momo5日目

(昨日30日に書き始めたものです)

 

今朝、テーブルの上にカリカリが固まって。。。

つまり誰かが戻したのですがほとんど噛み砕かれていませんでした。

テーブルの上なのでジーの仕業でしょう。

ジーは置物のようにテーブルや他の家具の上に鎮座するのです。(笑)

他の猫は食卓には上がりません。

 

さて、momoですが

今日も獣医さんへ行く道すがら車の中で朝のチッチ。

車に乗った瞬間から獣医さんに着くまで

獣医さんから家に着くまで2,3秒間隔で「ミャァー」

 

momoの名を呼んだり、「我慢してねー」「もうすぐだからねー」

などと話かけたり、でも黙ることはありません。

 

今日も膀胱は空っぽなのでエコグラフィーは無理。

でも、朗報が。

朝、何も食べなかったのでまた熱が上がったのかと思っていたら

検温の結果では平熱だということです。

 

採尿もできないしエコグラフィーも撮れないし

先生の感が頼りという感じですが、

3日間注射を続けることになりました。

「あなた注射出来る?」と聴かれたので

「前の犬たちのワクチンはよくやっていました。」と答えたら

「じゃぁ、これやってみる?猫の皮膚は硬いのよぉ。」

首筋をつまんで三角に窪んだところへ針を指します。

「うまいうまい、これなら大丈夫ね。」

合格でした。^^;

 

言葉の通じない彼らが病気になるといろんな思いがよぎります。

例えばもしも伝染する病気だったとしたらmomoを隔離したほうがいいわけです。

でも、今のところ他の猫たちは元気だし

(ジーも格段に良くなっているようです、そのしぐさから)

採尿のために隔離してもmomoはごく小さいうちから庭で育っているので

砂箱なんかつかったことがないし、

ちっちをもよおしても場所がないからと我慢するようではかえって体に良くないし、

辛い時にひとりぼっちでは余計心細いだろうし・・・

 

ということで隔離は解除しました。

どこにいるのか殆どを外で過ごしています。

その彼女がまる二日家の中でうずくまっていたのですからかなりしんどかったのでしょう。

そして食事時間になると一応戻ってきます。

ごくごくわずかしか食べませんが水をよく飲むようになったので少し安心。

 

食べ物も馬肉のハムの刻んだものを最初に食べたのに、翌日はダメ。

牛肝を喜んで食べたと思ったらやはり翌日はダメ。

鳥のむな肉をゆでて細かーく刻んだものもダメ。

安物のキャットフードを開けたら食べた。

でも、おそらく次回はダメでしょう。

全く猫はわがままです。

 

しかもmomoは石頭。

水も自分の好きなところでしか飲まないのです。

そこは外なので朝は凍っていますがその氷をなめています。

家の中にちゃんと用意してあるのにね。

 

外の水の入れ物は我々の腰の高さくらいのところにあります。

でも、そこまでジャンプするのがつらそうだったので

入れ物を下に置いたらすぐに飲んでいました。

 

momo

土曜日、獣医さんへ行く車中でチッチをして

その後、採尿を言いつかったものの全く気配なし。

考えてみれば約二日飲まず食わずだものね。

日曜の朝、試しに表に出してみたら凍った水をなめていたので

水を足したら少し飲んでいました。

で、金網をくぐってお隣の敷地へ入ったところで用足し。

「うーん、やられたぁ。」

でも、月曜の朝までにはまだ時間があるからいいでしょう。

その後は速やかに家の中に入ってきたので

可哀想だけれどまた書斎に隔離。

 

お水とカリカリを少しおいておいたけれど手つかず。

 

何度もチッチをしたか見に行ったけれどダメ。

部屋ではおとなしくしているけれど私が入って行くと「ミャァミャァ」

しばらくあちこちをさすって出てくるの繰り返し。

 

今朝、採尿はできていないけれどとりあえず検診に。

またしても車中でおもらし。

きっと車が嫌いだし、どうなるのか不安でお漏らししちゃうのかな。

まぁ、時間的にもまる一日していないのだから当然といえば当然だけれど。

 

獣医さんでは過日ジーのエコグラフィーを撮ってくれた女医さんに当たりました。

その方に「バルバラ先生はいますか?」と私。

等のご本人にそう訪ねてしまった。またしても大失態。

 

今日も検温をしたら40度!

かわいそうに。。。

 

で、検尿はできていないけれどジーのようにエコグラフィーができないか尋ねたら

「やってみましょう。」

でも、排尿したあとなので何も写りませんでした。

 

仕方がないので抗生物質と解熱剤の注射をして帰宅しました。

明日の朝、再検診に行くことになっています。

 

帰宅後、4時間ほど隔離していましたが今は外にます。

しばらくは外を見つめるだけで出ようとはしませんでしたが

少し水を飲んで、我々のサラダ用に買っていた馬肉のハムをを

糸のように細かく割いたものを与えてみたら食べてくれました。

ほぼ4日ぶりの食事(本のひとつまみだけれど)に私のほうが満足しています。

 

その後、数時間経っても戻ってこないので息子と一緒に庭中を見て回りましたが見つからず少し心配。

でも、きっとお隣に庭にいるのだろうと思うことにして買い物へ。

 

少し長めの買い物から戻ってみたら日が暮れたせいかmomoも

家の中で私を待ってくれていました。(ホッ)

 

夕食には久々に(Kenがいた頃は頻繁に買っていたのですが)牛肝を買いました。

ゆでて細かく切り刻んでニャンズたちに与えたらmomoもしっかり食べてくれました。

 

もちろんRudyには少し大きめに切ったものを。

カリカリにはいろんな栄養素がまんべんなく含まれているようですが、

やっぱり新鮮な肉や野菜類は四足仲間たちにも好評です。

 

今、この時点でmomoの姿が見えません。

きっと自分の秘密の隠れ家にいるのでしょう。

心配な反面、じっとうずくまっていた時に比べたら喜ぶべきなのでしょう。

 

ジーは少し元気になりました。

まだ、2週間の投薬期間を終えたら再検診です。

どうか手術を免れることができますように。

今度はMomoが

2日前にいつもより高級なキャットフードをあげたら誰かが戻していました。

ほとんど噛まないであげた時なまんまという状況でした。

そのキャットフードはシーチキンみたいなもので私も食べたいと思えるほど綺麗なものです。

 

でも、4匹も猫がいるので誰かはわかりません。

ひとつ確かだったのはジーではないということ。

ジーは今食事の時に胆石の薬をとっているので、

彼女の分は薬と混ぜ合わせるために細かくカットしてあったから。

 

そして昨日、Momoが朝食を取りに来ませんでした。

みなが食べているのに、食卓の下の椅子でじっとしています。

ま、そんなこともあるかなとそのままにしていましたが夕食も食べようとしませんでした。

しかも一日中ほとんど動いた気配もないのです。

そんなことを思いながら見つめていると椅子から降りてソファの方へ。

後をつけたのですが、ソファの影で見失ってしまいました。

そのうちに苦しそうな鳴き声が一声聞こえて、バスルームの方から戻ってきました。

 

また戻したのかなと思って見に行ったのですがそれらしい気配はありません。

ふとシャワールームを覗いたらなんとその中に茶色い液状のものが見えました。

獣医さんに見せようと写真を撮ってシャワーで洗いがなしながら

なんて賢い猫なのだろうと感心しました。

 

苦しかっただろうにわざわざシャワールームへ行ったのですよ。

 

で、今朝一番に獣医さんへ連れて行ってきました。

なんと40度という高熱!

そのせいで食欲がなかったのだろうと言うことでしたが、

膀胱炎の疑いもあるとのことで検尿をして月曜日に再診に行くことになっています。

 

今は、書斎に隔離中です。

でないと誰の尿かわからなくなりますからね。

 

書斎に閉じ込めて30分ほどして見に行ったら少しですが、カリカリを食べました。

獣医さんで抗生物質の注射をしたのがもう効いてきたのでしょうか?

帰り道で、採尿用の道具類を買いに寄ったり、

スーパーでキャットフードを買ったりして少し時間が立ったからかな〜

 

採尿ができたら隔離も解除です。

ふー、もう少し頑張るぞぉ。

 

 

黒鳥

カステル・ガンドルフォというコースでプロゴルファーたちと一緒のラウンドをしていた時の写真です。

チームが先を急ぐので慌てての撮影でしたがいかがですか?

黒鳥ですよね?

 

ところで-こくちょう-とインプットしても私のPCでは国鳥しか出てきません。

-くろとり-と書かないと変換されないんですよぉ〜

 

Gに胆石

数カ月前からジーが家のあちこちに粗相をするようになっていたのですが、

何故か私には精神的なことのように思えてふだんよりもコミュニケーションを

多くとるようにこころがけていました。

 

Rudyの獣医さんでの検診の際にジーのことを話したのですが、

獣医さんは特に指示をくださったわけではなく

「そういうねこもいるから仕方ないよね。」みたいな感触でした。

それでも、「時々尿がピンクいろなんです。」と言ったら

「もしかしたら膀胱炎が疑われるね。」ということだったので

数日前にまたかなりピンク色の尿を見つけたのでジーを獣医さんのところへ連れて行きました。

今はそういう検査にはエコグラフィーを使うそうでたまたまその日には専門の方がいなかったので

今朝、再度連れて行ってきました。

予め、朝食抜きでということだったので私も他の猫たちも

今朝は朝食を昼ごろとることになりました。

 

エコグラフィーはまるで自分が妊娠した時のような画面です。(笑)

検査を始めてすぐに獣医さんが「胆石ですね、かなり大きな。」とおっしゃいました。

可哀想にそのせいで気持ちが悪くてあちこちに粗相をしていたのです。

もっと早くに検査を受けさせていれば 小さなうちに早く治療できたでしょうに。

今は手術する範囲の一歩手前だそうです。

一ヶ月間投薬してみて変化がなければ手術ということになるようですが、

できれば薬でなんとか回復に向かってくれることを祈るばかりです。

Hanaに花の王冠

あの脱走の次の日当たりからKenの具合が悪かった。

鼻先から左顔面が大きく腫れていた。

おそらく蜂か何かに刺されたのだと思うけれど、、、

大きくゆがんでしまった顔を見るのもつらかったし、

かわいそうに、相当痛いらしく食事もままならない有様だった。

食器が鼻先に当たると痛いので舌でなめているのを見て、私が手ですくって食べさせた。

人間なら相当に悲鳴を上げているところだと思うけれど、例によって彼等はなにも言わない。

ただ、緩慢な動きと、食欲不振、そして今回は見た目の変容がわれわれへの信号。

そんなKenにしてあげられるのは大好きなおでこやおなかをさすってあげることくらい。

し始めるともちろんHanaもやってくる。

両手で、同じようにしているつもりでもどうしてのKenのほうに注意がいく。

そのうちHanaはあきらめて遠くからわたしとKenを見ていた。

昨日、思い切って抗生物質を注射したら今朝はほとんど腫れがひいて元気な様子。

久々にカリカリのドッグフードも食べていた。

数日寂しい思いをさせたHanaにデイジーで王冠を作ってあげた。

真っ白な彼女によく似合いそうだったから。

でも、うちの子たちはじっとして写真に納まるようなタイプじゃない。

王冠がこんなところにしかのせられなかった。

つかの間の逃亡

我が家の門扉はリモコンで開くのですが、時々どういうわけか開けっ放しになっていることがあります。

据え付けてくれたおじさんはいつも片手にワインのビンを持っての作業だったからでしょうか?

今夜も夕食の後、雨戸を閉めようとして、フト気がつくと門が開け放たれていました。

すぐにKenとHanaの存在を確かめましたが、どうやら外へ行ってしまったようです。

ほうっておいても朝までにはちゃんと戻っているのですが、

何かの拍子に門が閉まってしまうと今度は入りたくても入れません。

実際何度か、木戸口の外で、私が玄関を開けるのを辛抱強く待っていたことがあります。

彼等は決して悪さはしないし、おとなしい犬たちなのですが、

犬を怖がる人にはそんなことはわからないでしょう。

怖さがあまって攻撃されることもあるだろうし、なれない道路に出て

危ない目にあうこともあるでしょうから、真っ暗な道を探しに出かけました。

たいていご近所の大工さんの家の犬をたずねに行くか、

私たちと散歩するコースへ遊びに行くのですが、先ずは道路側を見に行きました。

もちろん[けーん、はなー]と呼びながら。

うしろからPaoloもやってきました。

古いウエスタンのフィルムを見ていたのですが、私が帰らないので心配になったのでしょう。

「あなたが門をちゃんと閉めないからよ」と憎まれ口をたたき始めた頃、

白いものが目に飛び込んできました。

きっとわたしたちの呼ぶ声を聞いた所から全速力で走ってきたものと思われます。

息をぜいぜい言わせながらわれわれについて家に帰りました。

ほんとはもう少し遊んでいたかった事でしょう。

でも、これで私は安心して眠れます。

3匹目?

  かわいいでしょう。

KenとHanaとおなじマレンマと呼ばれる種の犬です。

小川を挟んだ隣のおうちの犬です。

まだ1歳未満のようでKen達よりは小さいですが、

大人になればKenたちより大きくなる感じです。脚が長いですから。

この子は私たちのことを気に入っているらしく、

いつもこうして柵のぎりぎりのところで、われわれの動きを追っています。

何度か門が開いた時に中に入ってきたくらいです。

マレンマは牧羊犬で、仕事に忠実なあまり人に怖がられていますが、

この子もうちのKenとHanaと同じでとってもおとなしい犬です。

この子も兄弟と2匹でいたのに、最近もう1匹のほうを見かけません。

元気でいてくれたらいいのですが・・・