ハロウイン前夜

墓地

何度かご紹介したように、11月1日は「諸聖人の日」といって、

イタリアのカレンダーに載らないマイナーな聖人たちをまとめて崇める日です。

翌2日は、「すべての死者の日」。

聖人になれなかったごく普通の死者たちを崇める日。

ということで、その両日は、お墓もまるでコロナ以前の、

銀座の歩行者天国のようになってしまうのです。

 

こちらのお墓は、昔から町外れに設けられているので、

基本的に、現代では車がないといけない距離です。

でも、その両日は、無残に周辺の駐車は禁止になってしまって、

延々と歩くか、違反駐車の切符を来られることになるのです。

そこで、私はいつも10月30日か31日に行くことにしています。

何しろ私は長男の嫁なので、

他の親戚が来る前に掃除などをしておきたいということもあるのです。

日本もイタリアも歴史の長い国、同じような習慣や倫理観があるものです。

 

できればギリギリに行きたいのですが、明日(31日)は土曜日。

おそらく、駐車禁止は明日からでしょう。

ということで、ゴルフから戻ったその足で、お墓参りに行ってきました。

 

我が家は庭が広くて、いろんなものを植えています。

この家を買った時に、庭に咲く花を姑に捧げるのだ、

という思いがあったので、今もできる限りお供えの花は庭から調達するのですが、

黄色い小ぶりの菊と、シロタエギク、そして、南天の実が赤くなっていたので、

それらを摘んで、後は墓地の前の花屋さんで調達することにしました。

 

色的には白が加わればちょうど良いかと思い、

白いバラなどを加えて、墓前へ。

私のいつものルーティーンは、Paoloの両親のお墓、

墓標

Paoloの母方の祖父のお墓、

墓標

そしてPaoloを可愛がってくれた大叔父のお墓。

墓標

この3箇所をめぐります。

小さな町ですから、他にも親戚のお墓はたくさんありますが、

みなを毎回回るのは、正直ちょっとしんどいです。

どなたも私の知らない方々ですし。

 

最後の大叔父のお墓を掃除している時に、閉園のチャイムがなり始めました。

すっかりチャイムが鳴り終わっても、まだもう少しお掃除したくて粘っていました。

墓地は、当初から計画的にできるものではありません。

必要に応じて拡張されていくものです。

で、大叔父の墓標は、なぜか、陽の差さないところに位置していて、

すでに、この時期には5時近くになると真っ暗でした。

スマホの明かりを頼りに作業しましたが、

暗いし、チャイムななるし、片手でゴミを処理しなければならないし、

(もう片方は明かりをもっているので)

そこは墓地のかなり奥まったところなので、

門が閉まってしまうのではないかという不安がよぎり、

あたふたと、帰路についたのでした。

ハロウインの前日、お墓で一夜を明かしたくはありませんから。

 

幸い、まだ門は開いていて外にでられたのですが、

慌ててもってきてしまったゴミを捨てたくて、

(お墓のゴミを、できれば家にはもって帰りたくなくて)

もう一度中に入ろうとしたら、しっかり管理人さんに咎められてしまいました。

ゴミを捨てたいことを告げたら、

門の外に大きなゴミ箱があることを教えてくださいました。(ホッ)

 

ということで、今年も無事にお墓参りを終えて

長男の嫁としての役割を果たしたことを、ドヤ顔で夫に告げたのでした。(笑)

墓地

 

 

 

 

 

 

 

 

Funziona!

これは10月31日にメルマガで発信したものと同じ内容です。

 

Funziona!

Funzionaとは、正常に作動するという意味です。

日本の場合、ほぼ全てが正常に作動するのでこういう言葉を発する機会がないのではないでしょうか?

ところがイタリアの場合、いまだに正常に作動すると嬉しいという日常なのです。

電車は時刻表どおりには動きませんし、突然何の予告も無く途中駅で1時間も停まったりしながら何の説明も再度発車するという予告もなしに再発車したり、
先日郵便局に行ったら通信網が途絶えているので 何のサービスもできませんとのこと。
そのことを入り口に告知するでもなく客が入って来れば同じ言葉を繰り返すという状態。

だから、電車が止まらずに帰宅できたり、郵便局で郵便物を目的地に発送できたりすると嬉しいのです。(笑)

今日は、午前中全てが 「Funziona」でした。

こうして皆様にメルマガで報告したくなるほどに私は嬉しく満足したのです。

まず、明日11月1日は「諸聖人の日」、明後日は「すべての死者の日」

つまり年に一回、殆どのイタリア人がお墓参りに行く日なのです。

そこで私は駐車もままならないその日が来る前にいつもお墓参りをすることにしています。

Apolloni家の長男の嫁としては誰かがお参りする前にお墓の掃除をして花を替えて

一応最低限のことはする嫁だと思わせたいですし。(笑)

また、見たこともないPaoloの大おじさまやお祖父様に今や何某かの愛着もありますし・・・

さて、行ってみたらすでに翌日のために近隣には駐車禁止のテープがはりめぐらされていましたが、墓地の駐車場には出入りができ、少し待ったら空きができたので運良く正規の場所に駐車して朝一番にカットした我が庭の秋バラたちを手に、お墓参りのはしご?を致しました。(笑)

この墓地にはPaoloの両親、つまり私の姑たちが一緒に葬られているお墓があってそれがメインなのですが、

30年前にPaoloと知り合ってすぐにここに連れてこられて
(日本ではそんなところにガールフレンドは連れて行かないと思うけれど・・・)

お祖父さんと、子供の頃に竹とんぼなどを作って楽しませてくれたという大おじさまのお墓、そしてお祖母様のお墓などをお参りしました。

で、今の田舎に引っ越してからは結構足繁く通うようになったのです。

まだ小さかった息子を伴って散歩がてらによく訪ねました。

息子には母方の根っこを語ることはできても見せることは難しいので、
せめて父方の根っこを話し聞かせてできれば見せておきたかったのです。

 

今日は姑たちのお墓で愚痴ってきました。

「あなた達がついていながら昨年息子は大怪我をしたではありませんか!
もっとしっかり守ってやってくださいな、唯一の孫なんだから。」と。

その後、郵便局へ行きました。

市のごみ収集費の支払いがあったし、少し郵貯の講座に入金する必要があったので。

今日は・・・大丈夫でした。

4つの窓口のうち、2つしか開いていませんでしたが私は郵貯の口座を持っているのでその口座のカードを入り口にある順番待ちの発券機に入れると講座を持たない方々よりも優先的にサービスを受けることができるので先の方が終わったらすぐに私の番になりました。

私より先に来て待っている方々には申し訳ありませんが、
このサービスを受けるために何がしかのお金も払っているのだし
この際特権を有効に使って、次なる目的地

私のホームドクターのストゥディオ(スタジオ)へ行きました。

ローマ市内ほどではなくてもこのあたりでも駐車場の不足は問題です。

かなり遠くに駐車して歩くこともしばしば。それでも場所が見つかれば良し。

でも、今朝はドクターのスタジオにわりと近いところに、しかも薬局の前なのでドクターに処方箋を頂いたらそこで薬を買うことになるわけで絶好の場所に駐車できたということになります。

こんな小さなことが嬉しいと感じられるのはいいことなのでしょうか?

それともアタリマエのことだから嬉しがっているのは馬鹿なのでしょうか???

ドクターのスタジオでも何時間も待たされることがあるというのに
今日は私の前にすでに診察を受けていた方がいたのみで、自動販売機のコーヒー(缶ではなく)を飲み終えたら私の番になりました。

(日本の皆様には見慣れた風景でしょうが自販機のあるスタジオはまだこちらでは珍しいのす。ゴミの分別容器が目立ってますね。)

必要な処方箋はすでに電話でオーダーしておいたのですが、
最近お腹の調子が良くないので相談してみることにしました。

問診の結果、5日間、薬を飲んで1ヶ月後に同じことを繰り返し更に2ヶ月後にという処方を頂いて帰ってきました。

もちろん車に戻る前にその処方箋を持って薬局に行ったのは言うまでもありません。

ときには薬局で並ぶのが1時間にも及ぶことがあるのですよ!

以上全てが朝の10時半から1時間半の間に終わってしまって信じられない思いです。