ゴルフって…

今更ながらゴルフって…

なんとも言えないスポーツです。

あまりスポーティ−ではない私なので自分が経験したスポーツと比べるとしたら

水泳、一度泳ぎを覚えたら速度の差や美しさの差はあっても泳げますよね?

自転車、これも一度乗れるようになったら速さの違いや持続力の違いはあっても乗れますよね?

ローラースケートもアイススケートも、たまに転んだりしても滑れますよね?

ボウリングだって点数に違いはあってもぜーんぶガーターなんてことはないでしょう?

ところがゴルフって、全くある日ある時突然にボールが捕まらなくなってしまうのです。

ちょっと大げさかなぁ?

ボールには当たるんだけれど右に左に曲がったり

いつもより50mくらい短かったり

全く浮き上がらずに地面をはうようにころがったり…

つまり初めてゴルフをした日のようになってしまうのです。

 

私の得意分野はどちらかというとティーショット、並びにロングショット。

ところが今日はそのティーショットが全くダメでドライブどころか

3番ウッドや5番ウッドでもミスショットしてしまう有様。

 

6番ホールあたりからは全くウッドに触れずにティーショットも5番か7番アイアンで

もちろんその後もずっとアイアンで通しました。

心の同様は即パットに響きます。

距離感は良かったものの、ホールをかすめるパットばかり。

合計21点(30点以上が合格点)という情けない結果に終わりました。

 

わけがわからないのは時として5番アイアンより7番アイアンのほうが飛距離が出るということ。

どこかが間違っているのでしょうが、それがどこなのかわかるまでしばらく悩みそうです。

 

ゴルフって…」への6件のフィードバック

  1. Keikoさん
    凄く解かる!!!
    ほんと、なんなのだろうね。
    私はドライバーの病気が1年以上続いたし、今回の旅行帰国後は得意の5番ウッドを封印するほど不調です。こんなはずでは・・・こんなはずでは・・・と焦ってどんどん自滅状態に。。。。(涙)
    で、やはり練習だ!と思って、打ち放しに行きました。
    短めに持ってテイクバックを控えめにして、それでも手打ちにならぬように、力まず。。。と呪文のように唱えながら打ってます。
    5番より7番が飛ぶというか、あまり変わらない時も多いです。

    それになんといっても体調です。身体が眠っているというか、だるい時はやはり駄目です。
    そんな時は悪循環。
    不本意だけどゴルフって、ラウンドで⒛~30は違うときがあるって思うことにしています。

    Keikoさんもアレルギーみたいな感じで身体がだるいって言ってたしね。
    焦らずボチボチ戻してね。

  2. >5番より7番が飛ぶというか、あまり変わらない時も多いです。
    やっぱりぃ、青花さんもそういうことありますか?
    まぁ、体調は万全とは言えないのですが、それにしても全くウッドが使えなくなるとは。
    例えば300ヤードあまりのホールを今まではドライブとウッドとショートアイアンで攻めていたところを7番アイアンを3回って感じでやってるんですよぉ。
    焦ってもしょうがないのに知ってるコーチ全部に見てもらいたい感じです。(笑)

  3. それって、1センチくらいの違いの世界でしょう?
    自転車やスケートなんて1センチ重心がずれても勢いで乗っちゃいますね。
    ボーリングも1センチくらいなら端のピンは何本か倒れますね。
    それがゴルフやらテニスやら卓球やらになると競技にならなくなってしまうのですから、大変ですねー、日常生活で1センチなんて微々たるものなのにねー。(←傍観者の声)

    1. 銀ちゃん(中部銀次郎さん)の本には何度も
      「センチ、ミリミリ」という言葉が出てきます。
      ほんとにそういう世界なのです。
      1センチの差が100m先では(私計算できませんが)ものすごい差になってしまうようです。

      それを少しでも差が出ないように精進するか、あとは開き直りですかね?(笑)

  4. 最近ゴルフはスポーツじゃないんじゃないかと思うことがあります。
    反射神経や反応で動くものじゃないから難しいんですよね。
    それに浮き沈みが激しくて他のスポーツには考えられないことが多すぎます。
    繊細すぎます。

    >5番アイアンより7番アイアンのほうが飛距離が出るということ
    これはよくありますよ。
    プロなら当然5番の方が飛ぶのだけど、私たちは打つたびにミート率やスピン量が違ってしまうのと、シャフトの長さの差が即スイングに影響するようです。
    当然短い方が打ちやすいので、インパクトがきちんと当たるから飛ぶということだそうです。
    だから、距離があるからって5番アイアンを持つよりは6番や7番の方が結果ミスが少ないというのが多いですね。

    でも、欲どおしい私はついつい5番アイアンを握って後悔します^^;

    Keikoさん、心配しなくてもまたすぐに調子が戻ってきますよ。
    それがゴルフだと思います。最近失敗しても楽天的に考えられるようになってきました。
    それに、気にして思いきり振れない方が曲がったりミスったりしやすいものね。
    Don’t worry! Have fun!

    1. >私たちは打つたびにミート率やスピン量が違ってしまう
      これなんですよね〜
      最近は全てのアイアンが同じシャフトの長さで出来ているのがあるらしいですね。
      きっとそれでもべつの問題はあるのでしょうが…

      木曜日のシニアコンペが最悪で、昨日の金曜は新しい掃除機がやってきたのでNo Golf day.
      で、今日はひとりで練習ラウンドをしようと早朝にでかけたのですが
      なんと仲の良い友人に出会ってしまったので一緒に少しだけ練習場で体を温めて
      その後は覚悟を決めて2ヶ月ほど手にしていなかったドライブを使ってみました。
      決していい出来ではなかったけれど木曜日ほど悪くもなく、
      あまり失敗を引きずらずに楽しもうとするほうが良いかなと思ったところです。
      でも、みなさんが同じような経験をなさって
      同じような思いを抱えておられるのだなと知って安堵しています。
      こんなコンディションですが、すでに明日のコンペにも申し込んでいたので明日も行ってきます。
      さてさて、どうなることやら。。。ù
      Have fun! これに徹します。^^

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.