ヤマブキ

ダイダイ

黄色が大好きな私ですが、

この橙色もだーいすき!

小学生の頃、クレヨンで一番好きな色だったように覚えています。

あ、群青色も好きだったなぁ。

なんだか両方共、名前が好きだったような…

 

ダイダイ

何故かこの花をダイダイと思いこんでいて、

イタリア語で検索しようとして見つからず、

日本語でも見つからず、花の色で検索しても

オレンジ色では、全く引っかかりませんでした。

ようやく黄色の花で、一重のヤマブキが見つかりましたが、

なんだか焦ったわぁ、(笑)

ヤマブキ

一重だと全然雰囲気違うよね?

つまりこれは、橙色じゃなくて山吹色なのね。(汗)

ちなみに、イタリア語ではローザ・デル・ジャッポーネ!

学名は、この花を日本から欧州に紹介したWilliam Kerrにちなんで、

ケリア・ジャポニカと言うそうです。

 

 

 

Keiko

italia-keiko.net

1985年、ローマに恋をして住み着いてしまった私。でも人の生活はどこでも同じ。 泣き笑いはどんな言葉を話していても同じ。だったら楽しく生きたいね。

ヤマブキ」への6件のフィードバック

  1. ヤマブキ、私も大好き♪
    まず浮かぶのは「太田道灌」伝説
    伝説なのか実話なのかは分かりませんがこの花を見ると奥ゆかしさを感じます。
    トップ写真の右下のはレンギョウよね?

    1. わぁ、知識人!

      はい、「春ですね」の写真はシナレンギョウです。

  2. ああ、私もヤマブキといえば太田道灌を思い出すわ。

    七重八重 花は咲けども山吹の 実の一つだに なきぞ悲しき

    だったかな。

    うちの近くに白い一重のヤマブキがあるのよ。
    最初はヤマブキと思えなかった。

    1. あ、もうひとり知識人。

      白があるのね?
      それじゃぁヤマブキ色とは言えないね?(笑)

  3. 日本のバラ?
    確かに一重の貴バラ「天の川」とかありますが、今どきの日本のバラは随分変わったのよ!と私は声を大にして言いたい^^;

    山吹色は私も大好きでした。
    私は色鉛筆だったかな、よく使いました。

    さてと、太田道灌検索しなくちゃ(涙)

    1. 一重のバラ、いいではありませんか。

      >私は色鉛筆だったかな
      う、加藤さんの年代は、もうクレヨンって使わなかったの?
      我々の頃は、クレパスっていうのもあったわ。

      >さてと、太田道灌検索しなくちゃ(涙)
      私も早速やりました。(恥)

Keiko へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください