゾット

今日のメニューの中で唯一頂けない一皿でした。

まるでご飯に安物の鯖缶を混ぜたような魚臭い、そしてやや生煮えのリゾットでした。

フィレステーキ

お肉は有名なファッソーナという牛肉のフィレステーキで美味しかったのですが、わたし的には何かグリーンの添え物がほしかった。

最近はイタリア料理も見た目の美しさが大切なのです。

付け合せのポテトもいまいちだったかな。

窓

場所はフォロ・ロマーノの裏側で、とても静かな一角、かつての修道院を改装したホテルで、窓の外に裏庭が見えています。

デザート

デザートはミッレフォーリエに森の木の実添

その後もう一度辛口スプマンテが出て、我々が注文したコーヒーで締め括りました。

思いがけない家族揃っての

さらに思いがけないエレガントなクリスマスメニュー。

まさしく素敵なクリスマスプレゼントでした。