みずいらず

ビーチベッド

写真は我々3人のビーチベッド、はい、最前列でっす。^^

 

 

親子三人で水入らずで水に浸かってきました。(笑)

(青花さんへのコメントに書いたこのフレーズが気に入っちゃったので再利用。)

 

親子

この日、(日曜日)私はコンペに予約していたのですが、

父親と息子の二人がそれぞれバイクで一緒に海に行く、というパターン。

チョット不吉なことを思い出してしまいました。

そのわたしの気持ちを察するかのように土曜の午後、息子のバイクが故障。

そこで、コンペを断り私も彼らと一緒に湖へ行くことにしました。

(あの、嫌な事故は3年前の1週間後、8月23日におこったのでした。)

 

海もいいけれどどうも騒がしくていけません。

そこへ行くと湖は波の音もしないし、人も少なめだしなんとなく静か。

カステル・ガンドルフォ湖カステル・ガンドルフォ湖

かつてはこんなにきれいな砂浜ではなく、岩がゴロゴロするような人気のないところへ

行ったものですが、われわれも年をとりました。(汗)

 

ただここでの問題は、監視人がいること。

沖には三重にブイが浮かんでいます。

彼らにとって、泳いで良いのは最初のブイまでの範囲。

でも、そこまで歩いていけるのですよ。私の身長で。

 

その外側は手漕ぎのボートやカヌーなどが通るところ。

更にその外側はいわば緩衝地帯といいますか、

この湖には、近隣の山火事などの場合、消防飛行機が水を汲みにやってくるので。

 

こういう、枠組みを知ったのはかなりあと。

 

もちろん、我々親子にはそんな常識は通用しません。

最初のブイは子供用。

2番目のが安全範囲。

3番めが限界でそこからは行かないほうが良いだろう。

こういう感覚でいたので当然毎回2番めのブイまでいっては引き返していました。

 

で、何度めかに息子が最後のブイに向けて出発したのでした。

(数年前、息子はこの湖を泳いで横断しています。

その頃は監視人のいない岩だらけのところからの出発だったので…)

2番めのブイから大きく離れた時にPaoloと私は「またやるのかなぁ」

と心配し始めました。

泳ぎの心配ではなく、横断にはかなり時間がかかるので。

 

その頃にはその場にいた人たちが真剣に心配し始め、監視員さんに報告に行く人もいたり、

監視員さんは立ち上がって凝視し、もう一人の監視員さんもやってきて

家族だとバレていたので(笑)私に近づいてきて開口一番

「あのブイの外に出ると350ユーロの罰金ですよ!」

 

なぬ?! 罰金とな?! そんな理不尽な。

遊泳禁止でもない湖で泳いだからといって罰金はないでしょうに。

などと思いながらも言葉にはせずにいい子にしていたら

息子が方向転換して戻り始めました。

 

私の横にいた監視員さんが、「自力で戻れますよね?」

私、ただにっこり。^^

(彼がかつてこの湖を横断したとは言わないことにしました。(笑)

 

息子が方向転換した時にPaoloと私が迎えに行く形で泳ぎ始めました。

途中で合流して3人で大笑い。

しばらく水の中で遊んででてきました。

 

水からあがったばかりの息子にまたもや監視員さんがくどくど。

でも、息子も大人になったといいましょうか、

もともとPaoloや私に比べるとおとなしい子だからでしょうか、

「はい、わかりました。もうしません。」と返答していました。

 

実は罰金制度が導入されるのはおそらく来年からとのこと。

監視員さんは正直心配してくれたのでしょうね。息子の力が尽きてしまわないかと。

 

しばらくしたらグラッタケッカがやってきました。

かき氷屋さん

かき氷にシロップをかけてくれます。

息子がおごってくれました。(笑)

 

ちょうど3時間半ビーチパラソル無しでそこにいて

今日はすでにゴルフ焼けしている私でさえ、日焼けに痛みを感じています。

 

 

Castelgandolfo湖

法王様の夏のお住いがローマの南隣

Castelgandolfo (カステル・ガンドルフォ)という街にあります。

そこは大きな湖Castelgandolfo湖のある所。

地図によってはAlbano湖と紹介されています。

大きな湖なので両市にまたがっているわけでそれぞれの街が

自分の街の名で呼んでいる感じです。(笑)

 

海は騒がしいけれど湖は静かで好きです。

真水だから泳ぐのが大変と思う方もおられるでしょうが

逆に波が少ない分楽な気がします。

ま、要は好きずきですが今の季節、海は駐車する場所を見つけるのも大変。

湖はまだ少し余裕があります。

 

特に我々が行くあたりは人出の少ない穴場。(イメージはサイトから拝借)

まるで全く別の湖のようでしょう?(笑)

Paoloが足漕ぎボートの上から撮ってくれたものですが、何がこんなに嬉しいのでしょうねぇ。

自分自身の泳いでいる姿(顔)を見てまるで幼い子供のようで笑ってしまいました。

綺麗な水でしょう?

 

横泳ぎってご存知ですか?

普通は顔をすっかり水没させての平泳ぎですが時々こうして横泳ぎをします。

早くて疲れない泳ぎ方です。

 

疲れたらこうしてプカプカ浮かんで一休み。

先週の木曜日にハチに刺されて翌金曜と土曜にこの湖で泳ぎました。

8月15日はマリア様の御昇天祭で祝日です。

だからまた戻ってと思っていたら

こんな夕立が毎日午後に。

湖に行く予定だったので14日15日の両日毎年恒例のコンペにも登録しなかったので家でゴロゴロ。

そうそう、裏庭のビーチパラソルを閉じようとしてこんな格好で出て行きました。

2階までかっぱを取りに行くのが億劫で。はい、ゴミ袋です。(笑)

 

ゴルフ仲間のシルビオさんはこの一週間、ずっと船上の人。

彼はヨットのスキッパーで、友人たちとローマ近郊の海を楽しんでいます。

我が家のあたりがこの夕立にあっている時にシルビオさんから送られてきた写真は。。。

ポンツァという島のキアイア・ディ・ルーナという所。

イタリアも結構広いんですねぇ。(笑)