メルマガ28/04/2019 私のゴルフ

 

タイトル

N.002      私のゴルフ


うえーーーん、すっかり書き終えてあとはネット上にアップ ロードするのみとなっていた原稿が

すっかり消えてしまいましたぁ。

もちろん初めてのことではありませんが、この歳になるとこ ういうことがこたえます。

紙に書いてあったなら丸めてゴミ箱に捨てても拾ってシワを 伸ばせば良いのでしょうが

PCでは消えてしまったものはもうどうしようもないのです よね。

眠い時に大事な仕事はしないほうが良いという良い教訓にな りました。(汗)

気を取り直して書きなおすしかありませんね。

 

さて、タイトルにあるように今日は私のゴルフに関しての現 状報告です。

私がゴルフをはじめてから9年目に入りました。

当初、割と順調に上達していたので1〜3のカテゴリーで第 2カテゴリーぐらいには

すぐに入れるようになるのではないかと思っていたのですが

何のことはない、未だに第3カテゴリーでウロウロしていま す。

 

始めた頃はコーチについてレッスンしていたので素直なゴル フができていたのでしょうが

次第に友人たちと遊ぶようになって、悪い癖がついたようで す。

ゴルフは止まっているボールを打つのでどんな打ち方でもそ れなりに当たるのです。

その分、打ち方には十人十色と言っていいくらいいろんな打 ち方があります。

 

もちろん、コーチたちが推奨する打ち方はいくつかに限られ てきますが、

問題はコーチがどのような言葉でそれを伝えてくれるかとい うことなのです。

同じことを説明するにも表現の仕方で受け止め方が違ってき ます。

 

ましてや私には言葉の障害というか、微妙なことを外国語で 理解しなければならないので

より難しくなってしまいます。

 

でも、最近はYoutubeでのゴルフレッスンの配信も数 多くあって

昨秋、私はこれぞというコーチに出会いました。

三 觜喜一プロがその方です。

難しいスイングを細かくわかりやすく解説してくれるので

目からウロコの毎日です。

 

もちろん、実際のコーチのように腕を引っ張ってくれたり、

頭を抑えてくれたりは出来ませんが、少なくとも頭の中での 理解は深まりました。

まだまだ、自分のものにしていくには時間がかかるでしょう が

最近プロが2冊めの本を出されたので早速日本から取り寄せ ました。

ゴルフ教本

我々日本人は頭から入ることが多いので、きっと活字を追う ことで

理解が深まるのではないかと期待しています。

 

まだこのあたりには冷たい風が吹いていますが

そろそろ競技コンペが増えてきました。

先週の土曜日もラツィオ州主催のコンペにうちのゴルフ場の 女性4人で

チームを作って参加してきました。

女性チーム

 

チームやカップルでのコンペは自分の出来が悪いと個人競技 よりも

かなり重荷に感じてしまうものですが、9年目にして少し開 き直りもあって

最近は素直に楽しめるようになってきました。

 

我がゴルフ場の全チーム

これからも自己の切磋琢磨に励むと共に、時々は楽しいゲー ムを取り込んで

心身ともに活性化してくれるゴルフというゲームを楽しんで いきたいと思います。

2018年 03月 27日 Keiko


いつも購読いただき、ありがとうございます。
ご意見や感想をいただけると励みになります。

このメールへの返信、もしくは掲示板 「Keikoさんちの掲示板」 へお願いします。
もちろん、ハンドルネーム、匿名でかまいません。

バックナンバーは全て公開しています。
各配信元のサイトで「イタリアからボンジョルノ」を検索してください。

スマホではバックナンバーは見辛いようです。PCからをお すすめします。

HPはblog形式になりました。 「イタリ アからボンジョルノ」

このメルマガは 「まぐまぐ」 と 「メルマ」 から配信 しています。
解除をご希望の方は、下記のそれぞれのフォームから解除なさって下さい。

「まぐまぐ」 からお申込みの場合

 

メルマ ガ購読・解除 ID: 119931
イタリアからボンジョ ルノ!

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

「メルマ」からお申込みの場合

d
 f  g  
h s