セーフ

ゴルフからの帰り道、今日は日曜なので、いわゆる日曜ドライバーが、列をなしていました。

初めての方や、ドライブそのものを楽しみたい、景色を愛でたい方々は、一応に制限速度以下での走行。

勝手知ったる私には、まどろっこしいことこの上なく、随所で追い越しを余儀なくされたのでした。

検問のありそうな所もほぼほぼ見当がついているのですが、追い越しのチャンスは、そんなにも多くは無いので、そういう場面では、つい追い越すことの方に気持ちがいってしまいます。

 

で、憲兵に見つかってしまいました。

 

追い越している最中に、右目に彼らの車が見えたので、自分から止まろうかと思ったのですが、後でそんな事を家族に話したら、きっと叱られるだろうと思ってそのまま走っていたら、しっかり捕まりました。

 

覚悟を決めて車を寄せ、まずはマスクを着用。

ごそごそと、マスクを着けている内に、憲兵が寄ってきて、今思えば窓を開けろという合図だったのでしょうが、私はドアを開けたのでした。

そしたら、少しバックするように指示されたので、憲兵の車の隣までバックして、止めてすぐに車検証を取り出していたら、先程の憲兵が、

「何処へ行くの?」

『家へ帰るところです。』

「家へ? 5台も6台も一気に追い越して?」

『はい、すみません。』

「じゃぁ、帰りなさい」

『??』

「気を付けてね」

『はい、(行けないことをしたことは)自覚しています』

 

免許どころか車検にも目もくれずに、無罪放免!

はぁ、やれやれ。

車検証を元に戻して、ゆっくり発進。

良かったぁ、ラッキー!

かなりの罰金を覚悟していただけに、気が抜けるほど安堵しました。

 

憲兵も、追い越し犯を捕らえてみたら、こんなおばぁちゃんで力が抜けたのでしょうね。

きっと若い子なら、思いっきりお仕置きを受けたことでしょう。

 

ということで、セーフ!

 

はい、気を付けます。

あ、でも

無理な追い越しでは無かったのですよ。

直線で、対向車も途切れていたし。

あはは、ちっとも懲りてませんね。

ちなみに、ローマやミラノの町中には、

こんなかっこいい憲兵さんたちがいます。

もちろん一緒に撮影もOkey!

 

 

 

陽介の初体験

2月9日以来、毎日自分で学校にバイクで通っている陽介ですが、
午後も時々友達のうちへ行ったり近所をぐるっとまわってきたり、
とにかく今はバイクに乗るのが楽しくて仕方ないみたいです。

昨日の日曜日には父親と一緒にミニバイクのサーキットへ。
よく飽きないもんだ。

さて、今日も午後5時過ぎ、ちょっと出かけるといったので、
暗くならないうちに帰る事を条件に送り出しました。

帰ってきたときの最初の言葉は「カラビニエーリ(憲兵)にとめられちゃった。」

こちらでは頻繁に警察官の検問があります。
特に事件がおきたというわけではなく、ただの抜き打ち検査です。
ま、そうでもしないとこんな田舎の警官たちは暇で退屈でしょうがないだろうと思います。(笑)

でも、感じの悪い警官にあたったりすると何となく気分が悪くなってしまいます。
とにかく陽介は免許取得後、5日目にして早くも検問の洗礼を受けたということです。

Ben venuto nel nostro mondo!=われわれの世界へようこそ!

またひとつ大人の仲間入りをしたね。