庭の…

花たち

開始前

この手前半分くらいはつい最近草を刈ったので良いのですが、ご覧のようにまだかなり残っています。

まず、このディスコの着いたカッターで大まかにカットします。

なんと言っても草の丈は一番高いので私の背ほどもあるのです。

中程

上の写真と見比べてください。

ほぼ同じ場所からの撮影ですが、上の写真では見えていなかったものが見えてきたでしょう?

何でも焼いちゃうコーナーです。すっぽり草に覆われていました。

これから、下の方に一部写っている草刈り機でしっかりと草を刈っていきます。

終了

如何かでしょう?

こんなふうに写真に撮ったことがなかったので自分でもその変化にうっしっしでございます。(笑)

このあと、木の周りや、塀に沿ったところなどは、ディスコをナイロンに取り替えてカットしていきます。

たた、まだ厄介なところが残っています。

それは、以前ぶどう畑だったところで、今でも生命力旺盛なぶどうたちが暴れていて一筋縄では行かないのです。

ま、気になっていたエリオさんちに面したところはクリアしたのでホット一息。

二部に渡った今日の草刈り、一部を終えてまずシャワー、

軽い食事をとって一休み、だって手が震えて気持ち悪ーいのです。

その後、第二部をこなしてまたシャワー。

好きな時にたっぷりのお湯を使える時、しみじみ幸運だなと思います。

 

草の中にはこんな花たちも。

はなたち

うーん、あまり良くわかりませんね。

薄紫のカンパニュラや白いオーニソガラム、かんざしのようなのは、カラスムギ。

そして友情出演のバラたちは、黄色がシラノ・ドゥ・ベルジュラック

杏色が、とってもいい香りのアンドレ・ル・ノートル

白いのは門のそばで、1.5×1.5mくらいの大風呂敷を広げているスワニーです。(笑)

 

庭仕事と野の花

草刈り装束

アイキャッチ画像でびっくりなさったでしょう

これが、私が草刈りをするときの装束です。

これでもかなり簡素になったんですよ。

以前はもっと重装備だったのですが、やっと快適なのが見つかりました。

マスクもしていたのですが、マスクをするとメガネが曇るんです。

一応簡単なネットがあるし、目のほうが危ないのでメガネを取ることはできません。

 

そしてこれが、いまの私の兵器。

ナイロンカッター電動式のナイロンカッターです。

発動式のは私の力ではなかなか発動できなかったので

昨年の初夏に思い切ってバッテリー式のを買いました。

発動式に比べるとどうしてもポテンシャルにかけるので長い間迷っていましたが、

小さな力でも回数を増やすことで対処できるのではという結論に達しました。

このナイロンの他にディスクも装着できるので、大抵の草はこれでOK.

 

一つ問題があるとすれば当初一つのバッテリーが30分ほどんもったのに、

すぐに10分以下になってしまいました。

どうやらバッテリーの充電器の故障のようです。

アマゾンで買ったのでまだ保証期間内だと思うのですが、

今の状況ではねぇ、相談する気にもなりません。

とにかくバッテリーが2つあるので合計約20分。

そのくらい使っているとそろそろくたびれてくるのでちょうどいいかも?

などと思っています。

以前は燃料が無くなるまで使っていたので1時間半ほど続けての作業では

終わった後、半日ほど手が震えていました。

しかも重量もかなり違います。

一度作業すると、とことん疲れたので次第に感覚が空いていったのだと思います。

今は毎日のように使っています。

そろそろ草がかなり伸びてきました。これから盛夏までは草との戦いです。

では刈ってしまう前の野の花達の様子を。

 

 

キンポーゲ

キンポウゲキンポーゲ

日差しを遮らないとよく見えませんね。(笑)

野の花

ツルニチニチソウが庭のかなりの場所を覆っています。

これは背が低いし、邪魔にならないところに群生しているのでこのままにしておきましょう。

野の花 野の花 野の花 野の花

ヘラオオバコ

ヘラオオバコ、面白いけれどちょっと背が高すぎるのでカットします。

明日はまた「咲いたさいた」をお届けしますね。