毎日ごちゃごちゃ、その1

心電図

1月7日からゴルフ場が休みに入ったので、

普段はできないことを片付けようと色々やっています。

11月の嵐で庭の端っこにあるポンプ室の屋根が剥がれてしまったので

その修理を頼んでいたのですが、やっと人が来てくれました。

余り満足の行く修理ではありませんが、とりあえず雨はしのげるでしょう。

 

また、自分自信の健康管理も少し前にエコーでヘルニアを発見したのですが、

まだそのことをホームドクターに告げていなかったし、

ジムに通うようになって健康診断書を要求されたので

どちらにしてもホームドクターの所へ行かなければならなくなりました。

 

我がホームドクター、リリアーナという女医さんは人望が厚くていつも診療所は満員です。

10日の金曜日に行ったのですが、11時半ごろに着いて、診療を受けたのは13時過ぎでした。

しかも、まだ私の後にも数人、人が待っていたので肝心なヘルニアの箇所を見てもらうのを忘れました。

データは見てもらいましたが、少し腫れているのでヘルニアのせいなのかどうか知りたかったのですが。。。

 

また、かなり前からお腹の調子がよくないのでそのことを話したら3回の検便を指示されました。

ヘルニアに関してもすぐに手術をしなさいと言われましたが、それは手術の申込みを今しても

市民病院の場合、約1年後ぐらいに順番が回ってくるからということです。

もちろん、私はそんな順番の関係ないところへ行くつもりですが。

とにかく、手術はまだ少し待ちましょう。

エコーをとってくれた先生は専門家ですが、まだ手術をする必用はないと言っていましたから。

 

長くなりそうなので続きは明日。

 

 

ヘルニア

2ヶ月ほど前から右脚、ももの付け根から膝までの間が痛くて

ゴルフをしていてもたまにひどい痛みに「うっ」とうなって立ち止まって

仲間たちが心配そうに見ていたりという状況が続き、

整体に行っているのでもものあたり残りをほぐしてもらっても付け根の

リンパ腺あたりの痛みが取れないし、よく見たら少し腫れていたので、

整体の先生のすすめでエコー検査をしてもらいました。

 

実費になりますが、最近はあちこちに検査や診療をしてもらえる機関が増えて

昔のように保健所に申し込んで何ヶ月も待たされてということがなくなりました。

もちろん、保健所に行けば今でもそうなのですが、

なんと!実費のほうが同化すると保険での医療費より安かったりするのです。

イタリアの不思議!

 

とにかく、せっかく行くのだからついでにお腹のあたりも見てもらうことにしました。

若い頃はずっと便秘症だったのに、数年前から逆になってしまって、

便秘も辛いけれど、逆は更に辛いです。

外出したときには特に。

イタリアは日本のようにどこのトイレもきれいで快適なわけではありませんから。

トイレそのものの数も少ないですし。。。

 

胃や腸は内視鏡で調べるのが本当は良いのでしょうが、

大まかのところはエコーでもわかるようなのでお願いしました。

 

胃、膵臓、肝臓、胆嚢、腎臓、腸、すべてを念入りに調べてくださって

結果は「異常なし!」

肝臓に4ミリほどのほくろがあることも見つかりました。(笑)

 

ただ一つ、ヘルニアが見つかりました。

ももの付け根のリンパ腺の痛みはそこから来るようです。

まだ手術を要するほどではないけれど、悪化させないように気をつけなさいとのこと。

 

悪化させないためにはどうすればいいかと言うと、

重いものを持ち上げたり、力を入れすぎないようにとのことで、

痛みがひどくなったときのことを思いかえしてみれば

家庭用の大型プロパンガス、フル充填のものを2つも買ってきて

車から下ろしたり家の中に持ち込んでストーブにつなげたり。。。

きっとあの時に悪化したのでしょうね。

 

今も若干の痛みはありますが、原因がわかって安心しました。