猛暑の中で

日本に比べるとまだ過ごしやすいこちらイタリアの田舎ですが、

天気予報の記録では毎日35度近く、つまり体感温度はもう少し高いですよね。

そんな中でも、いくつかのバラたちは咲き続けてくれています。

それを当たり前のように眺めていましたが、

今朝、ワルツタイムを見た時にハッとして、

やはり、この猛暑にかかわらず咲いてくれているのは

とてもありがたいことなのかもしれないと思い、アップすることにしました。

 

すでに何度も咲いた後だし、お礼肥なんてあげない私だし、(コラッ)

花は小さく、色もすぐにあせてしまいますが、

まぁ、咲いているという現実だけでも見てやってください。

ジャルダン・ドゥ・フランス

クイーン・エリザベス

ワルツ・タイム

ホワイト・メモリーズ

ザンブラ

アイキャッチ画像は、カンディア・メイディランド。

この他に、マティアス・メイディランド、ザ・フェアリー、ラ・セビッラーナ

も咲いていましたが、いかにも見るに絶えないので撮影しませんでした。(汗)。

 

“猛暑の中で” への2件の返信

  1. 本当に、咲いているというだけで偉いと思いますよ。
    私なんて息する以外何もやりたくないですもん。
    我が家のバラも似たような感じです。
    私もマメに手入れをするタイプではない放任主義なもので^^;
    あと1ヶ月後には涼しい風が吹いているでしょうか。
    この次に咲く時はバラも気持ちよく咲ける天候だといいですね。

    1. 加藤さんは、基本的なところはしっかりと抑えておられるから。
      庭に植えてしまうと、鉢の頃よりは気が抜けるというか、
      自然頼みになってしまうところがあると思います。

      鉢植えがなければ毎朝の水撒きもどうだか。。。(汗)

加藤 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください