メリークリスマス

12月22日まで、我が家の冷蔵庫はほぼ空っぽでした。

その夜、WhatsAppでYoskeが [クリスマスの昼食はどうするの?3人一緒に過ごせるなら行くけれど。]

というメッセージを送ってきたので、[お父さんと話してみて、決まったらしらせてね。]

と答えておきましたが、24の午後〜26日は全てのお店が閉まるので23日中に買い物を済ませておかなくてはなりません。

来るかどうかもわからないけれど、とりあえず買い込んでおきました。

 

やっと24日の夜、[もうすぐ出発するから]という知らせ。

その知らせを受けてからラグーを作り始めました。

昼食がどこでどうなっても最悪の事態に備えるために。

 

息子は、朝4:30に着きました。

10:30、パオロに連絡を取り、ローマの適当なレストランを探してもらい、我々がローマヘ行くことになりました。

 

普段、気取らないパオロにしてはシックなホテルのレストランを予約。

ただ、思いがけない交通渋滞で、予約時間に間に合わなくなるかと心配しました。

15分ほど遅れましたが席は確保されており、やっと私の気持ちも落ち着きました。

ホテルのロビー

レストランの入口

各テーブルには真紅のバラが

付き出し

歓迎スプマンテと、付き出しが程なく運ばれてきました

ワインワイン

ワインは、Barberaをチョイス。とても素直なテイストのワインでした。

前菜

アンティパスト

パッパルデッレ

 

パッパルデッレ、お肉のソース

リゾット

ホタテ貝のリゾット

今日のメニューの中で唯一頂けない一皿でした。

まるでご飯に安物の鯖缶を混ぜたような魚臭い、そしてやや生煮えのリゾットでした。

フィレステーキ

お肉は有名なファッソーナという牛肉のフィレステーキで美味しかったのですが、わたし的には何かグリーンの添え物がほしかった。

最近はイタリア料理も見た目の美しさが大切なのです。

付け合せのポテトもいまいちだったかな。

窓

場所はフォロ・ロマーノの裏側で、とても静かな一角、かつての修道院を改装したホテルで、窓の外に裏庭が見えています。

デザート

デザートはミッレフォーリエに森の木の実添

その後もう一度辛口スプマンテが出て、我々が注文したコーヒーで締め括りました。

思いがけない家族揃っての

さらに思いがけないエレガントなクリスマスメニュー。

まさしく素敵なクリスマスプレゼントでした。

早くねぇ!?

ゴルフボールに化けたかぼちゃ

アイキャッチ画像はかぼちゃをゴルフボールに見せかけたものです。

ゴルファーにはたまらなく可愛らしく映ります。(汗)

 

10月の最後の日曜日の午前3時に夏時間が終わり、通常に戻りました。

日本との時差はこれから来春の3月最後の日曜日まで8時間となります。

朝は、例えば7時起床が習慣の方だと

ちょっと薄暗いかなと感じていたのがまた少し明るさをとりもどすわけですが、

その分、夕方6時頃暗くなり始めたなと思っていたのが急に5時には暗くなるわけで

日が急に短くなりました。

 

と同時にどうでしょう!

すでに近くのCoopにはパネットーネがお目見えしました。

まだ10月ですよ!

クリスマスは12月の末期です。

2ヶ月も前に売り出されるパネットーネ。

市場に出る少し前には製造され、各地へ搬送されるわけですから

我々の口にはいるのは早くても製造後約3ヶ月近くたったものというわけです。

 

昔はクリスマスに関するものは12月8日のマリア様の無原罪のお宿りの日から

となっていましたが、どんどん早くなっています。

それにしても10月中とは驚きました。

家庭用品を扱う店ではクリスマス用の飾りが多くの場所を占めています。

それに伴っておもちゃ売り場も拡張されました。

 

まだ、クリスマスまでには11月1日の諸聖人の日と、

その翌日のすべての死者の日がありイタリア人の多くがお墓参りに行きますので

どこでもかしこでも菊の花が売り出されています。

また、ハロウィンを楽しむ子どもたちもいるので

若干のかぼちゃ絡みのものや仮装用品なども見受けられますが、

ひところに比べるとひっそりとしています。

 

とにかく今年はターゲットをクリスマスに絞ったように見受けられました。

落ち葉の絨毯

少し風邪気味で3日ほどおいて行ったらゴルフ場はすっかり秋景色でした。

ささやかなクリスマス

クリスマスだって毎年仕事のPaolo.

これまでは仕事を終えて凍てついて道をスクーターで夜遅くに帰ってきたものでしたが今年はローマのアパートにとどまりました。もともとキリスト教絡みの行事が嫌いなPaolo,息子が小さいうちは他所様のようにツリーを飾ったり、パーティーを開いたりしていましたが息子が成人してからはだんだん普段の日と代わり映えがしなくなってきました。

私自身は何でもお祭り事は嫌いじゃないんだけど・・・(笑)

で、息子と二人っきりのクリスマスイブ。

 

vigilia2

もう何年もクリスマスのテーブルを飾ってくれている小さなツリー。

中に小さなロウソクが入っています。

Ceci(ひよこ豆)とメルルッツォの煮物。

ポテトサラダとカルチョーフィ〜の天ぷら、そして出来合い(Findus)のやはりメルルッツォのフライ。

他に味噌汁と生ハムやチーズという本当にささやかなイブの夕食でした。

テーブルが寂しかったので食べもしない果物を飾りに。(笑)

隣には唯一クリスマスらしいパネットーネ。

 

翌25日の昼食は朝からベシャメッラ(ホワイトソース)を作って、ラグーは昨日のうちに作っておいたのでラザーニアにしました。

冬場はオーブン料理が部屋も温まっていいですねぇ。

我が家のオーブン、数えてみればもう23年も使っているので最近火力がうんと弱くなってしまって最強にしているのにラザーニアを作るのに1時間半程かかりました。

残念ながら写真は撮り忘れ。

夜は

なんだか色目が悪いのですが、上の大盛りは息子よう。

一応少し控えめにしたつもりの私用。

エビフライにポテトのソテー、ムール貝のフライとカペッリーニという細いパスタをポルチーニきのこのソースであえて、添え物にしました。

まだラザーニアも残っていたしね。

イブの夜はビールだったけれど今夜はスプマンテ(発泡性ワイン)を開けました。

これは息子が1/3, 残りは私が飲んじゃった。(ウィ〜〜)

 

毎年のようにクリスマスあたりは天気が悪いのですが、今年はイブも当日も晴れていました。

クリスマスの翌日もこちらは聖ステファノに捧げられたお休みです。

その日から天候が悪化し、陽介の誕生日27日は一日中暴風雨。

「あー、つまんないなぁ。毎年こんな天気で。」

「あなたが生まれた時はいいお天気だったのよ。」

「へぇ〜〜〜」

 

なんとか息子の気持ちを引き立てるために好物でも作ってと思うけれどこの天候では買い物に行くのも億劫で。家にあるものでなにかと思ったらばら寿司を思いつきました。

日本食なら何でも好物の息子ですから。

冷蔵庫にクリスマス用にと買っておいたスモークサーモンとカジキマグロのスモークしたのがあるし、カニカマもあるしムール貝のむき身も残っているし卵もあるし・・・

なんとかなりそう〜

例によってピンぼけですが(汗)

すし酢はミツカンのが手に入るので常備しています。

なんと春にYukoさんが「桜デンプ」を持ってきて下っさっていたのを大事にとっておいたのでそれをまずすし飯の上にふりかけ、エビの茹でたのとスモークサーモンとスモークペッシェスパーダ(カジキマグロ)青いのはきゅうりじゃなくてズッキーニの皮に近いところを薄切りにして細切りのカブとともにしばらく塩をしてしんなりさせたもの。カニカマは見えないけれどどこかにあるはず。最後に錦糸卵。それらを載せて、いただく寸前に刻み海苔をたっぷり。

ムール貝は塩辛ふうに甘辛く煮詰めておいたのをここにのせるはずだったのに忘れて別におつまみ風にいただきました。(笑)

更にまたもや by Yukoなのですが息子の好物のいなり寿司用のアゲをいつも持ってきてくださるのでこの際思い切ってそれも使いました。「随分久しぶりだねぇ」と息子もご満悦。

鳥のささみとズッキーニとお麩(関西では’お’をつけてよびます)のお味噌汁。

まぁ、こうしてなんとか体裁が整いました。

おかげさまで息子は大満足。私もホッとしました。