終わり良ければ…

コンペは普段、上手な方々からスタートします。

だから私は普段は終わりの方ですが、

今日は上手なMartini兄弟と一緒なので8:40スタート。

6時半に起きて行ってきました。

一昨日Gianniとラウンドした時の興奮が冷めやらぬうちにプレーできればよかったのですが

中一日空くとまたなにがしかの問題というか障害というか、

すべてがスムーズには行きませんでした。

でも、三人とも優しい紳士で気長に付き合ってくれました。

彼ら自身、いささか普段の精彩を欠いていました。

彼らのゴルフ歴は半生記。青少年の頃から始めたからね。

それでもうまく行かないことがある、ゴルフはそんなスポーツ。

今日のプレーは4ボールと言って、

4人がそれぞれ自分のボールをいつものようにプレーして

一番成績のいい人のスコアを記録するというもの。

例えばGianniがパー4でパーをとったとしても私が同じホールで

2のハンデがあるとしたら同じようにパーで上がっても私のパーは

イーグルとなります。

だから私の4を記録するという具合です。

これはネットの勝敗を決める基準。

もうひとつの基準にハンデは関係なくボギー以上をいくつとったか、

(ボギーで1点、パーは2点、バーディーは3点というふうに数え、

これはハンデ関係なし。)

というのがありロルド(グロス?)といいます。

今日、表彰されるのは1位と2位のネットとロルドのみ。

つまり3組のみが入賞できます。

平日ということで13組しか出場しませんでしたが

それでも倍率は4?ですよね?。^^

しかも強豪揃いでした。

最終的には、まずおそらくうちのゴルフ場始まって以来の高記録が出たようなのです。

アレッサンドラという18歳の女子、すでにイタリア中のアマチュアの大会で優勝し、

ヨーロッパ戦でも数々の賞を受賞し、この冬からは本格的にプロを目指して

フロリダの大学に留学が決まっている方で、当然スクラッチプレーヤー

つまり、ハンデ0の方なのです!

彼女がゴルフ場のパー70のところを63で上がったのです!

一日でマイナス7打だなんてプロでも難しいですよね?

だから当然ロルドは彼女のチームが受賞。

ネットはというと、スターベルフォードでの得点が49というチームが4組!

同点の時は18ホールでどのチームの成績が一番良かったかと検証され、

更に同じだと17ホールと遡ります。

その18ホール(パー4)で私は5打で上がり、ハンデの1を引いて4打、つまりパーで上がったのです。

他のメンバーは皆ボギーでした。

このパーのおかげでなんと我々は今日優勝の栄誉に輝いたのでした。

ずっと不調の私をいろいろと励ましてくれていたメンバーが駆け寄って

「Keikoありがとう!!!」「よくやった」「すばらしい」

などと声をかけてくれました。

その時点ではもちろんまだ優勝かどうかはわからなかったのですが、

ぜひともパーかバーディーの欲しい場面だったのです。

我々のあとにまだ11のチームが続くわけですから皆が終わるまで待つしかありません。

ビールを飲んだりおしゃべりをしたりして待つこと2時間あまり。

結果を見た人たちが通り過ぎるたびに「Keikoおめでとう」と声をかけてくれ優勝したことを知りました。

今年はうちのゴルフ場ができて90週年の記念の年なので賞品はそのロゴの入ったジャケット。

2位は同じくロゴ入りのポロシャツ。

ロルドの若者たちはベストでした。

最後にメンバー紹介、向かって左から今回の主催者アルドさん、

Maritini兄弟の末っ子、ジュゼッペさん、私、ルチアーノさん、そしてGianniさん

最後はスタッフのステーファノさんです。

1985年、ローマに恋をして住み着いてしまった私。でも人の生活はどこでも同じ。 泣き笑いはどんな言葉を話していても同じ。だったら楽しく生きたいね。

10 Comments

  1. まみる
    01/09/2018

    おめでとう~
    悩み苦しんだ甲斐があったわね。
    でもまた不調は来ると思うけど、今回のことで乗り越えられるという経験が生きると思うわ。
    満面の笑みが輝いてる。

    私はゴルフのことはよく知らないんだけど、日本ではグロスってハンディなしの成績じゃないかな?と思ってる。
    ボギー1点、パー2点、とか点数はつけないような…あ、でも、違ってるかもね私の言うことだから
    コンペなどでいくらグロスが一番少なくてもハンディを加算すると優勝できないとか、たまに(いや頻繁に)あるわ。
    Shiroさんがゴルフから帰ってきたらスコア表でいつもグロスを計算する私(^^ゞ
    そこで「よくがんばりました」「もう少し頑張りましょう」とか上から目線で言うの(きゃはは)

    返信
    1. Keiko
      01/09/2018

      まみるさん、グロスでいいのね日本での呼び方。
      で、おっしゃるとおりハンデ抜きの全打数なんだけど、きっとそれだといつも受賞者が一緒になるから私が説明したような事を付け加えているのだと思います。

      ある友人の奥様も時々ラウンドに付き合うんだけど、友人のプレーによって「今夜は夕食抜きね。」とか「おお、これはビフテキ1枚!」とかおっしゃるのよ、彼女は全くゴルフをしないのにね。(笑)

      返信
  2. Toshi
    01/09/2018

    やったー、優勝おめでとう!!

    この何日かの努力は無駄にならなかったね。
    打つ時の迷いが少なくなったのも、この二、三日の練習のおかげでしょうね。

    それにしてもすごいメンバーとラウンドできるのは日本ではありえないですね。
    私なら緊張でガチガチになってしまいそうだわ。

    素敵な仲間と喜びを分かち合えるなんて最高ですね。

    もう一度言わせてね。
    お め で と う!!!

    返信
    1. Keiko
      01/09/2018

      Toshiさん、ありがとう
      グループでの優勝で、私の力じゃないのよ。でもほんの少しでも貢献できたのがとっても嬉しいです。

      アレッサンドラがプロになったら応援してあげてね。(^^)v

      返信
  3. Yuko
    01/09/2018

    おめでとう~~~
    あんなにスランプだったのに優勝なんて!!!
    実力でしょう(^o^)//”””パチパチパチ
    優しそうなジャンニさんのお顔覚えています♪
    このワンピースもしかして・・・違うかな(^^;)

    返信
    1. Keiko
      01/09/2018

      ありがとう
      でも私の力じゃないのよ。
      ジャンニさんが若い頃の自分と比べてよく嘆くから「腐ってもタイよ」なんて慰めているつもりなんだけど慰めになってるかどうか???(笑)

      はい!
      Yukoさんに作って頂いたワンピースです。
      エレガントねぇって評判良かったです。
      ありがとう

      返信
  4. hitomi
    01/09/2018

    Keikoさん  おめでとう
    紳士たちに囲まれた笑顔が素敵!!
    良い雰囲気

    スランプがあってもこういうことがあると また頑張っていけるわね

    返信
    1. Keiko
      01/09/2018

      hitomiさん、ありがとう

      そうね、今回の優勝はほんとうにありがたかったです。
      チームでのコンペは実はあまり好きじゃないのですが、
      今回は主催者が息子の友人の父親だし、私にハンデをくれた方でもありというような
      いろんなしがらみがあって参加したのですが、
      もしも入賞できなかったら自分のせいだと強く思ったことでしょう。
      そしたらまだ不調を引きずっていったと思います。

      返信
  5. 青花
    03/09/2018

    Keikoさん
    おめでとう!!!
    良かったね(^O^)/
    良き、佳き❤

    Gianniさん、思い出した~!!

    返信
    1. Keiko
      03/09/2018

      ありがとう

      Gianniさん、いつでも遊びにおいでって言ってたよ。
      僕がレッスンしてあげるってさ。^^

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください