終わっちゃった

17,5 ヨーロッパ 対 USA 10,5

今回はヨーロッパチームの圧勝に終わりました。

特にイタリアのFrancesco Molinari(愛称はキッコ)が

全戦全勝というすごい記録を出しました。

相手がWoosとMIkelsonだったのが私としては残念ですが、キッコは今回のRyder Cupの中核をなす人物でした。

イタリア人ですが、どうかするとイギリスやスコットランドの方々よりもさらに北のタイプで、(笑)物静か、冷静で礼儀正しい

一日に36ホールという体力の限界に挑戦するようなスケジュールの中でもラウンド後のインタビューに丁寧に答えて好感度が更に高まりました。

今回はFleetwoodという若者とのコンビで、今や義兄弟のような感じで、

ハリウッドのHoolywoodの文字をMoliwood(Molinari +Fleewood)

なんて、置き換えた洒落も現れました。(笑)

 

二人共、冷静なプレーでその正確さは驚くべきものでした。

Fleewoodは金髪の長髪をなびかせる美男でもありいやがおうにも惹きつけられます。(笑)

優勝後の記者会見でキッコが「これからも一緒の時間を持たなくちゃね。」みたいなコメントで笑いを取っていました。

 

勝因はいろいろあるでしょうが

逆にUSA側の敗因のほうが分かりやすいかもしれません。

一言で言ってUSAにはスターが多すぎたのです。

キャプテンのフューリックよりもうんとすごい経歴を持つ選手がずらっと並んでいてまとめるのが大変だったようです。

2014年までフューリックも選手として出場していたのですから。

例えばジャック・ニクラウスがキャプテンだったとしたら誰にもなにも言わせないでしょうが昨日まで一緒にプレーしていた人物がキャプテンになったらやはりまとめるのが難しいと思います。

その点、ヨーロッパ陣営にはスターはいてもキャプテンのビヨンがまとめられる範囲だったということでしょうか。

チーム戦の難しいところですね。

実は今日、私もコンペだったので終了後、表彰式までの間にクラブハウスのテレビの前に皆が集まって観戦していましたが、そしてヨーロッパチームの優勝を喜んだのですが、その後の修了式を見逃してまたもやYoutubeで見ることになりました。

短いし、感動的だし、良かったらご覧ください。

私の成績は散々でした。

地獄の4丁目みーつけた。ってとこでしょうか?(汗)

ほぼ7番アイアンとパットのみのプレー、ハァ〜〜〜〜。

Ryder Cup

始まりました!

Ryder Cup 2018!!!

オリンピックのように無償でトッププロゴルファーたちが出身地の名誉にかけて2年毎に戦います。

アメリカチーム対ヨーロッパチーム

世界地図を見てもお分かりのようにヨーロッパ全体とアメリカと同じくらいの大きさですものね。(笑)

しかもアメリカはゴルフ熱の極めて高い所。

もちろんゴルフはヨーロッパが発祥の地。(オランダ説とスコットランド説あり)

どちらもゴルフが命という人たちの集まり。

普段はあくまでも個人戦ですが、Ryder Cupはチーム戦。

だから普段のツアーとはまた違った異常な盛り上がりを見せます。(笑)

日本は参加できないのであまりご存じないかもしれませんね。

きっとオーストラリアや南アフリカのプロたちも参加したがっていることでしょう。

何しろ年間のツアーの成績の良い人たちのみが参加できるのですから当代の一流プロたちを一同に見られるまたとない機会、最強のゴルファーたちの集いなのです。

プロたちにとってはこのライダーカップに出られるということはこの上ない名誉です。

また、ひとチーム12人のうち二人はキャプテンが話題性や過去の成績などを元に選びます。

今年の目玉はなんといってもタイガー・ウッズの復帰です。

2年前はスタッフとして参加していましたが、つい先日(9月24日)ツアー選手権で圧倒的な強さを見せてくれたばかりで、期待が高まります。

そして、今回はイタリア人フランチェスコ・モリナーリも出場します。

スペインのガルシアも健在です。

イギリスとその周辺の人たちが多い中でやはりラテン系が入ると嬉しいです〜(笑)

私はもちろんフランチェスコを応援しますが、実はフィル・ミケルソンのファンなのです。

彼は最多出場記録を更新中ですが、48歳。いつまで出場できるのか?

どんどん若手に移行する中で、ガルシアとミケルソンにがんばってもらいたいです。^^