コチョウラン  その後

ウインターハーディ

咲き進んいます。

毎年、いくつかの蕾が落ちるんだけど、いまのところまだ全員元気。

phalaenopsis

そして、

ウインターハーディ2

いつもは花がすっかり終わるまで放置しているヘレボ、今年はちょっと早めに切り取りました。90%はドライに挑戦中。

残りをちょこっと飾ってみました。

このくらいの色が好きなんだなぁ。

咲いた、さいたPart3!

ヒヤシンス

パート3!になりましたよぉ。

まずはヒヤシンス。アイキャッチ画像は白。

 

ヒヤシンス

そしてこちらはブルーとピンク。

植えっぱなしで15年ぐらいはとうに経っているので、だんだん野生に戻っているみたい。(笑)

でも、こういう咲き方もかわいいでしょ?

 

ヒメオドリコソウ

ヒメオドリコソウの群生です。

もうすぐ刈り取ってしまうのでその前に。

 

ヘレボルス

ヘレボ、ウインターハーディ

ね、かなり色が薄くなってきたでしょう?

私はこれからが好きなんです。(へそ曲がり)

 

イベリス

イベリス、いつもならまだ寒い時に一人舞台なのですが、

今年は暖冬だったので他の花たちと一緒に咲いています。

 

モモ

次はモモです。

最初はネクタリンだったのにいつからか他のと混じってしまったみたい。

当初は八重の大ぶりの花だったのに今はこんな感じ。

もちろんこれも可愛いけれどね。

 

ヤマブキ

色が代わってこちらは ヤマブキ。(うわぁ、ピンぼけ)

なんと!イタリア名が Rosa del GIappone ニホンノバラ!だと知りました。

 

ツバキ

ツバキ 下の方に咲いていたのでほぼ寝っ転がって撮りました。

 

バラの蕾

そして!バラの蕾発見!  パレ ロワイヤル

スパニッシュビューティーにもついていたけれどピンぼけでしたぁ。

 

さて室内では。

 

ミニバラ

少し疲れてきたようですが、まだ新入りのミニバラ咲いています。

セントポーリア

このセントポーリア、花は指先ほどの小ささなんですよ。

 

コチョウラン

そしてついに、胡蝶蘭が咲き始めましたよ。

11個蕾が付いていますが、最後までみんな咲いてほしいなぁ。

とにかく、これから約2ヶ月ほど楽しめるかな。(嬉)

 

 

 

花冷え

3月には最高気温が20度を超える日があったというのにこのところ寒い日が続いています。

今日も最低が5度最高が17度。

良いお天気だったので動けば汗ばみましたが家の中でじっとしていると暖房がほしいくらい。

 

Fiuggiではまだ山おろしが吹き荒れて昨日そんな冷たい風の中でラウンドしたので

今日は首から方にかけて痛かったです。

コチョウラン

 

ブーゲンビリア

デンドロビウム

室内ではこんな花達が咲いています。

胡蝶蘭とデンドロビウムはいいとしてブーゲンビリアはなんだかおかしいでしょう?

昨年買ったこのブーゲンビリア、小ぶりなので室内に取り込んでおきました。

晩秋には枯れたかと思われましたが

ご覧のように真冬も家のかなで何度も花をつけています。

葉っぱも出てきたのでそろそろ屋外へと思っていますが、

もう少ししっかりと暖かくならないとびっくりしてしまうでしょう。

 

毎回復活祭の遅い年は春も遅いのです。

今年の復活祭は21日。

この子が外に出るのは5月の頭かな?

コチョウラン

 

なんだかどちらもボケてますがご容赦ください。

嬉しいことにつぼみが落ちることなく全て開いてくれました。

あと2つのつぼみも大丈夫でしょう。

 

もしかして昨年も書いたかもしれませんが

コチョウランを栽培するコツは根っこに光を当てることです。

そのためにはほぼ透明のカップを使うと良いようです。

特に日本の家屋では光線が弱いでしょうからね。

 

で、水は1周間に一回ほどたっぷりと。

あとは霧吹きで十分。

 

このコチョウランはスーパーで買った安物だけれど

もう何年も毎年咲いてくれています。

何年かつぼみはできるのに開花せずに落ちていたけれど

友人からコツを教わってそれ以来またこうして

楽しませてくれています。

年中家の中でいいし、手間のかからない欄です。