Yoske帰途へ

陽介と

Yoskeは、2週間の夏季休暇を終えて、

今(8月29日午後5時50分)バイクでTorinoに向かいました。

そもそも一昨年、スクーターでTorinoに帰ったので、

今回は、そのスクーターで帰宅して、新しい(中古だけど)バイクで

Torinoに戻るという計画だったのです。

それが、来る前にスクーターのバッテリーがあがってしまっていて、

充電できないほどの最悪な状態で、

ちょうどFerragostoで、すべてのお店が閉まっていて、

新しいバッテリーを買えなかったので、

急遽、電車で帰宅したのでした。

 

ローマからは、ガレージでそのバイクに乗り換えて帰ってきました。

ところが、翌日ツーリングを楽しんでいたのに、

夕方、車輪の状態が悪くなって、走れなくなったとの連絡で、

夜の8時前に、迎えに行くことに。。。

それが車で45分もかかる場所で、私はドキドキしながら向かったのでした。

 

バイクは、息子もイタリア自動車協会の会員なので、

トレーラーが運んでくれたのですが、なんとその係員の方

従兄弟を連れてきていて、Yoskeを乗せる場所がないとかで、

息子は山の中で1時間余りも私を待っていたのでした。

 

その翌日からは、息子と私の車を共有しなければならなくなって

ゴルフへもいけなくなりました。

「行っていいよ。」とは言ってくれるのですが、

とにかく心配症の私は、万が一、車がいることになったらと思うと

なかなか動けないでいました。

 

やっとバイクの修理が終わったのは昨日のことなのです。

息子は新しく手に入れたバイクでこの近辺を存分にツーリングしたい

という願望を、1ヶ月以上も前から抱きつつやってきたのに。

なんとも運の悪いことです。

でも、Torino への帰途に間に合って、機嫌よく旅立っていきました。

 

無駄なこととは知りながらも「ゆっくりね。時々休んでね。」

などと言っておきましたが、息子がどんな運転をするのかはよーく知っています。

バイクを修理してくれたところの人たちも、もちろんバイクが大好きで、

レースなどにでていた方々ですが、息子の運転には舌を巻いています。(汗)

 

これから数時間、息子からのWhatsAppで,「ついたよ。」という

チャットを見るまでは、なんとか気分を紛らわしていないと。

 

アイキャッチ画像は、出発間際に撮ったセルフィーです。

ピンぼけですね〜(笑)

 

 

 

 

安倍総理お疲れ様でした

安倍総理

昨日の朝、起き抜けに目にしたのは、『安倍総理辞任』の文字でした。

まさか!

どうしよう!

これからの日本はどうなるの?!

即座に私の頭に浮かんだのはこういう思いでした。

前夜まで、いろんなニュース、特に虎ノ門ニュースなどで、

首相を、無理やり退陣に追い込みたい勢力のやり方を見ていて、

「そうは問屋が降ろさないよ」とたかをくくっていたからです。

 

でも、体調が思わしくないのなら致し方ありません。

ここは、徹底的に治療をして頂き、次回に備えていただきたいものです。

65歳は、一般的には高齢者にはいるようですが、

政治家としてはまだまだ若い方です。

数年ゆっくりしていただいても、諸外国の首脳陣に比べたらまだまだいけそう。

私は、『もう一度!』を夢見ています。

諸外国の首脳陣の中で、

体躯も振る舞いも見劣りしなかった総理は、他にいなかったと思います。

 

もちろん、安倍政権化での政策をすべて手放しで評価しているわけではありませんが、

首相だからこそ、できなかったことが沢山あるような気がしています。

もしかしたら、閣僚の一員としてのほうが思い切ったことができるのかもしれない。

 

昨今は、マスゴミの偏向報道が、

インターネットのおかげで一般人にも見えるようになってきました。

いつまでも騙されていないで、過去の歴史に関しても正当に評価し、

日本人としての誇りをもって、前に進めるようになってほしい。

 

まだまだ残暑の厳しい折ですが、2日前、こんな雲を見ました。

秋の雲

なんとなく、秋めいた雲だと思いませんか?

季節は変わり始めています。

日本の国柄も晴れやかな秋空のように変わっていってほしい。