くせっ毛

私の髪の毛はくせっ毛です。

チリチリじゃないけれど、波打っています。

学生時代はこれが嫌で、無理してカーラーで巻いたまま寝たり、

ドライヤーで引っ張って乾かしたりしたものでした。

同じクラスに直毛を長くなばした子がいて、いつも羨ましく思ったものでした。

あまりに羨ましくて、直毛のかつらを買いたいと思ったほどでした。

もちろんかつらはとても高くて、高校生の私には手がでなかったのですが。

 

今は、 このクセのおかげで何も手入れをしないでも

あらが見えないと言うか、とにかく昔のように嫌ではなくなりました。

今でも、冬場はドライヤーで乾かすので、ほぼ真っすぐになりますが、

今の時期、洗いっぱなしだとアイキャッチ写真のようになります。

 

その昔、こんな感じで仕事場にいったら

ある日本女性が、「パーマをかけたの?」というので、

「ううん、かけてないよ。」と答えたら、

「かけたんでしょう?正直に言いなさい。」(友人)

「かけてないよ、勝手に乾くとこうなるの。」(私)

「隠さなくても良いじゃない!」と半ば気分を害した様子。

だって、かけていないものはいないんだし、

そもそも、パーマをかけることは恥でも何でもないのに

なぜ、嘘をついてまで隠さなければならないのか???

今でも、時々その時のことを思い出して???となる私です。(笑)

 

Alessandra

アレッサンドラ

Alessandra =アレッサンドラ

とっても可愛い女性でした。

今日は、建築家たちの主催する公式コンペでした。

イタリアにおける建築家の地位は、かなり高いと言っていいでしょう。

弁護士や大学の教授たちとなどと同等かそれ以上かな?

そういう彼らの集まりのゴルフコンペで、毎年この時期に開催されています。

 

今日は、なんとPisa からわざわざこのコンペのためにFiuggiまでやってきたという

Alessanndora と、いつもよく一緒にラウンドするAntonella とで回りました。

Antonella も私も、知らない方々と一緒にプレーするのは大好きです。

友達の和が広がるし、気分転換にもなるし。

もちろん、その知らない方がどういう方かで

その日のラウンドは天国と地獄になるわけですが。(笑)

 

今日は天国でしたぁ。

アレッサンドラは、あの有名なピサの斜塔のPisaから一人でやってきて、

まったく見も知らないゴルフ場で、初対面の我々とラウンドすることになったのです。

それが、初対面からまるで何度も一緒にプレーしたかのような気さくな態度で、

それが馴れ馴れしい不快感を感じさせるものではなく、

彼女のもつ天性の性格なのでしょうか、とても心地よいものでした。

 

そして、 最初のホールを終えると彼女のゴルファーとしての性質もわかります。

どれくらい上手かではなく!

どれくらい正直か!

これが大切なのです。

いくら上手な方でも、触ってはいけないボールを触って打ちやすいようにしたり、

打数をごまかして申請するような方では良いゴルファーとは言えません。

 

その点彼女は、即 信頼するに値する方でした。

そうなるとこちらもどんどん協力して、

知らないコースにいる彼女に、コースの情報を与えたり、

なるべく安心していられるように言葉をかけたり、ということになるわけです。

 

うちのコースは決して易しいコースではありません。

特に今は、雨不足で地面は乾いていて、普段よりも飛距離も出る代わりに

ちょっとした傾斜が、ボールを隣のコースに運んでしまったり

思いもよらずオーバーしてしまったりするのですから。

 

彼女はテニスプレーヤーで、身長も私よりはるかに高く

基礎体力のある方が、うまく当てるととんでもない飛距離がでます。

池超えのパー3、私の全盛期に5番アイアンで届いていたところを

さっと7番アイアンでこなしていました。(汗)

 

そうそう、彼女のお母さんと私が同い年、ということで

私よりはかなり若いわけで、数年後が楽しみな素材です。

 

Antonellaは、35点を獲得するも、他の方々が高得点をとったので入賞ならず。

私はと言えば、今シーズンの最低得点29点に終わりました。

でも、Alessandraがいくつかの賞をとったので自分のことのように嬉しいです。

 

Alessandraも、我々のことをとても気にってくれて

お別れの時には、なんと!

数ヶ月ぶりで、ハグをしました!

思わず彼女は、そうしてしまったのでしょう。

もちろん私にも異議はありません。

大歓迎です!

「あ、してはいけなかったのよね。」というい彼女に、

「私には、嬉しいことです。」と言って別れたのでした。

アレッサンドラ

 

 

 

 

くやしい 1点差

この所、毎週木曜日と時々土曜日に9ホールでのコンペが行われています。

この前も言ったように、初心者や、高齢者などに受けが良いコンペで、暑いさなか、すぐに終わるのが魅力です。

でも、今日のこのコンペに参加したのは、スポンサーが手作りビールの製造元だったから。(笑)

パンフレットに、「試飲会」って書いてあったから。

でも、試飲できるのはツーフィンガー位の量で、コップに一杯はお買い求め。

小さなブラスチックのコップにいっぱいが3ユーロは高いよね?

もちろん買って飲んだけど。(笑)

 

コンペの方は、蓋を空けてみたら、なんと最初のホールで0点。

パー5を8打叩いてペケ!

その後も、余り調子はでなかったものの、たまたま仲良しとのラウンドで、

終わってみたら17点獲得。もしかしたら?と思っていたら、

ファーストレディー賞をいただきました。

賞品はもちろんビール!授賞式

私の右隣の若者がこのビールを作っている仲間の一人。

でも、あと1点獲得していたら別の賞で、ビールが6本だったのにぃ。

いつもは余り気にしない賞品ですが、今回は同じもので量が違うので、やたらひがんでしまいました。(笑)

ビール

1打1打を大切にしなければいけないということですよね。

友達

この日陰、涼しい風が吹き抜けてとても気持ちの良いところです。

Jazzの夕べ

市庁舎

距離感

26日、日曜の夜アナーニという町の市庁舎下の広場で、

Jazzコンサートが開かれました。

会場はご覧の通りの間隔を広くとった設定で、

一緒に行った友人と話をするのも大変でした。

だって、大声出さないといけなくて、それってよくないでしょう?

この写真は、まだ開演前の練習風景なのでいくつか空席が見えています。

夕暮れ

周囲には、こうして立っている方々も。

次第に夕暮れがせまり、ロマンチックな色味の外灯が灯りました。

カルテット2

出演者はふた組、最初は若者たち、歌い手さんとトランペッターは姉弟だそう。

彼女の声は素晴らしく、音程もしっかりしていて感心しました。

トランペットも柔らかい音で、作曲もする逸材でした。

ピッツェリア

周囲にはいくつかのレストラン、ピッツェリアもあり、

我々もしっかり予約しておきました。(笑)

mさんと ピッツァ

前半の演奏が終わったのを期に、Pizzeriaへ席をうつし、

後半は食べながらそこで聞きました。

カルテット

後半はローマからやってきた少しベテランのカルテット。

私の大好きな組み合わせ、特にウッドベースが大好きです。

実は昼間に少し日光浴をしたせいか、やたら眠たいし、

ジャズもいろんなタイプがあり、どうもこの日のものは

そんなにノリノリになれないジャンルだったので、10時半近くに

その町に住む友人たちを残して、一人先に帰りました。

旧市街地への入り口

10分ほど歩いて旧市街地を出たところで、振り向いてパチリ!

いい感じでしょう?

武漢肺炎の蔓延以来、初めての外食、そしてコンサートでした。

 

*アイキャッチ画像(最初の写真)はアナーニ市の市庁舎です。

 

不思議

はてな?

やはり調子が良いと、コンペだけでなく、普通に遊んでいても気持ちが良いです。

今日も仲良しのジャンニさんと、飛び入りのヴィンチェンツォさんとワンラウンド。

「まだ、早いなぁ」とジャンニさんが言うので、「ではもう3ホール?」

ということで、10,11,12Hを回ることに決めたら、

そこに14歳のマッシモくんがやってきたので、「一緒にどう?3Hだけだけど。」

と言ったら「僕もちょうど3ホールと思っていたんです。」

 

そうして始めたら、ティーショットはジャンニさんと私のが結構飛んでいて青年のは短め。

どうやら年寄りに恥をかかせまいと手加減していたようで、

2打目に本気を出したら、まぁ見事なボールが真っ直ぐに飛んでいきました。^^

 

彼は簡単にパー5をパーであがり、ジャンニさんもパー、私はボギー。

で、ラウンド中に何を思ったか「Keikoは可愛そうだよね、10歳で成長するのをやめちゃったんだから。」というではありませんか。

これまでにも数回、一緒にラウンドしたことがあるし、彼のご両親とも時々ご一緒する仲なのですが、なんでこんな言葉がでてきたのか???

家では、すっかり子供扱いされていますが、ゴルフ場では普通にしているつもりなんだけどなぁ。

何故わかっちゃったのかしら?私の本性が。

 

年齢絡みでもう一つ、今日は不思議なことが。

ひところよく一緒にラウンドしていたGさんという女性。

2年前だったか誕生日にでくわしたので、お祝いをいったら、

「いくつになったと思う?」と聞かれて、私は正直70代の後半かな?

と思っていたけれど、万が一多めに間違っては大変だと思って

「うーん」としばらく考えていたら、彼女が水を向けてくれて

「60と…」って言い出したので「67?」って答えたら

「68でした。」って言ったので、すっかりそれを信じていたら

今日、ジャンニさんたちとビールを飲んでいた時に、彼女の話題がでて

「しばらく見ないねぇ」「もう年だからね、この暑さじゃぁ」

「80だものな。」

私は「え?誰のこと?」

「Gさんだよ。」「彼女は1940年生まれだもの。」

私の頭の中は?がさらに大きくなって。

「だって、1,2年前に68歳だって言ってたよ。」

「そう、言っただけさ。40年生まれだよ。」

そりゃぁ彼女のことをうんと昔から知ってる人たちが言うのだから間違いはないのでしょう。

でも、なぜ私に10歳も若く言ったのかしら?

仕事上の付き合いだとか、私が男性だったらわかる気がしないでもないけれど、

なんで私なんかに嘘をつく必用があるの?

私は、彼女に年を聞いてからずっと、(かわいそうに苦労したんだなぁ)

って、あまりに老けて見えるからそう思っていたのでした。

 

80歳で、仕事もこなし、孫の面倒を見て、毎日のようにゴルフもし、

すごいじゃない!かっこいいよね?!

胸張って『80歳』って言ったほうがよほど良いと思うんだけど。

 

アガパンサスなど

アガパンサス

スターオブインディア

クレマチスの中でも最も遅咲きでしょうね。

スター・オブ・インディアです。どうもてっぺんにしか咲かないようで…

バラたち

バラたち、この暑いのに健気に咲いています。

ヴィルゴ

ヴィルゴ

アラスカ

アラスカ

ジャルダンドゥフランス

ジャルダンドゥフランス

プリンセスディモナコ

プリンセス・ディ・モナコ

ニューヨーカー

ニューヨーカー(ちょい役はシエスタ)

他にアイスバーグもアンドレ・ル・ノートルも

クイーン・エリザベスやラ・サベリーナ、ピンクサクリーナなども。

ミナズキ ミナヅキ

こちらは涼し気なミナヅキ。

キンシバイ キンシバイ

すっかり盛りを過ぎてしまったキンシバイ。

ギボウシ

ギボウシは花穂が一本だけ。

ヒューケラ

最後のヒューケラ。長い間咲いてくれました。

ハナキリン

新入りさんのハナキリン。管理が良ければ冬場にも咲くそうで。もちろん屋内で。

イタリアではコロナ・ディ・クリスト(キリストの王冠)。

茎が太いトゲで覆われるので、そう呼ばれるのでしょう。

アガパンサス

では、タイトル通りのアガパンサスで締めくくり。

水質 はなまる

水質検査表

我が家は井戸水に頼って生活しています。

幸いなことに未だ枯渇したことはありません。

夏場は、何週間もまったく雨の降らないことがあるのに、

生活に必用な水だけでなく、庭への水撒きにもたくさん利用するというのに。

 

細いけれど、かなり深い井戸で、そのおかげなのでしょうね。

それだけ深いと不純物も混じりにくいと思うけれど、

年のために毎年、水質検査をしてもらっています。

 

アイキャッチ写真でおわかりのように、

言葉はわからなくてもすべてが許容範疇であることや、

ゼロの値で結果がわかると思います。

 

実は昨年の検査では、下の方の 0 の値のところに若干の物が見られ、

それはおそらく水をためているタンクや、水道管の汚れによるものだろう

ということだったので、塩素系漂白剤で消毒(500Lの水に対して1L) し、

もちろんその水はすべて廃棄しました。

庭にだって花たちに害があってはいけないので撒くことはできません。

と思っていたけれど、いまネットで調べたら

日本の水道水には0.1mgの塩素の含有が義務付けられているとか、

だとすれば家が使ったくらいの塩素では花にも人間にも害はないようですね。

次回の掃除では、少なくとも庭に撒くようにしましょう。

でないともったいない。

で、とにかく今年の結果はバッチリでした。

 

カルキの入っていない水は美味しいですよ。^^

またまたどうもすみません

授賞式

まだもう少し、幸運は私の近くにいるらしく、

今日も9Hのコンペでカテゴリーの2位に入賞しました。

このシリーズのコンペはスポンサーが地元のアグリツーリズモや、前回のようにモッツァレッラの製造元やとにかくそういうところばかりで、家族的な雰囲気です。

暑い盛りなので、9Hで終わってしまうというのも、これ幸い。

ただ、出だしが悪いと取り戻すのは難しくなりますが。

まだ、本格的なコンペに慣れていない方々や、ご年配(私よりもっと!)子どもたちに人気です。

私は余り好きではないのですが、しがらみ上 3回に1回は出るようにしています。

今日のスポンサーもアグリツーリズモで、そこで作られたジャムを中心にした賞品でした。

そして、その賞品を手渡してくれたのが、イタリアの俳優さん。

私はもちろん知らないので、ドキドキもしなければ、ありがたみもまったくありませんでした。(笑)

家へ帰ってから家族に報告したら、その俳優さんの業務用の写真を送ってくれました。

なるほどぉ、見たことがあるかも?

とにかく、その写真を撮った頃なら少しはときめいたかも?(爆)

Wikiでみたら、私より9歳も年下なのに、同年輩に見えました。

Kasperと Kasperと Kasperと

 

仕事柄ご苦労が多いのでしょうね。

 

Torinoへ

自家製トマト

6月の初旬に帰宅していた息子が、7月10日Torinoに戻りました。

2ヶ月、一緒にいたと言うか、彼の仕事はコンピューターのプログラマーで、ネットの接続環境が良くないとちょっと大変なので、月曜から金曜はローマのPaoloのもとで、週末は私のところに戻って友人たちとの交流を図りという生活でした。

 

また、8月の半ばにはお盆休み(笑)

(もちろんこちらではお盆休みとは言いませんが、同じ頃に休みを取る人が多いのです)

その時期にはまた戻ってきます。

 

ちょっと予告なしのTprinoへの帰宅だったので、特に買い物もせず、冷蔵庫やストックを見て30分ほどでこしらえた最後の晩餐。

中身や質はともかく、短時間で、そこそこ間に合わせるのは得意の私です。(笑)

最後の晩餐

鶏肉のウインナーとと我が家で育った玉ねぎ入りの卵焼き(裏と表で感じが違うので両方セット)我が家のきゅうり入りポテサラ。インゲンのバターソテー。ミンチをオリーブではさみ衣をつけてあげたもの。

アイキャッチ画像は、我が家でやっと赤くなったトマトと、同じく我が家で育ったきゅうりのサラダ。何もかけないで食べました。